Translate

2018/09/16

メジャーは必携!

メジャーを持たない人

某YouTuber?がメジャーを持ってきておらず、釣れた大きなバスを木の枝で測り、更に他の釣り人からメジャーを借りるという動画を見ました…。
メジャーは常に持ち歩こうよ…。
ましてやその人はプロですよ…。
プロ意識が欠けてますよ…。
ちょっと天狗になってるんじゃない?
プロなのかYouTuberなのかも良く分からないし…。
ここまで言ったら誰だか分かっちゃうかな?(笑)

メジャーは必携!

皆さんは常にメジャーを携帯していますか?
勿論イシーは常に魚のサイズが測れるように持ち歩いています。
このブログで何度も登場しているウォーターランドのメジャーです。
バスフィッシング、エリアフィッシング共にこれを使用しています。
渓流だとオフトの幅の狭いメジャーを使ってます。
もしも大きな魚が釣れた時にサイズが測定出来ないなんて悲しすぎませんか?
手を大きく広げて大体のサイズを測る人もいますが、やっぱりしっかり測ってるからこそ他の人が見た時に説得力があるってもんですよ!

写真を綺麗に撮ろう!

良く見かけるのが泥だらけのバスの写真…。
サイズが大きかろうが、小さかろうが見ていて気持ちの良いもんじゃないです…。
きちんと魚に配慮した写真撮影を心掛けた方が良いと思いますよ!
今はSNSで誰でも魚の写真をアップ出来る時代ですから。
泥だらけのバスの写真なんて誰も見たくないわ…。
綺麗に写真を撮る意味でもウォーターランドのメジャーは非常に良いと思います!
まずサイズが見やすい!
一目でサイズが分かりますよね!
面白いのが、魚種ごとにランカーサイズが記載されている所です。
例えば、25cmのブルーギルを釣ればランカーサイズと呼べるみたいですよ!
25cmのブルーギルって大きいですよね!(笑)
せっかく自分の釣った魚を写真に収めて記録に残す事が出来るのであれば綺麗に写真に収めたいですよね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿