Translate

2018/05/26

キャスティング

村田基さん

村田基さんと言えば何を思い浮かべますか?
俺はすかさずキャスティングが思い浮かびます!
イシ―が子供の頃、村田基さんのキャスティングを見て『俺もあんなふうにキャストしてみたいな~。』なんて良く思っていました。
公園とか家の裏でキャストして遊んでましたね~。
懐かしい!
でもそれがあったからこそ今も楽しく釣りを続ける事が出来てます!
ルアーフィッシングにおいて一番重要なのはキャスティングだと考えてるからです。

DVD

ほとんどの方が知っていると思いますが、村田基さんが丁寧にキャスティングについて解説してるDVDがあります。
それがこちら。
キャスティングマスタ―です!
ベイトタックル編とスピニングタックル編があります。
超華麗にキャスティングする王様の姿が見れますよ!
別に宣伝してるわけじゃないけど…。(笑)
潮来つり具センターで購入出来ます。
通販もやっているのでとても便利ですよ~。

2018/05/25

釣行、そして…

野池に出撃

今回はリザーバーではなく近くの野池に行ってきました。 
曇り空で涼しく、快適です。
野池のバスはどんな状態か気になります。
いざ野池に着いてみると見えバスがいます。
ただ、この間と状況が違います。
日差したっぷりの時と明らかにバスの浮き方が違うんですよね。
メガバスのリバイアサンで2回も口を使ってくれたのにのせられず…。(悲)
仕方なく池を移動します。

2箇所目の野池

次の野池はどうかなという感じできてみました。
こんな感じの池です。
そこでバスが何かを追ってか、水面の様子が変わりました。
すかさずペンシルベイトを投入!
やっぱりいた!
かなり小さいですけどね…。(笑)
というか今年初のトップでゲットだ!
イシ―の大好きなペンシルベイト、レアリスペンシルです。
去年もこのルアーに大分助けてもらいました!
今年も活躍してくれる事でしょう!
多分…。(笑)

思考が変わる

真面目に釣りをしていたイシ―ですが、この後いつものリザーバーに移動して考えてる事に変化が起きます。
『アンタレス DC MDの検証しよう~。』
という事でリールの検証を始めてしまったイシ―…。
ブログの記事を見てもらえば分かるのですが、釣りが出来ない状況になってしまいました…。

問題の記事は下のURLから閲覧可能です。
釣りを楽しんでる最中に無茶な事をしない方が良いですね…。
本当に精神的にやられたので検証記事をどうか読んであげて下さい!(笑)

2018/05/24

アンタレスDC MD XG検証

この記事を読む前の注意

この記事は『アンタレスDC MD XG』について書きます。
ただし、本気で書かせていただきまので、辛口な部分もあるかも…。(笑)
真面目に検証した上で写真を掲載するので、アンタレスの悲しい姿を見たくないという方は直ちにこの記事から逃げて下さい!(笑)

検証に使用するタックル

もちろん『アンタレスDC MD XG』を使用するのは当たり前ですが、ロッドやライン等もお伝えします。
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ロッド:ワールドシャウラ 15101F-3
  • ライン:GT-R HM 16lb
ラインはスプールに巻ける分、つまりパンパンに巻いている状態です。
また、何故このセッティングなのかというと、ある程度重量のあるルアーをキャストしてる動画等が当たり前の様に出てるからです。
10g以上のルアーが快適に飛ばせるのは当然の話なので…。
そんな当たり前な事記事にしてもつまらないじゃないですかぁ~?(笑)
なので今回は下記のルアー達を使ってフィーリングをチェックしていきます。

写真左から。
  • レアリスペンシル85(9.7g)
  • レアリスポッパー64(9.0g)
  • レアリスクランク48SR(7.0g)
では、実際に検証していきます。

軽量ルアーキャスト開始

ちなみにこれはオーバーヘッドキャストをフルスイングで行います。
ブレーキはNMモード。
ブレーキダイアルはルアーごとに変更していきます。
まずはレアリスペンシル85(9.7g)からキャストします。
評価は○です。
オーバーヘッドキャストであればしっかり投げられます。
次にレアリスポッパー64(9.0g)です。
これも評価は○です。
フェザーが付いてるから飛ばしにくいかな?と思ってましたがブレーキセッティングをきちんと行い、且つオーバーヘッドキャストであればしっかり飛びます。
最後はレアリスクランク48SR(7.0g)です。
評価は△です。
投げられなくもないですが、オーバーヘッドキャスト以外のキャストではキツイな…。という印象でした。
これらから総合的に見ると、10g以下のルアーでもブレーキセッティングやキャスティングの仕方で投げる事は可能です。
ただ、実釣で使えるのはペンシルとポッパーまでかな…?という感じ。

過酷な検証へ

次に行うのは、レアリスペンシル85(9.7g)をフルキャストしてどのブレーキセッティングでバックラッシュが起きるのか?
そして丁度良い?事に向かい風でキャストしにくい状況です。(笑)
これをNMモードで行います。
ブレーキダイアルはMAXから始めていき、徐々にブレーキを落としていきます。
もちろんMAXだとバックラッシュはありません。
ただ、徐々に落としていき、ダイアル4~2程でラインが浮きます。
まあ、軽傷ですね。
こんなのバックラッシュの内に入らない位です。
ラインを引き出してやればすぐ元通りです。
では、ダイアルをMIN(ブレーキ最弱)にして向かい風にフルキャストしてみましょう!
酷い…。
全然直りません…。
仕方なくラインをカットします…。
次はNMモードより若干ブレーキの掛かるPモードのダイアルMINで向かい風に向かってフルキャストします。
見て分かる通り重症です…。
その後なんですが、2回も重症のバックラッシュ&ラインカットのせいで…。
はい…。
終わりました…。
バックラッシュしにくいと言われるリールを2回も重症にしてやったぜ…。(泣)
1回目はラインがパンパンに巻かれているのでバックラッシュは分かるのですが、2回目はブレーキも多少強く、さらにラインも少ない状態だったのに…。(泣)

最後に

今回見ていただいた通り『アンタレスDC MD XG』といえどバックラッシュはします!
また、ピッチング等の初速が無いキャスティングをした際はDCが作動しない事があります。
ですので、いくら『アンタレスDC MD XG』を使用してるとはいえブレーキセッティングはきちんと行う事が重要です。
そうすれば、向かい風にキャストしようがバックラッシュはほとんど起きませんから。
ちなみに、ブレーキセッティングがルアーにマッチした設定にすればとんでもなくぶっ飛んでいきます!
10gに満たないペンシルベイトがビックリする位の飛距離を叩き出してました!
以上が今回行った検証になります。
いかがでしたでしょうか?
向かい風にブレーキを弱くしてフルキャストってもの凄く鬼畜感がありました…。💀
…。
…。
もう絶対こんな検証やらんからな!!(笑)
みんな!MINには気を付けろよ!!(´・ω・`)

2018/05/23

ガイドしました

釣友データ

某リザーバーへ行ってきたのですが、今回は親戚という名の釣友と一緒です。
釣友は渓流釣りや鮎をはじめ、ワカサギ、海の釣りまで、あらゆる釣りに精通しています。
以前一緒に渓流釣りに行った際は、餌のプレゼンテーションの仕方に驚きました。
述べ竿でそこに入れちゃう!?っていう所にガンガン攻めていき、アタリを感知してからアワセるまで無駄が無いです。
そしていつも釣友の釣果に驚かされてます!
そんな釣友がバスフィッシングをやりたいとの事だったので今回同行する事になりました。
ちなみに釣友は今まででバスの釣果は1匹だそうです。

リザーバーに集合

イシ―は先にリザーバーへ到着しました。
とりあえず釣りはせず、状況の確認をしてました。
やはり自然の状況は変わるもので、水位も数センチ減水。
そしてある程度大きさのあるバスを発見し、釣友と合流しました。
イシ―のタックルが左側、釣友に貸したタックルが右側になります。
いざ、実釣です。
朝の下調べも空しく、二人ともノーバイトです…。
先週と状況が全然違います…。
歩き回ってポイントを探すことにしました。
写真のポイントなんですが、明らかに40半ばから後半位の大きさのバスがいました。
とりあえず釣友の釣りを見守ります。
教える事はほとんどなくイシ―はただただ見てるだけ。(笑)
そしてこの場所で。
小さいながらも見事にキャッチしました!
最初に見た良いサイズのバスは何処かに消えてました…。
でも良かった~。
イシ―は何とか魚を触らせてあげられてホッとしました…。
ある程度釣り方が分かった様子でここからラッシュが始まります。
キャッチ。
キャッチ。
キャッチ。
サイズは小さいですが、もうボコボコ釣りまくりです!
ちょっと写真が多すぎて載せきれません…。(笑)
というわけで動画をどうぞ!
もう入れ食い~!
一番嬉しかったのが「楽しい!」という言葉を聞けた事です!

イシ―の釣果

肝心のイシ―の釣果は?
イシ―はサーチ的にジャークベイトを巻いてました。
このルアーのサイズにこの魚のサイズ…。
とほほ…。
でも1匹は1匹ですから!(笑)
とりあえず一通り釣りしたので終了です。

ボート出現

釣りの後は釣友所有のボートを見に行きました。
2艇所有してるみたいなので。
ありがとうございます!
いただいちゃいました!
…。
…。
…。
すみません…。
嘘です…。(笑)
これで今度釣りに行くプランを計画してくれてるみたいでとてもありがたいです!
早くこのボートで釣りしたいですね~。
今度はボート釣行がブログにアップできるかもしれないので楽しみにしてて下さい!

2018/05/22

イシー埼玉県に行く

イシーの寄り道

ちょっと用事があった為、釣りは出来なかったのですが埼玉県某所へ行って来ました。
本当に釣りなんかできる状態じゃなかったんです…。
すみません…。
でも魚の臭いを嗅ぎつけたイシーはちょっと寄り道をしてしまいます…。(笑)
こんな感じの所です。
もしかしたらこの写真を見て場所が分かった方もいるかもしれませんね!
いかにも魚がいそうなのでつい…。(笑)

魚を捕る人を発見

川沿いをブラブラしてると網で魚を捕ってる人を見つけました。
バケツには魚が入ってる模様。
「見たい!」
イシーの心はバケツに集中ぅ~。(笑)
思わず声を掛けちゃいました。
すると快くバケツの中を見せてくださいました!
おぉ!小魚いっぱい!
魚の正体が気になります!
ずうずうしいイシーはさらに要求を迫ります!(笑)
「手に取って見ても良いですよ。」との事。
すかさずすくってみると。 
タナゴです。
実は田舎の方に住んでるイシーでもタナゴを見る事は無いです。
このタナゴが大量に群れをなして泳いでいます。
タナゴを見れて嬉しかったです!

さらに覗く

もうイシーはバケツの魚にくぎ付け!(笑)
良く見ると「あれ?」
模様の違う魚がいます。
これは何だろうとすくってみると。
ば、ば、バスぅ~!
これはブラックバスぅ~!(笑)
めっちゃ小さい!
かわいいですね~!
やっぱりバスさんもいたので大興奮の巻きでしたとさ。
めでたしめでたし。(笑)

2018/05/21

ブログを閲覧して下さる方へ

読者の方に感謝

このブログを読んで下さりありがとうございます!
まだ書き始めて間もないですが、Facebookページにフォローして下さった方々も沢山いてとても感激しております。
まだまだ書きたい事がいっぱいあるので頑張って更新していきますが、読みずらいとか写真や動画が見ずらい等多々あると思います…。
出来る限り読者様が読みやすいブログを書ける様に日々努力していきますので、是非応援宜しくお願いいたします!( `・∀・´)ノヨロシク

ブログを閲覧するにあたって

このブログは様々な所から閲覧が可能です。
下記がこのブログに近づけるURLになります。
  • 『イシ―のフィッシング日記』Facebookページ
  • 『イシ―』Twitter
  • 『イシ―』YouTube

フォローしていただけるとブログを更新した際にスグ確認出来ます。
是非フォローをお待ちしてます!
忘れられがちかもしれませんがまた言います。
この魚を持ったキャラクターが『イシ―』ですよ~。(笑)( *´艸`)
あっ!肝心なブログ自体のURLは下記です。
https://www.ishi-fishing-diary.com/

2018/05/20

NEWワールドシャウラってどうなの?

NEWワールドシャウラを振ってみる

読者の方から「新しいワールドシャウラはどうなんですか?」という質問をいただきましたのでこの記事を書かせていただきます。
正直「良いに決まってるじゃん!」って思いましたが…。(笑)
とりあえず、リールをセットしない状態でロッドを振ってみます。
フワッという感じに振るのではなく、ピシッと振ります。
なるほどね~。
こんなもんか。
という感じです。(笑)

スコーピオンXTを振ってみる

次に同番手のスコーピオンXTを振ってみます。
今回はワールドシャウラ、スコーピオンXT共に15101F-2を使用しています。
多分2018年発売のワールドシャウラとレッドモデルのワールドシャウラを振り比べただけでは違いが分かりにくいと判断しました。
ですので極端にNEWワールドシャウラとスコーピオンXTの同番手で検証してます。
ん?
あれ?
あ!なるほど!
もう一度NEWワールドシャウラを振ってみます。
あぁ~!
違うわ!

結論

あくまでロッドを振っただけですが明らかな違いがありました。
例えるなら…。
難しいんですけども…。
NEWワールドシャウラは『シャキッ!』としてる感じ。
スコーピオンXTは若干『モタ~』としてる感じです。
本当に若干です!
これをNEWワールドシャウラだけでやってたら全然わかりませんわ…。(笑)
確かにワールドシャウラは軽いし、ピンピンしてる感じで素晴らしいです!
これであればキャストの精度がより向上するでしょうね!
もちろん感度は抜群に良いです!

ワールドシャウラの強さ

とりあえず表を作ってみましたので見て下さい。
これは『15101F』だけの表になります。
スコーピオンXTから歴代のワールドシャウラのスペック表です。
見ていただきたいのが、適合ライン(ナイロン)の箇所です。
NEWワールドシャウラで実際に16lbのナイロンラインを使用して、ドラグはフルロックの状態で2kg超えのバスとファイトしました。
正直怖かった…。(笑)
でも!
「これ20lbも使えるな~。」という印象でした。
それ位強いです。
なにせフックがこんな状態になってるんですから。(笑)
本当に強いロッドを求めるならやっぱりNEWワールドシャウラが断然お勧めですよ!
スペースシャトルに使用されてるカーボンテープ使ってるんですから!
村田基さんが解説してる動画が見たい方は下のリンクへどうぞ。

人気の投稿