Translate

2018/06/13

ロングバーサタイルロッド

ワールドシャウラ1702R-2

イシ―が溺愛するロッドの中に1652Rというロッドがあります。
1652Rがあればほぼ良いのではないかという番手です。
その1652Rを少し長くした『ワールドシャウラ1702R-2』をイシ―は最近購入し、使用しました。
正直な意見をこの記事で書かせていただこうと思います。
何故1652Rというロッドがあるのに『1702R』を購入したかというと、単純に見た目が変わるから!(笑)
だって見た目かっこ良くないですか?
18ワールドシャウラは7フィート以上のロッドになるとグリップがセパレートグリップになり、明らかに見た目が変わります。
実は購入した理由は他にもあるんですけどね!w

過去モデルとのスペック比較

過去モデルとの比較なんですが、『1702R』という番手は通称青シャウラには無いモデルで、通称赤シャウラからになります。
赤シャウラは自重が137gに対してNEWワールドシャウラは150gと重くなってしまっています。
これはおそらくグリップ部が関係していると思われます。
使用した感じでは重さは全くと言っていい程気にならなかったです。
なので重量に関してはそんなに気にする事ではないと思います。
ストレートグリップも良いけど、セパレートグリップもカッコ良いです!
そして1652R同様、これぞワールドシャウラという感じでシャープ且つとても強いです。
1652Rを長くした感じなのでルアーの遠投やスピナーベイト、テキサスリグなんかを使うのにとても良い感じです。
実際に22lbを巻いてしようした感じですが、バッチリでした!
やはり考えていた通りの使用感です。

7フィートというレングス

表題にもあるようにロングバーサタイルロッドと記載しましたがまさにその通りで、バイブレーションを超遠投したり、クランクベイト、ジャークベイト、スピナーベイト等、何でも出来てしまうイメージです。

ただ、おかっぱりで1652Rか『1702R』どちらか1本選択となると1652Rの方が優勢かな~。
シチュエーションにもよると思いますが、1652Rの方が多少短い分障害物があっても振りやすいです。
キャスティングの小技が効かせ易いというイメージです。
ですのであくまでシチュエーションによるという事で考えて下さい。
シチュエーションによっては『1702R』もアリという感じです。

グリップについて

正直な感想しか書かないのであしからず…。(笑)
見た目はとてもかっこ良い『1702R』ですが、グリップを持った時。
特にキャスティングをする際の意見を書きます。
『1702R』にはXシートというものが採用されていてトリガーが付け替え出来るようになっています。
このトリガーはほんの少し柔らかく、手に馴染んで気持ちが良いです!
ただ、そのトリガーを付け替える際の黒いノブ?
デコボコしていますよね。
正直ここはちょっと残念…。
写真を見てもらうと分かると思いますが、キャスティングの際手の平に凹凸が当たります…。
使っているうちに気にならなくなりますが、最初はちょっと気になりました…。
それ以外はやっぱり駄目な部分が見当たらない!
最初に気になっていた凹凸も自然と気にならなくなりました。
やはりワールドシャウラは買って損はないロッドですね!

2 件のコメント:

  1. このカーボンモノコック だっせ

    返信削除
    返信
    1. ちょ、蝶野さん…。
      ベイトでカーボンモノコックはラインナップにありません…:(;゙゚'ω゚'):

      削除

人気の投稿