Translate

2020/07/10

やればやる程上手くなる!

キャスティング

最近雨ばかりで全然釣りに行けていないイシーです。
皆さんは雨で釣りが出来ない時は何をされていますでしょうか?
最近イシーと釣りガールちぃは、雨の時でも出来る○○○○を始めました!w
○○○○はご想像にお任せします。(笑)
さて、今回のブログ記事はキャスティングについてです。
ルアーフィッシングをやっているならばキャスティングは最も重要な要素ですよね。
という事で、キャスティングの練習?に役立つアイテムをご紹介致します。

キャスティングマスター(シンカー)

現時点(2020年7月9日現在)では発売されていませんが、2020年7月に発売予定の商品がこちらです。
ウォーターランドの『キャスティングマスター(シンカー)』です。
シンカーのウエイトはまだ不明です。

プラクティスシンカー

イシーがお勧めする商品がこちらになります。
コーモランの『プラクティスシンカー Mセット』です。
Mセットは1/4ozと3/8ozのシンカーがセットになっています。
こちらはコーモランの『プラクティスシンカー Lセット』です。
Lセットは1/2ozと3/4ozのシンカーがセットになっています。

ピシーズ プラクティスプラグ

お次の商品がこちらです。
スミスの『ピシーズ プラクティスプラグ』です。
1/4ozと3/8ozのシンカーがセットになっています。
付属のシリコンチューブをラインに通してからプラグ(シンカー)を結ぶ事で、キャスティング時のラインブレイクを軽減出来ます。

キャスティングラバーシンカー

2020年の今年、新たに発売となった商品がこちらです。
テイルウォークの『キャスティングラバーシンカー』です。
10gと18gのシンカーがセットになっています。
視認性の良いピンクカラーが特徴。
また、ノットがずれにくくワイドスナップでも使えるラインアイとなっています。

キャスティングを学ぶ

キャスティングを基礎からしっかり学びたいという方にお勧めのDVDがあります。
ベイトタックルのキャスティングなら『村田基のキャスティングマスター ベイトタックル編』です。
スピニングタックルのキャスティングなら『村田基のキャスティングマスター スピニングタックル編』です。

練習ではなく遊び

ご紹介したDVD内で村田基氏も言っているのですが、「キャスティングは練習ではなく遊び。」との事。
「練習」というのは辛いものなんですよね。
だから、肩の力を抜いて、「遊び」としてキャスティングをしてみましょう。
楽しみながらキャスティングする事で勝手に上手くなっていくはずです。
イシーも小学生の頃から釣りを始め、良くキャスティングをして遊んだものです。
キャスティングに苦手意識がある方は、キャスティングを「遊び」として始めてみませんか?

Sponsored Link

2020/07/09

アンタレスDC MDに傷が…

釣りをしていると避けられない

釣りをしているとタックルに傷が入る事がありますよね。
傷なんて気にしないという人も中にはいるかと思いますけど。
イシー的に傷は許せないんです。
傷が付かない様にタックルを大切にしていても何かしらの弾みで傷が付いてしまう事もしばしば。
そうなんです。
イシー、やらかしました…。

アンタレスDC MDに傷が…

イシーは釣行後に必ずタックルのメンテナンスをします。
その日も使用したリールを拭き拭き。
「ん…?」
汚れかな〜と思いましたが。
き、き、傷が…。
写真では分かりにくいですが、『アンタレスDC MD』のサムレスト左側に傷が付いてしまいました…。
この写真なら分かりますかね?
ちょうど親指が乗る辺りに薄らと傷が付いているんです…。
どういった経緯で傷が付いたのかは分かりません。
しかし、傷が入ってしまったという事は事実です。
これは許せない!

サムレスト注文

という事で、速攻釣具屋さんに向かいました。
『アンタレスDC MD』のサムレストをシマノから取り寄せてもらいます。
届きました。
税込みで5,060円です。
まあまあ、痛い出費ですよね…。
でもこれで『アンタレスDC MD』の傷が消えるなら安いもんです。
ちなみにイシーは『アンタレスDC MD』のサムレストを注文するのはこれで2度目。
以前にも傷が嫌でサムレストを取り替えました。

綺麗になった!

流石に2度目ともなれば慣れてます。
ササッと『アンタレスDC MD』のサムレストを交換します。
おぉ!
やはりピカピカの『アンタレスDC MD』は良い!
ちなみに傷が付いているサムレストがこれです。
気にする程の傷じゃないだろ!と思う方も沢山いますよね。
いやいや。
イシーは凄く気にします。
やはり大切にしている物ですから。

パーツを注文し売却

このブログを読んでいる方の中にもリールに傷が付いてしまって気になっているという方は沢山いらっしゃると思います。
そんな時は思い切ってパーツを取り寄せてしまった方が良いと思いますよ。
高い買い物になってしまうかもしれませんが、傷が無くなるだけで気分が晴れます。
それに、傷が付いてしまった物はヤフオクやメルカリ等で売却すれば良いんです。
パーツは普通に購入できる物ではない(メーカーに注文する)ので、例え傷が付いてしまっているパーツでも需要ありますから。
イシーは新品のサムレストを5,060円で購入しましたが、傷の付いているサムレストを3,800円で売却する事が出来ました。
という事は、1,260円の出費で新品のサムレストに変えられたという事になりますよね。
まあ、販売手数料、発送資材料、配送料が掛かってしまいますが。
それでも、かなり軽い出費で済んでます。
という事で、傷にお困りの方は是非メーカーにパーツの注文を!

Sponsored Link

2020/07/08

お求めやすいランディングネット

高くて買えないという方へ

以前のブログ記事『ランディングに拘る方へ』はご覧になっていただけましたでしょうか?
シマノの『ランディングシャフト Gフリー』という商品をご紹介したわけですが、シャフトだけで数万円と流石に手が出しにくい商品です。
でも「ランディングネットが欲しい!」という方にはもってこいの商品があります。
今回のブログ記事では、とてもお求めやすい、リーズナブルなランディングネットをご紹介致します。

ナナマルスッポリネット

ご紹介する商品がこちら。
ウォーターランドの『ナナマルスッポリネット』(※上記写真は旧バージョン)です。
全長111cm、仕舞寸法74cm、ネット外枠54cm×41cm、重さ460gのランディングネットです。
『ナナマルスッポリネット』

¥4,950(税込)

前回のブログ記事でも書きましたが、イシーはバスフィッシングにおいてランディングネットは使用しません。
しかし、他魚種(トラウト等)ではランディングネットを使用します。
この『ナナマルスッポリネット』はとても軽量で扱いやすく、比較的大きな魚でもネットに入れられます。

ナナマルすっぽりネット カラーバリエーション

『ナナマルスッポリネット』のカラーバリエーションは下記になります。
全4色のラインナップです。

交換用グリップ

この『ナナマルスッポリネット』は別売のグリップと付け替える事が可能です。
※『ナナマルスッポリネット』旧モデルは交換不可
交換用グリップにはショートとロングがあります。
『交換用グリップ ショート』21.5cm
カラーバリエーション:ゴールド・シルバー・レッド・ブルー(全4色)

¥1,512(税込)

『交換用グリップ ロング』110cm
カラーバリエーション:ゴールド・シルバー・レッド・ブルー(全4色)

¥1,980(税込)

交換用ネット

また、『ナナマルスッポリネット』のネット部自体も別売の交換用ネットと取り換える事が可能です。
『ラバーネット スーパーライト 交換用ネット』重さは260g。

¥2,200(税込)

ネットカバー

『ナナマルスッポリネット』には別売の専用ネットカバーを被せる事が可能です。
『ネットカバー(ナナマルスッポリ用)』
カラーバリエーション:グレーカモ・オリーブカモ・レッドプライド・ベージュプライド(全4色)

¥3,080(税込)

メータースッポリネット

更に、『ナナマルスッポリネット』では大きさが足りないという方には、同じくウォーターランドの『メータースッポリネット』がお勧めです。
全長180cm、仕舞寸法113cm、ネット外枠68cm×57cm、重さ1,050gのランディングネットです。
『メータースッポリネット』
カラーバリエーション:ブルー(全1色)

¥10,780(税込)

『メータースッポリネット』にも別売の交換用ネットがあります。
『メータースッポリネット用 交換ネット』

¥3,740(税込)

いざという時の為にも

釣りをしていると不意の大物や、自分が狙っている魚以外(外道)が掛かる事があります。
そんな時にランディングネットがあるととても助かります。
バスフィッシングをしていてナマズや鯉、時には雷魚等、あまり触れたくない魚がかかってしまった場合、イシーはランディングネットを使用します。(笑)
勿論、トラウトフィッシングの場合は100%ランディングネットを使用しますけど。
狙う魚種によってランディングネットを使う、使わないは様々ですが、いざという時の為にも持っていると便利なのがランディングネットです。

Sponsored Link

  • ナナマルスッポリネット
  • 交換用グリップ ショート
  • 交換用グリップ ロング
  • ラバーネット スーパーライト 交換用ネット
  • ネットカバー(ナナマルスッポリ用)
  • メータースッポリネット
  • メータースッポリネット 交換ネット

2020/07/07

2021年にフルモデルチャンジか!?

2021年に発売のリール?

2020年も7月に入り、今年も半分を切っています。
気の早い話かもしれませんが、来年のお話でも。
釣り人ならば釣り具の新製品情報が気になる所ですよね!
新製品の情報をキャッチしたら毎度このブログにアップするのですが、当然まだ新製品の情報は入ってきていません。
ですが、このリールは来年の2021年に新製品として登場するのではないかと思っています。
そのリールはシマノの『メタニウムDC』です。
今現在は『15メタニウムDC』として販売されていますが、2021年には『21メタニウムDC』としてフルモデルチェンジするのではないでしょうか。
あくまで個人的な予想ですが。
という事で、今回は『15メタニウムDC』の良さを再認識しようというブログ記事になります。

メタニウムDC

DCにしか出来ないことがある
マイクロモジュールギア、X-SHIP、S3Dスプールといった先進の機構をまとい、ベイトリールの可能性を追求してきた「メタニウムシリーズ」に、新開発のI-DC5を搭載した「NEWメタニウムDC」が加わりました。
I-DC5とは、ナイロン、フロロ、PEとラインによって選択できる3モードの内部ダイヤルと、ルアーのウエイトによって選ぶ4ボリュームセミオート&フルオートの外部ダイヤルを備えた画期的なデジタルコントロールブレーキシステムです。
従来は組み立て式だったマグネットを1ピースの4極着磁リング磁石に置き換えることで、有効磁力面が増大。
約30%ブレーキ力がアップするだけでなく、リリース直後に一瞬のノーブレーキ帯を設けることでMAX回転数が約12%向上し、伸びやかかつ安定したロングキャストが可能になりました(数値はいずれも当社比)。
これぞ高性能バーサタイルです。
下記が『15メタニウムDC』のラインナップです。
ノーマルギアモデルの右ハンドルと左ハンドル、ハイギアモデルの右ハンドルと左ハンドル、エキストラハイギアモデルの右ハンドルと左ハンドル、計6種のラインナップとなっています。

DCブレーキとは?

「DC(デジタルコントロール)ブレーキ」は、ブレーキ力の強弱をマイコンで意図的に制御。図中赤線のブレーキカーブのように、スプール回転が急上昇するリリース直後はほぼノーブレーキで、回転がピークに達したところでブレーキ力が急激に立ち上がり、その後は必要最小限のブレーキ力を適宣加える…といったコントロールを自動的に行い、飛距離を大幅に向上させることができます。
また、向かい風による失速など、スプール回転にイレギュラーな変化を検知した場合には、瞬間的にブレーキ力を強めてバックラッシュを回避。さらに「最後のひと伸び」を確保するためにブレーキ力を断続的に緩めたりと、従来のシステムでは考えられない高度な制御を自動で行う、最先端のブレーキシステムです。

「I-DC5」ブレーキシステムの特徴

ルアーウェイトに応じて「5段階外部ダイヤル」を調整
※( )内はルアーの重さで、数値はある程度の目安です。実際はルアーの形状による空気抵抗で多少異なる場合があります。

「3モード内部ダイヤル」でラインの種類を選択

I-DC5は「ナイロン」「フロロ」「PE」とラインによって選択できる3モードの内部ダイヤルと、ルアーのウェイトに応じて調整する「4ボリュームセミオート」&「フルオート」の5段階外部ダイヤルを備えた画期的デジタルコントロールブレーキシステムです。

フィーチャー

I-DC5
I-DC5は3モードの内部ダイヤルに加え、ルアーウエイトに応じて4段階のセミオート&1段階のオートボリュームを外部ダイヤルでセレクトすることにより、簡単にブレーキセッティングを行えます。オートはセミオートのボリューム2〜4の半ばまでカバーします。

1.大型バイブレーションやジグなど、空気抵抗が小さく18〜30gと重めのルアーに適したポジション。
2.中型バイブレーションやスピナーベイトなど、10〜20gの幅広いウエイトに対応するポジション。
3.ミノーやシャロークランクといった空気抵抗が大きい8〜12gのルアーにマッチするポジション。
4.ノーシンカーワームや小型シャッドなど、5〜8gの軽量ルアーをストレスなくキャストできるポジション。
AUTO.ボリューム2〜4の半ばまでカバーするワイドなポジション。


マイクロモジュールギア
マイクロモジュールギアとは、歯を可能な限り小型化した機構です。細かい歯を密に、かつ数多く噛み合わせることにより、強度を低下させることなく滑らかな動力伝達を実現。巻き上げ時のギアノイズが低減し、感度も飛躍的に向上しました。ベイトリールでは段階的に導入してきたマイクロモジュールギアですが、構造的な制約の多いスピニングに組み込むには高度な技術を要します。精密なギアを寸分の狂いもなく支持できるのは、高剛性&高精度のメタルボディがあるからこそです。

X-SHIP
入力したパワーを効率よく伝達し、より強力な巻き上げを可能にするギアシステム。ギアの大型化、最適配置の見直し、歯面精度や支持性能の向上によって軽やかなリーリングを実現します。

"HAGANE"ボディ
"HAGANE"ボディとは、高い剛性を持つ金属のボディ。不意の衝撃にも耐える剛性・耐衝撃性を確保し、たわみを最小限に抑えることでアングラーのチカラを巻き上げる「力」へと変換します。

S3Dスプール
重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時における振動を抑制したスプールです。振動ノイズは従来品から半減しました(当社比)。高速回転でラインを放出するなかでもガタつきや回転ムラが極めて少なく、安定したキャスト性能を発揮。飛距離、キャスト精度ともに飛躍的に向上しました。

S A-RB
業界初の「表面改質」により「不動態層」を形成し、錆を寄せつけないベアリングを実現したのがA-RB。さらにその側面を防錆素材でシーリングし、ベアリング内部での塩分再結晶化による塩ガミを大幅に減少させたのがS A-RBです。

スーパーフリースプール
クラッチを切った際、スプールを支えるのは2つのベアリングのみと、スプールフリー性能を極限にまで軽くしたシステムです。

海水OK
錆を寄せ付けないシマノ独自の高性能ベアリング、S A-RB、A-RBの採用、また外装の防腐処理により、海釣りでも安心してお使い頂けます。末永く快適にご使用いただけるよう、使用後はシャワーでの洗浄をおすすめします。

最後に

『15メタニウムDC』について再認識していただけましたでしょうか?
このリール、凄く良いリールだと思うんです。
イシーはDCシステム搭載のベイトリールが大好きなもので。
今年2020年に『20メタニウム』が発売されたので、次はDC搭載リールが登場するのではないかと期待して、このブログ記事を書きました。
2021年に『メタニウムDC』が発売されるかどうかはまだ分かりませんが、今回ご紹介した『15メタニウムDC』も相当良いリールです。
廃盤になる前、つまり今こそ購入しても良いリールなのではないでしょうか。

Sponsored Link

2020/07/06

ランディングに拘る方へ

贅沢な品

皆さんは魚をランディングする時にネットは使いますでしょうか?
バスフィッシングであれば基本的にイシーはネットを使用しません。
ただ、魚種によってはランディングネットが必須という釣りがあるのも事実。
また商品紹介のブログ記事で申し訳ないのですが、かなり気になったというか、ビックリしたシマノの商品を見つけました。
かなり贅沢なランディングシャフト(ネット部は別売)が発売される様です。
今回はそんな贅沢な品物をご紹介させていただきます。

ランディングシャフト Gフリー

存在を忘れるほどの軽量&コンパクト。
携帯時やランディング時におけるストレスフリーを追求した「ランディングシャフトGフリー」。
軽量かつコンパクトな仕舞寸法(350は約49cm、450は約60cm、550は約65cm)は、実釣時のあらゆる動作やしゃがんだ際に邪魔になりにくく、優れた携帯性を実現。
その存在は、まるで身に着けていることを忘れてしまうほど。
そして伸ばした際のシャープな張り感は、もっとも緊張感が高まるランディングのシーンにおいて高精度の操作をサポート。
従来では軽量化=肉薄化したブランクスはつぶれに対する強度の低下や、剛性の低下によるブレやパワーロスが生じるが、シマノ独自の基本構造スパイラルXコアによってそれらのデメリットを徹底抑制。
軽量でありながら高い強度と剛性を達成。
すべては掛けたターゲットを確実に獲るために。
下記3種が『ランディングシャフト Gフリー』のラインナップとなります。
『ランディングシャフト Gフリー』は2020年8月発売予定です。

フィールド適合表と釣種適合表

『ランディングシャフト Gフリー』が適合するフィールドや釣種は下記になります。

フィーチャー

スパイラルXコア
シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。シャフト性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXに、東レ(株)ナノアロイ®︎テクノロジーによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

Gクロスプロテクター(元竿
元竿玉口を補強し、美観も向上。

マットラバーコーティング(元竿)
濡れた手でも滑りにくく、耐摩耗性も向上。

全筋新固着防止機構(当社比3倍)
ランディング後の固着トラブルを抑制。耐久性にも優れ、初期性能が長く持続。

コンパクトな仕舞寸法
携帯時やランディング時におけるストレスフリーを追求。350は約48.5cm、450は約59.5cm、550は約64.9cmのコンパクトさです。

エアアシスト尻栓
スピーディーでスムースな振出を実現。

■スパイラルXコア
■ナノアロイ®︎テクノロジー
■Gクロスプロテクター(元竿)
■マットラバーコーティング(元竿)
■全節新固着防止構造(当社比3倍)
■コンパクトな仕舞寸法
■エアアシスト尻栓

他製品もあります

いかがでしたか?
ランディングネットのシャフトなのに、最先端の機能がてんこ盛りじゃありません?
ここまで機能が盛り込んであるとやはりお値段がお高いです…。
ただ、ランディングネットに物凄く拘りたいという方、是非いかがでしょうか?

人気の投稿(過去30日間)