Translate

2018/09/30

フックはガイドリングに掛ける!

リールにフックを掛ける人は間違い?

良く見かけます。
リールにフックを掛けてる人。
こういう状態。
別に間違いか正解かと言われたら間違いではないと思います。
が!
イシーはこれを絶対にやりません!
写真を撮影する為に仕方なくやりましたけど、ソフトぉ~に掛けました。(笑)
これをやるとリールに傷が付くじゃないですか!?
リールを大切にしない人はこれをやってもOKです!(笑)

フックはガイドリングに掛ける

フックはロッドのガイドリングに掛けた方が良いですよ!
こんなふうに。
ガイドフレームに掛けるんじゃないですよ!
ガイドリングに掛けるんですよ!
画像は富士工業さんのホームページから引用させていただきました。
『SiCリングは~ダイヤモンドに次ぐ硬さ。』と書いてありますよね?
SiCとは、Silicon Carbideの略でケイ素(Si)と炭素(C)の1:1の化合物です。
ダイヤモンド等、宝石の硬さはモース硬度(1~10)またはビッカース硬度(HV)で数値化されてます。
ダイヤモンドがモース硬度10と最大値です。
それに次ぐルビーやサファイアがモース硬度9です。
という事はSiCリングはモース硬度に例えると9程だと言えます。
更に硬さを細かく見るにはビッカース硬度(HV)で分けることが出来ます。
ダイヤモンドが6000HV。
SiCリングが2200~2400HV。
ダイヤモンドに比べてしまうと大分劣っていますが、ルビーやサファイアのビッカース硬度は2100HVです。
ルビーやサファイアよりSiCリングの方が多少硬いと言えます。
これを見てもあなたはリールにフックを掛けますか?
フックは鉄や銅、ステンレスから出来ています。
フックをガイドリングに通したくらいじゃ傷すら付かないんですよ!
大切なリールに傷を付けない為にもロッドのガイドリングにフックを掛ける事を推奨します!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)