Translate

2018/10/15

スピナーベイトをチューニング

スピナーベイトにトレーラ―

スピナーベイトはパッケージを開けてそのままでも十分使えるんですが、イシーはまずトレーラーとしてワームを装着します。
ピンテールワームって言うんですかね?
ウォーターランドのエンジェルスピナーベイトに、同じくウォーターランドのスレンダーシャッドを付けてます。
トレーラ―を付ける付けないはお好みだと思うのですが、イシーは基本的に付けます。
ちなみにスピナーベイトは1/2oz以下は使用しません。
3/8ozでも良いんでしょうけど、イシーは重たいタイプが好きです。
今後5/8ozのエンジェルスピナーベイトも発売すると小耳にはさんでおります!(笑)

シャローレンジを引く

イシーが最近やっているのはシャローレンジを早巻きします。
シャローを高速で引く為にまた一手間加えます。
赤線部が元の位置だと考えて下さい。
アームをナロー、つまりヘッドとブレードが近くなるように曲げてあげるんです。
こうする事によって、よりシャローレンジを高速で引く事が可能です。
アンタレスDC MD XGを使用してハンドルを1秒間に2回転位のスピードですかね。
そんなに早く巻いたら魚が追いつかないだろ!と思ってるあなた!
人がどんなにリールを早く巻いても魚は追いついてきますから、安心して下さい!(笑)


ディープレンジを引く

ディープレンジを引く為にはより重めのスピナーベイトを使うのが良いですが、同じスピナーベイトでやってしまう為にはシャローレンジを引く方法と逆の事をします。
赤線部が元の位置だと考えて下さい。
アームをワイド、つまりヘッドとブレードが遠くなるように曲げてあげるんです。
この状態でルアーが着水してから自分の引きたいレンジまで沈め、ゆっくり巻いてあげます。
これである程度はディープレンジを引く事が可能です。
ただ、やっぱりディープレンジを引く為にはルアーそのものの重量が重いタイプを使用した方が良いと思います。
更にブレードを大きな物に変えるというのも手ですね。

最後に

スピナーベイトで釣れる気がしないという方、とても気持ちが分かります。
でも、スピナーベイトってスナッグレス効果も高いし、いつでもどこでも巻ける超優等生なルアーなんですよ~。
スピナーベイトでまだ魚を釣った事が無いという方は是非一度試してみて下さい!
スピナーベイトの概念が180℃変わるかもしれませんよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿