Translate

2018/09/07

エリアフィッシングでもラインは太く!

エリアフィッシングに向けて

最近はエリアフィッシングのお話ばかりで申し訳ありません…。
別にバスを止めたわけじゃないので悪しからず…。
ただ、シーズン的にエリアフィッシングの準備もしていかないと、この管釣り天国栃木県ではやっていけないのですよ!
もちろん冬になってもバスフィッシングは出来ますが、この栃木県ではエリアフィッシングは外せなくなる釣りなんです。
そこで皆さんはエリアフィッシングでどの様なラインを使用しているでしょうか?

アプロード史上最強!

イシ―はもちろんナイロンラインを使用しています。
エリアフィッシングでは100%ナイロンラインです。
使用しているラインはこちら。
サンヨーナイロン、アプロードのZO6です!
このラインの特徴は何と言っても4lbと記載があっても+aの強さがあるという所じゃないでしょうか。
どうせ4lbラインを使うのであれば強いラインを使用したいですよね!
トラウトの口の中にルアーがすっぽり入ってしまったら正直4lbなんてあっさり切られます…。
過去に何個ルアーをロストしたか…。(泣)
なので出来るだけラインは強くしたいと考えています!

細いラインを使う方

またこういう話しをすると反論があると思うのですが、3lb以下のラインとか本当あり得ないですから!
20cm、30cm程度の小さいトラウトを数釣りするというのであれば分かりますが、管釣り天国栃木県でそれはセコ釣りトーナメンターみたいな方達だと思ってます…。
エリアフィッシングのトーナメンターってセコ釣りするじゃないですか!
小さ~いスプーンで。
何が楽しいのかサッパリ分からない…。
エリアトーナメンター?
はぁ?
そんな肩書き?
いや、肩書きとも言えない…。
正直誰でもセコ釣りトーナメンターになれるから…。
だからもう某雑誌も買うの止めたんだよ…。
おっとっと、ちょっと脱線してしまいました…。(笑)
その位細いラインが嫌いなんですよ…。
エリアフィッシングだけじゃなく、勿論他の釣りもね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿