Translate

2018/06/03

バスVSザリガニ

ザリガニを捕食

イシ―の行くリザーバーにはアメリカザリガニが大量にいます。
本当にこれでもかって言う位に大量です。
そんなザリガニ君なんですけど、バスの餌になりますよね!
ワームでもクローワーム等ありますし。
調べてみたらバスはエビを一番捕食し易いらしいですよ。
(信じるか信じないかはあなた次第です!w)
エビが最も水中で発見しやすく且つ逃げられず口に入れやすいからかな?
小魚とかは逆に捕食しにくいみたいです。
弱っていればすぐ捕食できますけど。
普通に泳ぎ回ってる小魚はどうしても逃げられてしまう事が多いかららしい。
確かに言われてみれば元気な小魚って意外と見ますよね。
この魚はこの間埼玉県に行った時に大量にいたタナゴです。
群れをなして悠々と泳いでました。
バスがいる場所でですよ?
やはりそう考えると小魚でもある程度弱った奴を狙った方がバスも楽ですよね!
では話をエビに戻します。
エビが一番捕食しやすいという事はわかりました。
(多分ですけど…w)
そしてそのエビが巨大化したみたいな状態がザリガニ君ですよね!(笑)
エビが巨大化した様な状態のザリガニ君であればバスも嬉しい限り。
一匹食えれば結構ゴージャスな食事なんじゃないのかな?
と思ったら違うみたいです…。
バスはザリガニを食べるのが大変みたいです…。
やはりあの巨大なハサミで挟まれてしまうから…。
なので上手く尻尾のほうから口に入ればゴージャスタイムという事になります。(笑)

不思議な光景

この間リザーバーへ釣りに行った時なんですが不思議な光景を目にしました。
その光景がこちら。
わかりますか?
尻尾の方が無くなってて、ハサミがある上半身?(笑)が沈んでる光景がありました。
しかも一か所ではなくそこら中にこの状態の無残なザリガニ君達の姿が…。
えっ…!?
これってどういう事…!?
バスが柔らかい尻尾の部分だけを食い千切って、硬い殻に覆われた上半身は残すって事…!?
はっ…!?
いやいや、普通丸のみでしょ!?
こんな芸当バスに出来る!?
だってバスの歯そんなに鋭くないし…。
もしこれをバスがやっていたとしたら相当グルメなバスが集まっているリザーバーという事になりませんか!?(笑)
誰かこの謎が解ける方いらっしゃいませんか?(笑)
「バスの仕業では無い!」と論破出来る方お待ちしております!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿