Translate

2018/08/11

ようやくまともなルアーが来た!

ルアーウェブショップからお届け物

ネットで注文しておいたある物が届きました!
ご存知の方も多いと思いますが、潮来釣具センター(ルアーウェブショップ)からです。
何が入ってるか気になりますか?
しょうがない、見せてあげますよ~。(笑)

大人気バズベイト

今までまともなバズベイトって正直自分の中でなかなか無かったんですよね…。
でも今回ようやくまともなバズベイトがDUOから発売されました!
レアリスM Lineシリーズのバズベイトです!
村田基さんが携わっているという事で超人気商品!
何処も売り切れ状態ですよ!
そんな中お店で入荷したという情報を聞いて直ぐにウェブで注文しました。
今後使ってブログでレビューでも書こうと思います。
釣れるかどうかは別にして…。(笑)

2018/08/10

梯子して買いました!

上州屋さんへ

いつもお世話になっている上州屋さんへ行ってきました。
そこで発見した物が…。
まあ、色々あったんですけど。(笑)
とある一つのルアーに魅かれてしまいました!
ただウエイトが1.8gです…。
そこに相方のエイルが、「2.7gが〇〇の上州屋さんに置いてあるみたいだよ!」との事!
それは行かねばー!との事で、まさかの上州屋さん梯子です。(笑)

別店舗の上州屋さんへ

車であれば梯子も出来る位置に住んでいるイシ―です。(笑)
見つけた!
レアリスのスモールラバージグ2.7g。
俗に言うスモラバですね!
勿論情報を掴んだエイルの分も購入し帰宅しました。
エイルさん素晴らしい嗅覚です!(笑)

2018/08/09

村田基さんが選んでくれた!

釣友から贈り物

釣友から贈り物を頂きました!
ウォーターランドのスレンダーシャッド6インチです!
このワーム大好きなんですよ!
過去に何度も釣らせてもらったワームの1つです!
釣友が潮来釣具センターから買ってきてくれました!
ありがとうございます!(人''▽`)☆

村田基さんセレクト!?

釣友いわく、「イシ―君にはこれかな~?」と言ってあの村田基さんが選んでくれたみたいです!
「はい!ずばりこれです!(笑)」
子供の頃からずぅ~っと憧れ続けてる基さんが選んでくれたならどんな物でもカモ―ン!щ(゚Д゚щ)ですよ!(笑)
村田基さんとは何度もお会いして何度も一緒に写真を撮ってもらったりサインを書いてもらったり。
時には「そんな事教えてくれちゃって良いんですか!?」って事も教えていただいてます!
やっぱり基さんへの憧れは一生続くだろうな~。(*´Д`)

2018/08/08

今後のビジョン

皆さんバスフィッシングでPEラインは使いますか?
イシ―はビッグベイトをやる時に使ってました!(過去形)
まだ使っていない3号のPEライン、パワープロZです。
この所ビッグベイトの釣り自体出番が少ないのでPEラインも使っていない状況です。

これからについて考えてみた

ビッグベイトの釣り自体が少ないとなると、ほぼナイロンラインだけで釣りをする事になります。
ちなみにフロロカーボンなんて使う訳がない!
ビッグベイトの釣りをしないのであればPEラインを使わないのか?
いえ、使おうと考えています。
今はまだタックル的に厳しいですが、スピニングタックルでPEラインを使ってみようと考えてます。
その為にはワールドシャウラの7フィート以上のロッドにパワー2クラス!
そうなると必然的にネイティブトラウトも出来る様になるかな?
おそらく来年以降になると思いますが、期待せずにブログを確認してみて下さい!(笑)

2018/08/07

18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(番外編)

各種パーツの違い

前回の記事『18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.3)』の続きになります。
今回は18アンタレスDC MD XGのパーツと16アンタレスDC HGのパーツの違いについてです。
まずは『ハンドル組』から見てみましょう。
左側が18アンタレスDC MD XGの『ハンドル組』。
右側が16アンタレスDC HGの『ハンドル組』。
ハンドルの長さが明らかに違います。
18アンタレスDC MD XGのハンドルは45mmです。
対して16アンタレスDC HGのハンドルは42mmになります。
またハンドル自体の厚み、クランクの仕方が違います。
当然ハンドルノブも全く違います。
次に『ハンドル固定ナット』です。
左側が18アンタレスDC MD XGの『ハンドル固定ナット』。
右側が16アンタレスDC HGの『ハンドルナット』。
サイズに違いはありません。
カラーが違います。
18アンタレスDC MD XGの『ハンドル固定ナット』はオールブラック。
16アンタレスDC HGの『ハンドルナット』はブラックベースにシルバー色が入っています。
次に『リテーナー』です。
左側が18アンタレスDC MD XGの『リテーナー』。
右側が16アンタレスDC HGの『リテーナー』。
明らかに形が違いますよね。
16アンタレスDC HGのハンドルを取り付ける際は『リテーナー』も16アンタレスDC HGの物が必須になります。
最後に『固定ボルト』です。
左側が18アンタレスDC MD XGの『固定ボルト』。
右側が16アンタレスDC HGの『固定ボルト』。
見ていただくとサイズが若干違います。
また18アンタレスDC MD XGはプラスネジですが。
16アンタレスDC HGはマイナスネジです。
16アンタレスDC HGのハンドルを取り付ける際は『固定ボルト』も16アンタレスDC HGの物が必須になります。

ハンドル交換を終えて

いかがでしたでしょうか?
(番外編)も含めると全4部に渡って記事を書かせていただきました。
注意事項としてハンドル交換に関しては自己責任で行って下さい。
また必ず慎重に作業を行って下さい。
焦って作業をしてしまうとリールやパーツに傷をつけたり、ネジ山をつぶしてしまう事があります。
ハンドル交換をして18アンタレスDC MD XGをワールドシャウラに装着した例です。
実際にご自分でハンドル交換をしたいという方は下記URLの記事を参考にしていただければ幸いです。
  1. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.1)
  2. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.2)
  3. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.3)

2018/08/06

18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.3)

事前準備

前回の記事『18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.2)』の続きになります。
今回はいよいよハンドルの交換作業です。
交換する前に準備しておく物を確認しましょう。
  • 18アンタレスDC MD XG本体
  • 1_固定ボルト
  • 2_リテーナー
  • 3_ハンドル固定ナット
  • 142_ハンドル組
また、工具類も準備します。
  • プラスドライバー(直径3mm)
  • マイナスドライバー(直径3mm
  • 10mm六角レンチ
以上3点の工具は必須になります。
必ず用意して下さい。
また、ドライバーに関しては細身のタイプ(直径3mm)を使用して下さい。
※プラスドライバーは直径3mm以上の物でもいけますが、マイナスドライバーは直径3mm以上のものは不可となります。
また18アンタレスDC MD XG本体のドラグは作業を行う前に必ず締めておきましょう。
準備が整いましたら作業を始めます。


45mmハンドルを外す

それでは18アンタレスDC MD XGに取り付けられているハンドルを外します。
プラスドライバーで『固定ボルト』を外します。
次に『リテーナー』を取り外すのですが、外しにくいです。
ですので、傷を付けない様に注意して『リテーナー』逆側からマイナスドライバーを使って押してあげて下さい。
『リテーナー』が外れたら、ドラグが十分締めてあるか再度確認してください。
※ドラグを締めておかないとドラグノブ等の部品が飛び出す恐れがあります。
その後六角レンチを使用して『ハンドル固定ナット』を取り外します。
これでハンドルを外す事が出来ました。

42mmハンドルを取り付ける

いよいよ購入したパーツを取り付けていきます。
16アンタレスDC HGの『ハンドル組』を取り付け、16アンタレスDC HGの『ハンドル固定ナット』を取り付けます。
『ハンドル固定ナット』を六角レンチを使って締めます。
※『ハンドル固定ナット』を締め付ける際、ネジ山をつぶさないように気を付けて下さい。
『ハンドル固定ナット』を十分に締め付けられたら16アンタレスDC HGの『リテーナー』を取り付け、マイナスドライバーで16アンタレスDC HGの『固定ボルト』を締めます。
※『固定ボルト』を締め付ける際、ネジ山をつぶさないように気を付けて下さい。
以上で18アンタレスDC MD XGに16アンタレスDC HGのハンドルを取り付ける事が出来ました。
では(番外編)に続きます。

2018/08/05

メーカーに踊らされていませんか?

判断基準はありますか?

ルアーを購入する時ってどういう基準で購入しますか?
人気があるルアーだから?
かっこいいルアーだから?
レアなルアーだから?
釣れると話題のルアーだから?
何も考えずにルアーを購入する事はまず無いと思うんです。
自身の中でそのルアーを選ぶ基準はしっかりあるのでしょうか?
まずは自分のルアーボックスを確認してみて下さい!
あれもこれも手を出してルアーボックスが色々なルアーで溢れている状況の人が殆どじゃないですか?
例えばA社のクランクベイトとB社のクランクベイト、C社のクランクベイト…。
一体どのメーカーのクランクベイトが自分の中で「コレだ!」と言えますか?
「コレだ!」と言える物がルアーボックスに無いなんて事ありませんか?
もしかするとそれってメーカーの掌で踊らされている可能性が高い気がします…。

自身の基準を見つける

近年インターネットが当たり前の世界になって、メーカー側も色々な手法でルアーの宣伝をします。
それは当然の事です。
例えば動画宣伝。
インターネットの普及で誰でもルアーの紹介動画等を閲覧できます。
色々な情報がある中でどれを信じれば良いと思いますか?
メーカー側は魚がバクッ!と食う瞬間の動画なんていくらでも作れますよ!
だって釣れる場所に行って撮影してたりするんですから。
自身が良く行くフィールドにそのルアーは本当に適しているのでしょうか?
まずはそういう事も考えなくてはならないのではないでしょうか?
適していると思うのであれば購入して実際に自分で試してみましょう。
自分で試さなきゃ自身の基準を見つける事は出来ませんし…。

基準を見つけたら幅を広げる

釣れなくとも「コレだ!」というルアーが見つかればそのルアーの幅を広げてみてはいかがでしょうか?
例えばA社のクランクベイトが良い。
そのA社のクランクベイトを潜るレンジ別で買い集めてみるとか。
SR、MR、DR等々。
更にカラーバリエーションも考慮して。
※写真にあくまで一例です。

最後に

ルアーを購入するにあたって人気度、かっこいい、レア度、釣れると話題となっている等の情報も確かに必要でしょう。
ルアーコレクションをしているというのもアリだと思います。
でも、最近?というか昔からです。
メーカーの良い標的になってしまっている人が多い気がします…。
本当に良い物とは何なのか?
それを見極める事が出来れば一番良いんですけれどね!

人気の投稿(過去30日間)