Translate

2018/08/18

ワールドシャウラの欲しかった番手が揃った!

欲しかった番手

今年(2018年)に発売したワールドシャウラのラインナップで自分が欲しいと思っていた番手(計5本)が全て揃いました!
バスを中心に考えて揃えたワールドシャウラになります。
ベイトロッド(計4本)。
  • 『15101F-3』
  • 『1651FF-3』
  • 『1652R-3』
  • 『1702R-2』
スピニングロッド(計1本)。
  • 『2651F-3』
値段が値段だけにここまで大変でしたが、なんとか揃える事が出来ました。
後は来年追加される番手に期待しています!

来年追加されたら要検討番手

「来年(2019年)はこの番手が追加されたら良いのにな~。」と考えている番手です。
ベイトロッド。
  • 『1703』
  • 『1754』
スピニングロッド。
  • 『2702』
  • 『2752』
計4番手が出たら要検討になります!
お願い!
出して下さい!(笑)

2018/08/17

実績のあるルアーを購入

いつもの上州屋さんへ

前回の記事でも書いたんですが、お買い物をしたと。(笑)
実績のあったルアーを求めて!
それがこちらです。
DUOのレアリススピン7gです。
5gだとどうしても飛距離が出ないので、今回は7gを購入しました。
やはり7gだとある程度飛距離が稼げて良い感じです!

レアリススピンの弱点

『簡単、投げて巻くだけ!』とある様に、まさにその通り!
投げて巻くだけです。
レアリススピンはテールに付いているブレードが魚に口を使わせてくれるルアーなんですが、このルアーには弱点があります…。
それは、リトリーブスピードがシビアであるという事。
ある一定のスピードで巻かないとルアー本体がまっすぐ来ず、ブレードが回っていなかったりします…。
またテールフックがブレードの穴に絡まり易いです…。
そして、ルアーを立木等に軽くぶつけたりするとブレードが付いているワイヤーも曲がります…。
当然ワイヤーを元の位置に戻してあげないときちんとブレードが回りません…。
もの凄く釣れるルアーなんですけど弱点もあるという事です…。

2018/08/16

お盆休み釣行

まず買い物に

今回は釣行前に釣具屋さんに寄ってきました。
実績のあったルアーを買い足す為です。
実績のあったルアーとは…?
購入した物は別記事でご紹介したいと思います!(笑)

いつものリザーバーへ

最近は早起きして釣りをしていたのですが、今回はまったりやっていこうと考えてました。
釣具屋さんに寄ってから釣り場に到着したので太陽がガンガン水面を照らしてます…。
ここ最近では気温が30℃を超える日も多かったので、まだマシな方です。
それでも開始時には既に29℃でしたが…。
開始してすぐにアタリが連発します!
うん…。
まあ、このサイズだよね…。
想定内!(笑)
DUOのレアリススピン7gです。
その後も子バスだけが釣れる状況…。
その中から少しでもサイズを上げる為にある程度水深のある立木エリアに入りました。

立木&水深がキーワード

立木があり、ある程度水深のあるエリアであればマシなサイズが来てくれます。
なんとかこのサイズ…。
ただこれでも30cm無いですね…。
釣れたルアーもレアリススピン7gと変わらないのですが、水深が深いという事もあってキャストしたら少し沈めてからリトリーブしてきます。
そうするとサイズが上がるという状況でした。
逆にトップウォータープラグを使うと子バスがアタックしてきます…。

夕マズメは野池へ

夕方は野池に移動しました。
あるルアーを試したくて!
シチュエーションによってルアーを変えていくってとても重要な事なんですが、あるルアーを通しても反応が無いのでワンキャストでレアリススピンに戻します。(笑)
するとすぐ反応が返ってきました。
田んぼを背景に夕陽に照らされるバス!(笑)
完全に見えてる魚です。
いとも簡単に食わせる事が出来ました。
35cm位?のバスに口を使わせる事も出来ましたがバレました…。
レアリススピンはフッキングし易いけど、バレやすいです…。
大抵バスを抜き上げるとポロッと外れます…。
今回は計9匹写真に収めましたけど、何匹ポロッとやったんだ?(笑)

2018/08/15

ハンドルを交換したアンタレスDC MD XGを使用

アクションへの貢献

18アンタレスDC MD XGの45mmハンドルを16アンタレスDC HGの42mmのハンドルに交換してから実釣してみました。
思った通りアクションを付け易いという結論が出ました。
ペンシルベイトやポッパー、ジャークベイト等、小刻みにジャーキングやトゥイッチングする際は本当に扱いやすいです!
2018年8月現在、ワールドシャウラのロッドラインナップで言えば『15101F-3』、『1600SS-3』、『1651FF-3』がベストマッチだと言えます。

感度への貢献

45mmハンドルから42mmハンドルになっている事によって、より感度が向上します。
18アンタレスDC MD XGはエクストラハイギアなので巻き物のルアーを使用するとそのルアーが動いている感触がとても判り易いです。
今まで45mmハンドルを使用して巻いていたルアーを42mmハンドルを使用して巻くと多少巻き感が重くなります。
ですが、その重くなる事がメリットなのです。
重くなる事でルアー動き、またそのルアーに起こる変化を感じ取る事が出来ます。
ただ、ある程度巻き抵抗が大きなルアーを使用する際は45mmハンドルの方がパワーがあるので良いです。

ハンドル交換まで

実際にハンドル交換をした過程をブログ記事にしてますので下記URLから記事を参考にして下さい。

  1. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.1)
  2. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.2)
  3. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.3)
  4. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(番外編)

2018/08/14

初心者にお勧めスピニングロッド

初心者に優しいイシ―がお勧め出来るスピニングロッドをご紹介させていただきます!(笑)
バスフィッシングをこれから始めたいという方にお勧め出来るスピニングロッドになります。
シマノのゾディアスです。
このロッドは実売約11,000円~13,000円位です。
※販売店によって値段は変わります。
そんなにお金を出せないという方はこれより安価な物を選んでいただいても結構です。
今のロッドは昔に比べるとかなり良くなってますから。
10,000円以下のロッドでもOKですよ。
出来れば5,000円以上は頑張って出してほしい所ですが…。

2ピースロッドを選択する

ロッドには継数が1本の物や2本の物、その他があります。
最初に始める1本としては継数が2本の2ピースロッドの購入を強くお勧めします。
何故ならば継数が1本のワンピースロッドですと持ち運びが大変不便です。
またパックロッドと言われる複数の継数があるロッドはお値段がとても高いモデルになってしまいます。
例えば264Lという型番と264L-2という型番があった場合『-2』という記載があれば2ピースロッドです。
ちなみに『/2』という記載も2ピースロッドの事を指します。

ロッド素材はカーボンの物を選択する

ロッドはカーボン素材で作られている物が一般的ですが、穂先がソリッドティップになっていたりグラス素材になっていたりする物もあります。
ソリッドティップやグラス素材を使用したロッドはどちらかというと釣りをかなりやり込んだ方が選択するロッドで、あまり汎用性がありません。
ですのでソリッドティップ『-S』という表記やグラス素材『-G』という表記がある物は選択しないで下さい。

ロッドの長さを選択する

ロッドの長さは6フィート代前半の物を選択しましょう。
何故6フィート代前半の物が良いのかと言いますとバーサタイル(汎用的)に使えるロッドであると言えるからです。
ここでシマノのスピニングロッド、ゾディアスのラインナップを見てみましょう。
2018年8月現在、6フィート代のラインナップを取り上げてみました。
  • 260ML-G
  • 264UL-S
  • 264UL
  • 264L
  • 264ML
  • 268L
  • 268ML
  • 268M
  • 264UL-S/2
  • 264UL-2
  • 264L-2
  • 264ML-2
  • 268L-2
  • 268ML-2
ちょっと数が多すぎて混乱してしまいますよね…。
最初の数字が『2』だとスピニングロッドという事になります。
ベイトロッドだと『1』という表記です。
全て最初の数字が『2』のスピニングロッドを抜粋しています。
『2』の後に続く数字2桁がロッドの長さを表しています。
※数字3桁の場合もあります。
つまりスピニングロッドで且つ、6フィート代のロッドという事になります。
さらにこれらのラインナップから前述したツーピースロッド『-2』or『/2』の表記の物を選択します。
  • 260ML-G
  • 264UL-S
  • 264UL
  • 264L
  • 264ML
  • 268L
  • 268ML
  • 268M
  • 264UL-S/2
  • 264UL-2
  • 264L-2
  • 264ML-2
  • 268L-2
  • 268ML-2
大分絞られましたね。
さらに前述した通りソリッドティップ『-S』の表記やグラス素材『-G』の表記の物は選択しません。
  • 260ML-G
  • 264UL-S
  • 264UL
  • 264L
  • 264ML
  • 268L
  • 268ML
  • 268M
  • 264UL-S/2
  • 264UL-2
  • 264L-2
  • 264ML-2
  • 268L-2
  • 268ML-2
これで選択肢は5つまで絞られました。
ここから更に選択しなければなりません。
ここでも前述した通り6フィート代前半の物を選択します。
最初の数字『2』の後の数字2桁は『64』もしくは、『68』となります。
『64』という表記が6フィート4インチ(193cm)、『68』という表記が6フィート8インチ(203cm)です。
これからバスフィッシングを始める方に『68』という長さのロッドは少し長い気がします。
6フィート代前半、つまり『64』の表記の物を選択します。
  • 260ML-G
  • 264UL-S
  • 264UL
  • 264L
  • 264ML
  • 268L
  • 268ML
  • 268M
  • 264UL-S/2
  • 264UL-2
  • 264L-2
  • 264ML-2
  • 268L-2
  • 268ML-2
とうとう3つまで選択肢を絞る事が出来ました。

ロッドの硬さを選択する

後はロッドの硬さになります。
ロッドの表記を見ていただくとロッドの長さの表記『64』の後に『UL』、『L』、『ML』とあります。
『UL』はウルトラライト。
『L』はライト。
『ML』はミディアムライト。
単純に『UL』(柔らかい)~『L』(普通)~『ML』(硬い)と考えていただければ良いです。
ここでは汎用性のある『L』を選択しましょう。
自ずと選択肢は1つに絞られます。
  • 260ML-G
  • 264UL-S
  • 264UL
  • 264L
  • 264ML
  • 268L
  • 268ML
  • 268M
  • 264UL-S/2
  • 264UL-2
  • 264L-2
  • 264ML-2
  • 268L-2
  • 268ML-2
264L-2が残りましたね。
あくまでもお勧めの1本という事で264L-2になりましたが、このロッドを基軸として考えていただければ良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
他にはテーパーと言ってロッドの曲がり方がありますが良く分からないという方はシマノのスピニングロッドで且つ5,000円~13,000円程度のお値段。
そして6フィート~6フィート4インチで2ピースという番手を中心に考えていただければ良いと思います。

2018/08/13

羽鳥湖でバスフィッシング!

初めての羽鳥湖

今回はイシ―初フィールドとなる福島県の羽鳥湖へ行ってきました!
かなり近くに住んでいながら一度も行った事がなかった…。
だから今回訪れたんです!(笑)
もちろん朝早くから出動!
ちょうど台風が通り過ぎた次の日の釣行で多少風もあり気温も低く、過ごし易かったです。
ちなみに羽鳥湖はこんな感じ。
この素晴らしい景色!
ヤバくないですか!?
でも初めてのフィールドって難しいんですよね…。
それは重々承知の上での釣行です…。
しかもかなり減水した状態…。

記念すべき羽鳥湖初フィッシュ

ネットや釣具屋さんから情報収集をした上で、とりあえず桟橋があるエリアからスタートしました。
まずはこの時期お決まりの様にトップから始めます。
水面がガバガバと魚の気配があるのに全然ルアーには反応無しです…。
更に減水してるので絶壁だらけ…。
移動するのも一苦労ですが、少し下のエリアに下ってみました。
とりあえずレアリススピンベイトを投げてみます。
するとアタリが!
羽鳥湖初フィーッシュ!
そうなんです。
羽鳥湖はスモールマウスバスなんですよ!
ルアーはDUOのレアリススピンベイト80。
ちなみにイシ―はラージマウスバスばかり追い求めてた為スモールマウスバス自体が初めてです!(笑)
小さいけど嬉しい1匹!
スモールはラージと比べると引きが違いますね~。
かなり力強いです!
しかしレアリススピンベイトではその後が続かず…。

レアリススピン爆発!

そこで頂いたルアー、レアリススピンにチェンジ。
小さいけどキター!
DUOのレアリススピン5gです。
相方エイルも同じルアーで釣りあげますが、写真撮影前に逃げていきました…。(笑)
その後も子バスがちょこちょこ掛かります。
こんなのとか…。
小さすぎー!(笑)
でもスモールの綺麗さにウットリ~。

その時は突然!

小さいのを釣りながら?
というか回遊待ちが良いと聞いていたのでひたすら同じポイントでレアリススピンをキャストし続けます。
すると明確なアタリが!
ステラのドラグが唸る!
慎重に魚を引き寄せます。
ゲット~!
魚の引きが強いので思わずデカイと思ったのですが、普通サイズです。(笑)
34.5cm位ですかね?
ムッキムキのスモールです!
これは素直に嬉しかった!(笑)

子バス祭り継続

その後も丹念にリトリーブしてくると何とか子バスが来てくれます!
スモールって綺麗ですね~。(笑)
こうやって子バスを釣っていると少し良いサイズも混ざってきます。
ちょっとだけ良いサイズ。
31cm位ですけどね。(笑)

お昼は道の駅

肝心?の昼食なんですが、近くに道の駅があります。
釣り場の近くにこういうスポットがあるなんて素晴らしい!
ひゃっこい蕎麦。
これマジでおいしいですよ!
麺がシコシコツルン!です。(笑)
天ぷらも揚げたて!
そしてエイルちゃんはデザートにヤーコンソフトクリーム。
羽鳥湖に行った際は是非道の駅に行ってみて下さい!

風が止んだ午後

さて、午後になり釣りを再開したんですけれども午前中と同じエリアに入ります。
午前中吹いていた風は止み、厳しい状況に…。
そんな中相方エイルが。
やっと写真に収める事が出来ました!
おめでとう!
ちなみにイシ―は10匹程の釣果でした~。

羽鳥湖で釣りをする際の注意点

羽鳥湖で釣りをするには遊漁券が必要です。
監視員さんが見回りをしてますので釣りをしている最中に見せなければなりません。
上州屋白河店にて1,050円で1日遊漁券を購入できます。
釣りをする際は必ず購入して下さい!
遊漁券を持たない方は密猟者扱いになり、罰金もしくは刑事事件になるそうですよ…。
これは羽鳥湖で遊ばせてもらっているという感謝の気持ちで購入して下さい!
釣り人ならルールを守って気持ち良く釣りをしましょう!

2018/08/12

初心者にお勧めスピニングリール

お勧めスピニングリール

初心者に優しいイシ―がお勧め出来るスピニングリールをご紹介させていただきます!(笑)
バスフィッシングをこれから始めたいという方にお勧め出来るスピニングリールになります。
シマノのアルテグラです。
このリールは実売約11,000円~13,000円位です。
※販売店によって値段は変わります。
そんなにお金を出せないという方はこれより安価な物を選んでいただいても結構です。
今のリールは昔に比べるとかなり良くなってますから。
10,000円以下のリールでもOKですよ。
出来れば5,000円以上は頑張って出してほしい所ですが…。

番手を選択する

スピニングリールには番手(簡単に言うとリールの大きさ)があります。
メーカーによってバラつきがありますが、シマノというメーカーのスピニングリールでバスフィッシングを始めたいと言うのであれば2500番がベストマッチです。
手が小さいお子様や女性の方であればC2500番でも良いと思います。
ちなみに『C』はコンパクトという意味なのでリール本体が少し小さくなります。
最初のリールは2500番、もしくはC2500番を選択して下さい。
※ある程度値段がお高いモデルにC2500番があります。

番手で確認すべき所

簡単に言ってしまえば2500番(もしくはC2500)を購入していただければ良いのですが、
ここでシマノのスピニングリール、アルテグラのラインナップを見てみましょう。
  • 2500
  • 2500S
  • 2500HGS
2018年8月現在、2500番でラインナップされているだけでも3機種あります。
正直どれを購入して良いか分からないですよね。
まず『S』という記載が無い物は選択しないで下さい。
ライン(糸)を沢山巻かなくてはいけないので。
  • 2500
  • 2500S
  • 2500HGS
こうなると残る選択肢は2500Sか2500HGSになります。
この2機種の違いとしては『HG』という記載があるかどうかですよね。
出来れば『HG』という記載がある物をお勧めします。
『HG』とはハイギアの意味です。
何故『HG』が良いのかと言うと…、長くなりますので気になる方は下記URLから別記事を参照してください。(笑)
何故『HG』が良いのか?↓
最終的にこうなります。
  • 2500
  • 2500S
  • 2500HGS
2500HGSが残りましたね。
選択肢としては2500HGS、もしくはC2500HGSのどちらかです。
アルテグラであれば『C』という記載がある物は存在しないので必然的に2500HGSの一択となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
細かい事は多々ありますが良く分からないという方はシマノのスピニングリールで且つ5,000円~13,000円程度のお値段。
そして2500HGSという番手を選択していただければ良いと思います。

人気の投稿