Translate

2018/12/13

来るか!?新型カルカッタコンクエストDC!

SNS上で噂が広がる

皆さんお待ちかね、2019年新製品であろうリールの画像がSNS上で広まっています!
それが下記写真です!
『カルカッタコンクエストDC 200』の画像であるというのは容易にわかります。
でもこれが何故新型と言えるのかを少し考えてみたいと思います。

リールの形やハンドルノブキャップ

まず第一にリールの形です。
2014年に発売されたアナログブレーキ(SVSインフィニティ)のカルカッタコンクエストと形がほぼ同じです。
という事は2014年に発売されたカルカッタコンクエストをベースにDCブレーキシステムが搭載されているのではないでしょうか?
次にハンドルノブに取り付けられているハンドルノブキャップです。
最近のシマノのベイトリールに取り付けられているハンドルノブキャップは丸い形の物になります。
前回、2009年に発売されたカルカッタコンクエストDCのハンドルノブキャップとは明らかに形が違います。
これらから、恐らく2019年に『カルカッタコンクエストDC』が発売になるのではないでしょうか?

気になるDCブレーキ

DCブレーキシステムは一体どのようなものが採用されるのかも気になりますよね!
一番最初の写真を見る限り、メカニカルブレーキノブがリールの外側に配置されています。
16アンタレスDC、18アンタレスDC MDと同様の『4☓8DCブレーキ(MD TUNE)』を採用しているのであれば、メカニカルブレーキはリール内部に配置されているはずです。
という事は今後発売されるであろう『カルカッタコンクエストDC』には全く新しいDCブレーキシステムが採用されている事が予想されます。

ハイギアモデル、大きいサイズはまだ先か?

ちなみに2014年に発売されたカルカッタコンクエストのハイギアモデルが加わったのは、1年後の2015年になります。
2019年に『カルカッタコンクエストDC』が発売するのであればハイギアモデルや大きいサイズの300番や400番は2020年に発売?
という事になるのでしょうか?
まだ謎な部分が多々ありますが2019年、かなり期待出来ると思います!

2018/12/10

アンタレスDCの不具合?

ブログ内での検索キーワード

ブログをいつも見ていただきありがとうございます。
2019年の新製品情報が知りたくてこのブログに飛んでくる方が多い中、実は少し気になる検索キーワードがありました。
下記写真をご覧下さい。
これは週単位で見た検索キーワードのページビューの一覧になります。
気になった所が、赤線で囲まれた項目『16アンタレスdc 不具合』というものです。
4件のページビューがありました。
月単位で見ると5件の同キーワードが検索されている事が分かりました。
気になっている方の為に『16アンタレスdc 不具合』についてお話したいと思います。

16アンタレスDCは不要!

ずばり言ってしまうと、イシーは『16アンタレスDC』を所持していません!
何故かというと以前ブログ記事でその理由を書いています。
アンタレスDC MD XG推奨』という記事です。
気になる方はこの記事をご覧ください。
記事を読んでいただくと分かる通り『18アンタレスDC MD XG』がある現在、『16アンタレスDC』はイシーにとって全く必要ありません!
なのでイシーは『18アンタレスDC MD XG』を3台所持しています。

18アンタレスDC MD XGの不具合

では今年2018年、『18アンタレスDC MD XG』を使い続けて不具合はあったのか?という所ですが、全く不具合はありません!
しいて言うのであれば釣りをしていてオイルが切れたということはありました。
明らかにいつもと違う音を発していたので。
でもベイトリールを使用していてオイルが切れるなんて事はごく普通の事ですよね!
なのでオイルを注油する位の事はしました。
その事も『アンタレスDC MD XGにオイルを注油する』というブログ記事を書いていますので是非ご覧になって下さい。
という事で『16アンタレスdc 不具合』と検索している暇があったら、さっさと16アンタレスDCを手放して18アンタレスDC MD XGの購入を強く推奨致します!(笑)

人気の投稿