Translate

2018/07/14

【速報】NEWカーディフCI4+発売決定!

NEWカーディフCI4+登場

トラウティストの為のリール、『カーディフCI4+』が生まれ変わって発売されます!
※画像は1000SHGです。
見た目はさほど大きな変化はありませんね。
エリアフィッシング、ネイティブトラウトを狙う方はご購入を検討してみては如何でしょうか?

スペック表

下記がNEW『カーディフCI4+』のスペック表になります。
見ていただくと分かる通り1000S、1000SHG、C3000MHGの3機種が発売されるようです。
これを見て思った事が、C2000番台が無い…。
エリアフィッシング、渓流等ではC2000番台が必要なのに…。
これはとても残念ですね…。
今後追加される事に期待しましょう!

技術特性

技術特性に関しては下記の通りです。
これだけだと何処が変わったのか分かりにくいと思いますので、前モデルの『カーディフCI4+』の技術特性と比べてみましょう。
前モデルの『カーディフCI4+』の技術特性は下記の通りです。
大きく変わったところとしては何と言ってもNEWマグナムライトローターじゃないでしょうか。
クイックレスポンスシリーズとして必要不可欠な部分をやはり新しい物に変えてきましたね!
その他の違いについては防水機構です。
1000S、1000SHGにはコアプロテクトを。
C3000MHGにはXプロテクトを採用。
海水や汽水域でC3000MHGを使用される方にはXプロテクトが採用されているのは嬉しいですよね。
また、NEW『カーディフCI4+』にはGフリーボディが採用されています。
これはもうシマノのリールとしては当たり前という感じですよね。
NEW『カーディフCI4+』は2018年8月発売予定です。

スピニングタックルの為にお買い物

某釣具屋さんへ

前回スピニングタックルを使用した釣行の模様をお伝えしましたが、釣行前に某釣具屋さんに立ち寄ってました。
購入した物はこんな感じです。
ウォーターランドのアルミん4.3gを3つと、そのフックをバーブレスからバーブ付きに交換する為カルティバの太軸フック。
そしてなんとなく欲しかったシャッド。
レアリスシャッドの62DR。
今回の買い物はこんな感じです。

直ぐ無くしました…

スプーンのフックを交換し、釣りをして。
シャッドも良い感じ~と思って使っていると…。
嫌~な予感…。
はい…シャッド根掛かり…。
スピニングに8lb巻いてましたがプツッと…。
買って即効無くす!
だから細いライン嫌やねん!!
うわ~~~ん!!(´;ω;`)

2018/07/13

NEWステラ始動!

スピニングタックルを使用

今回もバスフィッシングですけど午前中は用事があり、その後釣具屋さんに寄って釣りをスタートしました。
もうお昼になると気温がヤバイですね…。
めちゃくちゃ暑かったですよ…。
以前からブログ上で言っていましたがスピニングタックル(ワールドシャウラ+ステラ)を使用していなかったので今回初登場です!
一応ベイトタックルも1セット用意しましたけど、スピニングタックルをメインで使っていこうという根端でいました。
使ってみた感想なんですけど、激ヤバ!(笑)
ワールドシャウラとステラの組み合わせは最高過ぎました!
ワールドシャウラがとても強く、ステラの官能的な巻き心地と『ステラ』というステータス…。
最高に決まってますよ!

拘り過ぎた…

スピニングタックルメインという事で何のルアーを使おうか悩んでいたんですけれども、使うルアーは何とウォーターランドのアルミん4.3gです!
まさかのスプーニングで攻めてやろうと!(笑)
ビックリしましたか?
最近釣れるという噂を聞いていたので試してみたくなりました。
使ってみると子バスやブルーギル、鯉、ヘラブナ、ありとあらゆる魚がアタックしてきます!
これは凄い!
ただ、フッキングしないんです…。
魚を寄せる力はあるのですが針掛かりしないんです…。
でも何とか1匹食わせたい!
かなり拘って釣りしてました。
そしてようやく。
キタ――(゚∀゚)――!!
けどめちゃくちゃ可愛いバスちゃん!(笑)
なんとか釣ってやった感がありました。
でもこのバス以降アルミんを使い続けようとは思えず…。(笑)

ワーム登場

それではここからが本番?
いえ、アルミんも本気でやってました。(笑)
ワームに変更します。
するとあっさり。
釣れました。(笑)
最初からこの釣りをやっていれば…。
ステラのドラグも良い感じで気持ちがよろしい!
36cmといった所ですかね。
使用したワームがこちら。
このワーム知ってる人少ないかも…。
今は廃盤になっているシマノのグラムスティックというワームです。
ノーシンカーで使用しました。
比重があるので良く飛んで、フォール中のアクションが素晴らしいワームです!
ただ、バスを1本釣るとこうなります…。
もろ過ぎ…。
釣れるけど1回でこれじゃあ…。
しかも残りのグラムスティックは後1本…。
そして。
最後の1本で釣ってしまった!
グラムスティックだと超Easyでしたね!(笑)
34cm程のバスちゃん。
最初からこういう釣りしてれば良かった…。
でも拘って釣るのも釣りの醍醐味ですよ!
と言い聞かせて帰路につきました。(笑)

2018/07/12

ラインの準備は万全に!

ラインはストックしておく

皆さんは好きなラインってありますか?
「これだったら信用できる!」というラインがあればこんなふうになりますよ!
ラインだらけの段ボール箱です。(笑)
これをちょっと公開しちゃいましょう。

ラインは消耗品

ラインってロッドやリール、使うルアーによって糸の太さ(強さ)を変えていきますよね!
もちろん釣り場のシチュエーションによっても!
そう考えるとこうなっちゃいます。(笑)
サンヨーナイロンGT-R N-Spec HMです。
この数凄くないですか?(笑)
自分も広げてみてビックリしましたよ!w
細い所から6lb。
太いと30lbまであります。
6lb以下を使うという事はありません…。
かといって30lbも普通は使わないです…。(笑)
ラインってやっぱり消耗品なのでナイロンラインの場合3回程使用したら巻き替えます。
そんな消耗品であるからこそ、お得な600m巻きで揃えています。
皆さんもックルバランスや釣り場のシチュエーションを考慮してラインを見直してみてくださいね!

2018/07/11

実はこんな釣りもやるんです!

超パワーロッド

実はイシ―、こう見えて?ビッグベイトの釣りもやるんです。
使ってるロッドがこちら。
通称赤シャウラの1755RS-2です。
これマジで強いです。
100g以上のルアーもぶん投げられますよ!
100g近いルアーを使っていてもまだまだ余力あるかな~って感じです。

PE専用リール

イシ―はビッグベイトの釣りにはPEラインを使用します。
何故PEラインなのかというとビッグベイトをブッシュに突っ込むことがあまり無く、強いラインを使いたいからです。
リールがこちら。
カルカッタコンクエスト200HGです。
このリール本当最高ですよ!
なんといっても巻き心地。
このリールより巻き心地が良いリールを知りません!
糸巻き量もアンタレスDC MDと一緒でPE3号が130m巻けます。
あまり飛ばないビッグベイトなので糸巻き量はこれで十分と言えるでしょう。
イシ―の釣りで最近出番の無いビッグベイトゲームですが、今後お見せできる事があるかもしれません。

2018/07/10

ワームを修復しよう!

準備する物

ワームってどうしても身切れしやすいですよね…。
しにくい物もありますが…。
切れてしまったワームを捨ててしまうのはもったいないので修復してしまいましょう。
用意するものは下記になります。

  • 切れたワーム
  • 瞬間接着剤
たったこれだだけです。

切れた部分を修復しよう

写真を見ていただくと分かる通りワームにダメージがありますよね。
ワームの頭部分が切れちゃってますね…。
ここに瞬間接着剤を適量塗布します。
後は乾いてくっつくまで決して触らずに放置します。
すると身切れしたワームの修復が完了です!

補足

ライターで炙ってワームをくっつける方法もありますが、お子様にライターを使わせるのは危ないので瞬間接着剤を推奨します。
大人の方はライターで炙ってワームをくっつけてしまっても構いません。

2018/07/09

タックル準備OK!本気!


今日は釣る!

前回ボウズくらってるんで、今回は本気で挑もうと思いました!
今日はそこまで暑くもなく、曇り空。
もう釣れる気しかしないというか、絶対に釣る!
タックルも準備万端ですからね!
ワールドシャウラとアンタレスDC MDの2タックルを用意!
したのですが、すみません!!
本当に申し訳ないんですけど、1日釣りして釣れませんでした…。(笑)
でも釣りってこれだから釣れた時の感動があるんだよね!
特にバス釣りは!w
と自分に言い聞かせる…。

帰ってきて

イシ―は釣りから帰ってきたら必ずタックルをメンテします。
ピカピカに拭いてやります。
次回また新たな気持ちで気持ち良く釣りがしたいのでね。
またまたショボい投稿になってしまい申し訳ありませんでした…。

2018/07/08

ワームには美しくフックをセット

フックは綺麗にセット

ワームを使用する時綺麗にフックを刺し込む(セット)する事が出来ていますか?
フックを綺麗にセットしないとワーム本来の動きを妨げてしまいます。
ですので、ワームにフックをセットする時は丁寧に行いましょう。
これはバスアサシンシャッドを例にオフセットフックをセットしている様子です。
綺麗にフックがセットされていると思いませんか?
では違う箇所から見てみましょう。
ワームのお腹側から見た写真ですけど、これも綺麗にセットされているのが分かると思います。
ワームによって使用するフックは様々ですが、綺麗にセットしてあげる事を心掛けてください。
そうじゃないとワーム本来のアクションを活かす事が出来ませんよ!

針先はどうするのか?

良く考える事があると思うのですが、針先をワームの中に隠すか隠さないか。
それはワームによっても違いますでしょうし、釣りをするシチュエーションによっても変わってくると思います。
写真のバスアサシンシャッドに関しては針先を出した状態です。
針先をワームに隠す事によってより濃いブッシュの中にも入れる事が出来ます!
(針先を出した状態でもバスアサシンシャッドはいけますが。w)
もう一度皆さんが使用しているワームとそのフックについて見直してみてはいかがでしょうか?

人気の投稿