Translate

2018/11/05

レアリススピンのフックについて考える

爆釣ルアー

使ったことがある人ならもうご存知だとは思いますが、DUOのレアリススピン。
めちゃくちゃ釣れますよね!
以前は5gと7gしか無かったのですが、11gと14gもラインナップに加わってます。
その14gなんですが、ベイトタックルでかっ飛ばせて最高に良くなってます!

良くなっている事

最初に発売となったレアリススピンの5gと7gには欠点があるんです…。
それはテールフックとブレードが絡まりやすい…。
絡まると当然ルアーがしっかり泳いでくれず魚は釣れません…。
ただ、14gはその絡みが起きにくくなりました!
絶対起きないわけではありませんが…。
しっかりブレードが水をかんで適度な重さが伝わってきます。
かっ飛ばして釣れる素晴らしいルアーだと思います!

レアリススピンの弱点を克服?

レアリススピンの弱点、それはバラしが相当多いという事…。
フックが伸びているという事もしばしば…。
これを克服出来たら相当数のバスが釣れてますよ…。
その弱点を克服する為、フックに着目しました!
レアリススピン14gには標準で#10という大きさのフックが装備されています。
この標準のフックが細軸なんだろうと思い、カルティバのST-36BC、#10を購入してみました。
そしてフックをカルティバのフックにチェンジ!

フックを変えてみて

カルティバのフックに変えた時に思った事です。
下の写真を見て下さい。
写真左側がレアリススピンに元々付いていた#10のフック。
写真右側がカルティバST-36BC、#10のフック。
う~ん。
写真じゃ分かりにくいと思いますが、軸の太さはどっちも変わらない気がするんですが…。(笑)
これやっちまった感じ…?w
レアリススピンに標準で付いているフックの軸の太さはどの位なんだ~!?(笑)
ふふふ。
でもイシーの頭の中には既に違う考えがあります。
それはまた後でお伝えしますね!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿