Translate

2018/06/09

ラインリムーバー

便利なアイテム

皆さん、『ラインリムーバー』ご存知ですか?
これです。
ライン交換って面倒くさくないですか…?
特にラインをスプールから外す作業…。
でもラインリムーバーがあれば超快適スムーズです!
そんなにお値段も高くないので気になった方はご購入してみてはいかがでしょうか?

ラインリムーバー使用動画

実際に『ラインリムーバー』を使用している動画を撮影してみました。
ナイロンの20lbを約100m巻いてあります。
ラインが勢い良くスプールから出ていきますので、ベイトリールの場合はバックラッシュにご注意下さい!

2018/06/08

激スレフィールドを攻略!

野池を巡る

今回も野池の旅に出て来ました。
朝はちょっと用事があった為少し遅れてスタートです。
まずはバイブレーションで広範囲を探ってみる事にしました。
ウォーターランドのウォーターソニックです。
このルアーをアンタレスでかっ飛ばすとめちゃくちゃ気持ち良いんですよ~。
ウォーターソニックを目の前でガブッとされましたがフッキングせず…。
その後もルアーを変えてキャストを続けますが反応無し…。

激スレフィールドへ

以前来た時に気になっていたフィールドに再挑戦します。
大抵他のバスアングラーやヘラ釣り師も多数。
超ハイプレッシャーなフィールドになります。
ちなみに福島県の某フィールドです。
今年になってイシ―はこのフィールドで1匹も釣ってません…。
こんな感じの場所です。
暑くなってきてウィードが凄い量です。
実際には見えていない水中にもウィードが広がってる感じです。
なんとかウィードを避けつつウォーターソニックで遊んでました。(笑)
キャストしていて気持ち良いと遊んでしまう癖がイシ―にはあるんですよ…w
ちゃんと釣りしなきゃ!
というわけでルアーを変更。
最近助けてもらっているあのルアーです。
見事に来てくれました!
しかもサイズも良い!
47cm。
激スレフィールドで取れた貴重な1匹です!
約1.5kgですね。
なんとも嬉しいバスちゃんでした!

激スレフィールドでも助けてくれる

ちなみに釣れたルアー気になりますか?(笑)
仕方ないな~。
教えてあげますよ!(笑)
最近絶賛大活躍中の『エンジェルスピナーベイト』です。
ウィードが大量でも引っ掛かりにくいスピナーベイト。
大好きなルアーです!
躊躇する事なくガンガン引いてこれます!
人が攻めれないような所に入れてあげると勝負が早いです。
2本目もいただきました!
38cm!
やはりこのスピナーベイト恐るべし…。
この激スレフィールドで2本取ってしまった…w
一通り探り終えたので池を移動します。
地元栃木県の某野池です。
ペンシルベイトからスタート!
一度ガボッと出ますがのらず…。
またスピナーベイトにチェンジです。(笑)
釣れてしまうんです。(笑)
いや~楽しい!
33cmって所です。
今回は…。
いや、今回も!
『エンジェルスピナーベイト』に助けられてしまいました!
皆さん早く買った方が良いですよ!(笑)

2018/06/07

スポーニングについて

スポーニングとは

ご存知だとは思いますがバスが産卵する事をスポーニングと言います。
雄バスがスポーニングベッドという産卵床(ネスト)を作り、雌バスをスポーニングベッドに誘い込んでスポーニング(産卵)が始まります。
産卵後も雄バスは他の魚等の外敵から卵を守るためにスポーニングベッドに留まります。
卵が孵化後もある程度の大きさになるまで雄バスはスポーニングベッドに張り付き状態で稚魚を守ります。
ある程度稚魚が大きくなれば雄バスはスポーニングベッドから離れます。
以上が簡単なスポーニングの流れになります。

あなたはどうしますか?

下記の写真を見て下さい。
雄バスがネストに張り付き状態です。
釣りをしに来たあなたはこれを見てどうしますか?
バスがかわいそうだから釣りをせずに通り過ぎますか?
なぜ釣りをしに来たのにこの魚を狙わないのですか?
ネストにいる魚は釣ってはいけないというルールがあるのですか?
(ルールがある場所もあります。)
また、ネストにいる魚を釣っているアングラーを何故否定する人がいるのでしょうか?
ハッキリ言って意味が分からないんですが…。
ではこれがマッディな水質でネストの場所が分からない場合を考えてみてください。
今はスポーニングの時期だからと言って釣りをしないのですか?
でしたら、だいたい4月~6月、遅い場所で7月位までは釣りをしないという事になりませんか?
バスに限らずとも産卵が絡んでくると今は釣ってはいけないだとか、どうせネストでしょとか否定的な意見を多々見ます。
それではあなたは産卵シーズンは釣りをしないんですね?
他人の事を否定する様な人は釣りをしないで下さい!って正直思います。
補足ですが雄バスがアングラーによって釣られたとしても全てとは言いませんがネストに戻る事が多いです。


稚魚達

雄バスに守られていた稚魚はどうなると思いますか?
雄バスに守られていたからすくすく成長して大きくなると考えますか?
そんな甘くありません!
雄バスはお腹を空かせた状態で稚魚達を守っていました。
ある程度稚魚が育つとその稚魚を雄バスが食べてしまいます。
他の魚にも食べられてしまうでしょう。
ですから本当に運良く逃げ切れた稚魚のみが生き残れるのです。
生き残れる稚魚は本当にわずかです。
これが現実なんです。

最後に

釣り人が様々いるように考え方も様々。
他人の釣りをどうこう言う前に自分の釣りを見つめ直した方が良いのではないでしょうか?
『スポーニング=釣っちゃダメ』ではなく。
『スポーニング=釣り方が変わる』という考え方にしてみては?

2018/06/06

ます釣り公園に行ってきました

エイルのリハビリフィッシング

早速今回はエイルの登場です!
前回の記事を読んでいただいた方はお分かりだと思いますがイシ―とお付き合いしている子です。
諸事情により2ヶ月程釣りから離れていたエイルの為に福島県西郷村にある『ますつり公園』に行ってきました。
老舗である林'養魚場が経営している釣り堀です。
トラウトと言えば林’養魚場がとても有名です。
日本でここの養魚場に敵う所は無いでしょうね。
それ位凄い養魚場です。
こんな感じのロケーションで釣りを楽しむ事が出来ます。
実際に釣りをする事が出来る池は6面だったかな?
池の選択によって魚影の濃さや大小が変わってきますよ。
イシ―もエイルもここには何度もお世話になっています。
イシ―に関しては本格的に釣りを始める前からだから、××年前位から。(笑)
この『にじます亭』という所でまずは竿を借ります。
竿と餌がセットで100円で借りられます。
イシ―とエイルは常連なのでもちろんつり竿無料券もってます!w
これで竿と餌がセットなのですぐ釣りが始められちゃいます。
まずは竿の選択から。
といっても何でも大丈夫です!(笑)
でも一つ重要な点として、糸が傷付いていない物を選択した方が良いかも!
ある程度太い糸が結ばれていますが皆が使うのでどうしても傷んでる物もあります…。
この魚影の濃さ!(笑)
完全に楽勝モードが見え見え!w
今回はエイルだけに釣ってもらう予定です。
餌の付け方も手慣れたものです。
さて反応はどうでしょうか?
既にお分かりだと思いますけど入れ食いなんです!w
それでは入れ食い動画をどうぞ!
今日は型が良いのが揃ってます。
いつもイシ―とエイルは刺身に出来るサイズを求めてます!
あまり小さいサイズだと刺身にしてもらえないからです…。
もう爆釣!(笑)
この位のサイズであれば刺身に出来そうですね!
エイルも楽しめたみたい。

イワナを食べさせてあげたい

ここはニジマスの他にイワナが入ってます。
イシ―は釣りを楽しんでもらえば良いと思っていたのですが、エイルに是非イワナを食べさせてあげたいと考えました。
という訳でイシ―が竿を握ります!(笑)
本当に釣りするつもりなかったんですけど…w
早速イワナに狙いを定めますが圧倒的にニジマスが多いのと、ニジマスの餌に飛びつく速さが尋常じゃないので中々難しいです…。
ニジマスを釣ってしまうとその分お金を払わなくてはならないので…。(笑)
出来るだけニジマスを避け、イワナに集中します。
なんとかGETです!
結構苦労の末に釣る事が出来ました!
これでなんとか釣りを終了する事が出来ます。

豪華な食事

さあ釣りを終えた後は待望の食事ですよ!
『にじます亭』で釣った魚を調理してもらえるのでとても楽です。
見て下さいこの量!
魚の型が良いとこんな感じになってしまいます!w
刺身にフライです。
ちなみに刺身の食べ方は。
こうですよ!(笑)
もうガッツリいっちゃいましょ!
おっと、忘れちゃいけないイワナは?
塩焼きです!
なんとかイワナだけは塩焼きサイズでした…。
他のニジマスは刺身とフライ。(笑)
型が大きすぎです…。
なのであまり調子にのって釣り過ぎると下の伝票が待ってます…。
合計6,240円なり~。(笑)
魚は重さで値段が変わります。
またイワナはニジマスよりもお高いです…。
でもここの食事は美味い!

魚に餌やり

食事の後は恒例?魚に餌をあげようタイムです。(笑)
100円で餌を買えます。
「ふたを開けご自由にお取りください。」と書いてある通り100円入れて餌をGETです。
ペレットが入ってるんですが結構な量です。
これを先程釣りをしてた池に投入!w
動画を見てもらえばわかる通り魚達がペレットの取り合いです!
この餌やりもまた楽しい!

ます釣り公園住所

林'養魚場『ますつり公園』は下記住所になります。
〒961-8061 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字後原66
ホームページもありますので是非チェックしてみて下さい!
http://www.hayashitrout.com/masutsuri/

2018/06/05

NEWキャラクター登場!

読者の方にご報告

突然ですが今回のブログ記事にてご報告があります。
イシーには以前からお付き合いしている彼女がいます。(笑)
その彼女も実は釣りをやるんです!
名前は『エイル』といいます。
この子が『エイル』です。
今後ブログにもちょこちょこ登場すると思いますので宜しくお願い致します!( `・∀・´)ノヨロシク

エイルについて

『エイル』は釣り歴に関してまだ1年と経ちませんが中々の負けず嫌いで、釣るまで帰らないという根性を見せつけられてます。(笑)
イシーも見習わないといけない部分です…。(笑)
基本的にはバスフィッシングがメインになってきますが、これから色々な釣りにチャレンジしていく予定でいます。
というかもうやってますけど。(笑)
そしてすでに釣りの楽しさを分かっています!
自分でルアーを買い集めたりもして今後に期待の出来る子です!
特にルアーのカラーセレクトにはうるさい!w
というかイシーよりもルアーのカラーバリエーションを把握しているという…。
やっぱり女の子だからそういう所が強みとして出てますね!
ちなみに『エイル』は虫が大の苦手であり時々奇声を発する事もしばしば…。
あっ!イシーも虫が大の苦手です!(笑)
そんな『エイル』の成長も見守っていただけたら幸いです!

今後の課題

『エイル』には多々乗り越えなくてはならない課題があります。
釣りに関してはイシーも色々な課題があると思いますが…。
やはり今後釣りをしていく上で、というかルアーフィッシングをしていく上で重要なキャスティング!
これが最大の課題となってきます!
魚を釣る楽しさは十分に分かっていますので、今後はキャスティングに磨きをかけていってもらいたいですね!
そういった課題も抱えつつブログにも登場させますので皆様の応援宜しくお願い致します!(m´・ω・`)m 

2018/06/04

ワールドシャウラのエクステンションバッド

7フィート以下のモデル

皆さんご存知の通りワールドシャウラの7フィート以下、6フィート代、5フィート代のモデルはグリップが抜けますよね。
バスフィッシングのみに使うのであれば特に必要のない機能ですけど、海でジギング等をやる人にとってしてみれば1本で2度おいしい状態になります。
別売りで発売されてるエクステンションバッドです。
これはこれでかっこ良いですよね!

あるモデルと一緒の長さ?

イベントの際に確認したのですが実はこのエクステンションバッド、あるモデルとほぼ一緒の長さである事を確認しました!
あくまでもほぼですからね!(笑)
メーカーが提示してる長さは違いますけど…。
写真を見て下さい。
ほら、ほとんど一緒じゃないですか?
これは1785RS-2とほぼ一緒って事です。
ではもう一枚の写真で確認してみましょう。
真ん中辺りにあるロッド(1785RS-2)とエクステンションバッドがほぼ一緒の長さですよね!
つまり、エクステンションバッドをバスには完全に使えないという訳でもなさそうです!
例えば1652R-3をエクステンションバッドに付け替えてロングロッドにする!なんて事も出来ちゃうわけですよ!
メリットがあるかと言われるとどうかと思いますが…。(笑)
EVAとロンググリップが好きだ!という方には堪らないんじゃないでしょうか?
イシ―はやらないけど…。(笑)

今後の希望

7フィート以下はグリップがチェンジ出来るので、今後新しいグリップを発売してほしいですね!
ストレートグリップも良いけどセパレートも好きなんて方に向けてバス用の短いエクステンションバッドとか!
そんなの出てきたらちょっとお洒落じゃないですか?
その日の気分によってグリップを変えてバスフィッシング!
おそらく出るんじゃないかな~?
全然知らないけど…。
今後に期待したいですね!
一番の希望は6フィート代、5フィート代に7フィート以上に使われてるグリップを販売!(笑)
だってあのグラデーションしてるセパレートグリップかっこいいんだも~ん!w
ねぇ、ダメ?w
コスト掛かり過ぎ?(笑)
村田基さん、シマノさんお願いします!m(__)m

2018/06/03

バスVSザリガニ

ザリガニを捕食

イシ―の行くリザーバーにはアメリカザリガニが大量にいます。
本当にこれでもかって言う位に大量です。
そんなザリガニ君なんですけど、バスの餌になりますよね!
ワームでもクローワーム等ありますし。
調べてみたらバスはエビを一番捕食し易いらしいですよ。
(信じるか信じないかはあなた次第です!w)
エビが最も水中で発見しやすく且つ逃げられず口に入れやすいからかな?
小魚とかは逆に捕食しにくいみたいです。
弱っていればすぐ捕食できますけど。
普通に泳ぎ回ってる小魚はどうしても逃げられてしまう事が多いかららしい。
確かに言われてみれば元気な小魚って意外と見ますよね。
この魚はこの間埼玉県に行った時に大量にいたタナゴです。
群れをなして悠々と泳いでました。
バスがいる場所でですよ?
やはりそう考えると小魚でもある程度弱った奴を狙った方がバスも楽ですよね!
では話をエビに戻します。
エビが一番捕食しやすいという事はわかりました。
(多分ですけど…w)
そしてそのエビが巨大化したみたいな状態がザリガニ君ですよね!(笑)
エビが巨大化した様な状態のザリガニ君であればバスも嬉しい限り。
一匹食えれば結構ゴージャスな食事なんじゃないのかな?
と思ったら違うみたいです…。
バスはザリガニを食べるのが大変みたいです…。
やはりあの巨大なハサミで挟まれてしまうから…。
なので上手く尻尾のほうから口に入ればゴージャスタイムという事になります。(笑)

不思議な光景

この間リザーバーへ釣りに行った時なんですが不思議な光景を目にしました。
その光景がこちら。
わかりますか?
尻尾の方が無くなってて、ハサミがある上半身?(笑)が沈んでる光景がありました。
しかも一か所ではなくそこら中にこの状態の無残なザリガニ君達の姿が…。
えっ…!?
これってどういう事…!?
バスが柔らかい尻尾の部分だけを食い千切って、硬い殻に覆われた上半身は残すって事…!?
はっ…!?
いやいや、普通丸のみでしょ!?
こんな芸当バスに出来る!?
だってバスの歯そんなに鋭くないし…。
もしこれをバスがやっていたとしたら相当グルメなバスが集まっているリザーバーという事になりませんか!?(笑)
誰かこの謎が解ける方いらっしゃいませんか?(笑)
「バスの仕業では無い!」と論破出来る方お待ちしております!(笑)

人気の投稿