Translate

2019/12/31

2020年に向けて大量に買い物(Part.2)

大量に買い物の続き

前回のブログ記事『2020年に向けて大量に買い物(Part.1)』の続き、(Part.2)になります。
一応今年最後のブログ記事という事になります。
が、しかし!
まだ、新製品の情報を出し切っていませんよね?
このブログ記事を最後まで読んでいただけたら新製品の事について少しお話しようと思います。
それでは、2020年に向けて最後のブログ記事スタートです!

買い物3

2020年の釣りに向けて色々考える中、やっぱり渓流の解禁日に向けて色々考えるわけですよ。
(Part.1)で少し触れましたが、ロッドを予約済みと。
何のロッドを予約したのかというと、カーディフ ネイティブスペシャルです。
買うべきか否か、迷った結果。
やっぱり新しいタックルを使い、新しい気持ちで釣りをしたいなと。
一応2月末にはロッドが届く予定となってます。
そして、ルアーも購入しました。
DUOのSPEARHEAD、RYUKI50Sです。
カラーも沢山あるルアーなので、どんな色が良いか悩んだんですけど、『ヒメマス』というカラーと『グリーンゴールドOB』というカラーに決めました。
これ意外にもRYUKIシリーズは所持しているので、またカラーが増えたって感じですね。
ちなみに、他にもルアーを購入したのですが、まだ届かないんです…。
届いたらまたご紹介致します。
その他には。
(Part.1)に続き、またフック!(笑)
でも、フックってストックを持っておかないと駄目ですよ〜。
オーナー、カルティバのST-26TNの#12を2つ、#14を1つ購入です。
もう2020年の渓流釣りはこのフックオンリーで行こうかと!
ちなみに新しく購入したルアーで、全く使用していなくても全てこのフックにチェンジです。
そして、2020年に向けてというか、今も絶賛進行中のエリアフィッシング。
その為にもこれらを購入です。
サンヨーナイロン、アプロードのZO6。
4lb+αの300m巻きを3つ、5lb+αの300m巻きを1つ購入です。
エリアフィッシングって本当にお金の掛かる釣りですよね…。
ラインは1日使ったらヨレヨレになってますから、かならず次の釣行の際は新しく巻き替えてます。
そうしないとトラブルばかりで釣りになりませんからね…。
あっ!
 (Part.2)は意外とアッサリ終わりましたね!(笑)

2020年新製品情報について

最後までこのブログ記事を読んで下さり、ありがとうございます。
実はイシー、2020年の新製品情報について大体の事は知ってます!(笑)
あのリールがモデルチェンジするとか、あのロッドのあの番手が出るとか。
もうブログ内でいくつか出しておりますが、出したくても出せない物もあるんです…。
申し訳ありません…。
ですので、新製品情報を出せるというタイミングになったら【速報】という形でいきなりブログ記事をアップします!
新製品情報のブログ記事も実は既に書いてあるので、公開ボタンを押せば良いだけの状態になってます。
ですので、いつ新製品情報がアップされるか分かりませんのでお見逃しなく!(笑)
それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。

2019/12/30

2020年に向けて大量に買い物(Part.1)

2019年が終わる

2019年も残りわずかとなりました。
2019年、皆さんはどの様な年でしたでしょうか。
イシーはほとんどバスフィッシングばかりやっていた年でした。
2020年はバスフィッシングもやりつつ別の釣りも頑張らないといけないな〜と思いまして、大分前から動き出しています。
動き出しているというのは基本的にタックルの準備です。
何日かに分けて釣具を購入しています。
という事で、イシーの散財の様子をご覧下さい。(笑)

買い物1

2020年はネイティブトラウト用のロッドが新しく発売されます。
当然予約済みなんですが、その他の物をまずは購入しました。
という事で、買い物1日目です。
これはスミスのウッドラバーネットです。
このラバーネット、凄く人気の商品みたいなんですよね。
やっぱり、ウッド製という所に魅かれます
あまり知らない様なメーカーのウッド製ランディングネットはすぐ買える状態なんですが、このスミスのランディングネットは中々売っていないんです…。
後は、ラバーネットという所が重要なポイントですかね〜。
ランディングネットを買ったら、この商品も必要だろうと。
コーモランのマグネットリリーサーです。
後々、中禅寺湖とかでも使える様にと、磁力が強力なストロングタイプを買いました。
釣り中にずっとランディングネットを手で持っているわけにもいかないですから…。
このマグネットリリーサーにランディングネットを取り付けて、魚を取り込む際にランディングネットをササッとスマートに取り出して魚を取り込む。
そして、スマートにランディングネットを戻すと。
このマグネットリリーサー の磁力は本当強力なので、下手すると怪我します…。
イシーは手の皮を挟み、痛い思いをしてしまいました…。
そして、魚を取り込んだ後、フックを外すのにいつもプライヤーを使っていたのですが、渓流釣りではこれの方が良さそうだな〜と思い購入しました。
コーモランのフォーセップ5インチです。
これ、フォーセップって言うんですね〜。w
初めて知りました。(笑)
正直プライヤーがあるからいらないだろうと思っていたのですが、後数百円分お買い物をすれば千円割引されるので買いました。(笑)
渓流用のフックにはこれの方が良いのかな〜?
良く分からないですが…。
これもスマートにフックを外す為に購入です。
そして、イシーが何故ラバー製のランディングネットを購入したのか?
答えはこちらです。
え〜と…、フック沢山!(笑)
オーナー、カルティバのST-26TNの#10を1つ、#12を4つ、#14を2つ購入です。
今まで渓流釣りではシングルフックのバーブレスを使用していました。
ですが、あまりにもノリが悪いので、持ってるルアー全てこのトリプルフックに変えようという魂胆です。
フックは少し細軸です。
何故なら、太すぎると魚にしっかりフッキングしない事があると感じたからです…。
バスフィッシングの様に思いっきりフッキングするなんて事は無いですから。(笑)
トリプルフックで、しかもカエシ付きという事でラバー製のランディングネットじゃないとランディングネットにフックが絡まって大変なんです…。
これで全てが繋がりましたよね!
2020年は渓流釣りも頑張りますよ〜!

買い物2

買い物2日目です。
これはエリアフィッシングで使う為に購入しました。
ウォーターランドのスーパースナップ#1です。
最近はアルミん等肉厚のスプーンを使う事が多く、更にはミノーイングもやる為、この#1を多用してます。
消耗品なので、当然まとめて3パック購入ですよ!w
そしてお次は。
警棒です。(笑)
嘘!w
これはウォーターランドのラバーネット、ナナマルスッポリネット用のアシストグリップです。
これは普段エリアフィッシングで使用しているウォーターランドのナナマルスッポリネットのグリップが短かくなるネイティブ用ショートスティックです。
何故こんな物を購入したのかと言うと、中禅寺湖での釣りを視野に入れてる為です。
ベテランの方だと、ウッド製の何万円もするランディングネットを使っていてカッコイイのですが、イシーは流石にランディングネットにそこまでお金を掛けられない…。
という事で思いついたのが、今あるランディングネットを使えば良いじゃん!という結論。
まあ、中禅寺湖デビューがいつになるかは不明ですが、とりあえず買っておいたかんじです。(笑)
そして、メインのバスフィッシングの物も買いましたよ〜。
いや、買ってないな…。(笑)
メルカリのキャンペーンで?何故か1,000P貰えたんですよね。w
「ポイントの有効期限が迫ってきてます。」的な通知が来たので、千円で買える物を物色してました。
そして、見つけたものは。
DUOのレアリスジャークベイト85SP(新品)がなんと900円で売られていました。
これは発売された時に買いたかった物なので、ポイントで購入!w
それでも100P余ってる〜。(笑)
これ、スピニングタックルで使いたかったんですよね〜。
まだレアリスジャークベイト85SPはこのカラーしか無いので、他のカラーも追加する予定でいます。

2部構成にさせて下さい!

このブログ記事、大分長くなってしまいました…。
実はまだ買った物があるんです。
更にはまだ届いていない物も…。
という事でブログ記事を2部構成にさせて下さい!w
いや、3部構成になるかも…。(笑)
とりあえず(Part.1)はここまで!

2019/12/29

2020年SLX DCが日本でも発売!?

海外で発売されているリールが!?

既に日本で発売となっている『SLX MGL』。
海外では『SLX』、『SLX XT』、『SLX DC』の3タイプが既に発売されています。
その中で、『SLX DC』が日本でも発売になる事が濃厚となりました。
コストパフォーマンスに優れたSLXシリーズですが、DCブレーキを搭載した『SLX DC』が日本で発売となれば、思わず手に取ってしまう方も多々いるのではないでしょうか?

スペック

日本で発売される『SLX DC』のスペックはまだハッキリしていませんが、おそらく海外版の『SLX DC』と同じになるのではないかと思います。
下記が『SLX DC』海外版のスペック表になります。
皆さんが一番気になる部分としては、DCブレーキシステムかと思います。
海外版『SLX DC』にはI-DC4のDCブレーキシステムが搭載されています。
日本で発売となる『SLX DC』には別のDCブレーキシステムが搭載されるのか?
海外版と同じくI-DC4なのか?
その辺はシマノの正式発表を待ちましょう!

ラインナップ

これもあくまで予想でしかないのですが、『SLX DC』のラインナップはライトハンドルモデルとレフトハンドルモデルのノーマルギア、ハイギア、エキストラハイギアの計6タイプが発売されると思われます。
日本で既に発売されている『SLX MGL』同様、スプール径32mm、スプール幅23mmなのではないかと。
『SLX MGL』にDCブレーキシステムが搭載されたと思えば簡単ですね。
ただ、MGLスプール(マグナムライトスプール)の搭載は微妙な所ですが…。
ちなみにこの『SLX DC』ですが、既に購入可能です。
実はAmazonで並行輸入品として販売されているんです。
気になる方は是非Amazonをご覧下さい!
まだまだ2020年の新製品情報が気になるかと思いますが、情報が入り次第このブログ上でお伝えしたいと思います。

2019/12/28

2020年カルカッタコンクエストDCに追加機種!?

ローギアモデルしか無い現在

2019年12月現在ではカルカッタコンクエストDC200と201、ギア比4.8のモデルしか発売されていません。
しかし、2020年に追加されるであろうと噂されているカルカッタコンクエストDC。
ハイギアモデルが発売になりそうかな?
イシーはハイギアモデルが好きななので、もし2020年にカルカッタコンクエストDCのハイギアモデルが出てくれたら嬉しいです!
発売されるとしたら200DC HGと201DC HGのギア比6.2かと思われます。
カルカッタコンクエストDCにXG(エキストラハイギア)モデルは無い様な気がするんだけど、出るというのも噂になってるのが事実です。
XG(エキストラハイギア)モデルが出たら即買いレベルだな〜。(笑)

100・101も追加?

そして、カルカッタコンクエストシリーズと言えば、200と201よりも小さいモデルの100と101も追加の可能性があります。
100と101のノーマルモデルはギア比5.2。
100HGと101HGのハイギアモデルはギア比6.8。
アナログブレーキ(SVSインフィニティ)のカルカッタコンクエストシリーズも徐々にラインナップが増えていきましたので、カルカッタコンクエストDCシリーズも同じ様な展開になっていくのではないかと思います。

ブレーキシステムの変更は無し

カルカッタコンクエストDCにはW(ウインド)モードがあるI-DC5というDCブレーキが搭載されていますが、流石にブレーキシステムの変更は無いかと思います…。
I-DC5とはいえ、DCブレーキを搭載していますから。
それはもう、使っていて快適なリールである事に間違いは無いでしょう!

最後に

一応噂とは言っても、釣具屋さん等がお客さんに新製品の情報を喋ってしまうパターンがある様です…。
なので、この間書いたブログ記事『2020年ツインパワーがモデルチェンジ!?』も…。
あまり深くは言えませんが、カルカッタコンクエストDCシリーズにラインナップが増えると期待しましょう!
カッチリしたボディにハイギアモデルとか最高だな〜。
まだまだ新製品はあるはずなので…。
というかあるので。(笑)
情報が入り次第このブログ上で皆さんにお伝えしていきたいと思います!

2019/12/27

ハプニング有りの激ムズ釣行(写真多め)

平日やクリスマスなんて関係ない!

今回も行ってきました!
白河フォレストスプリングスへ。
気温がとうとうマイナスの時期になってきました…。
マジで寒い…。
しかも、この時間に着いても先行者が2組…。
今日平日よ…?
しかもクリスマスよ…?
白河フォレストスプリングスに来るお客さんはそんな事関係無い強者揃いです!(笑)
では今回のタックルをご紹介します。
  • ロッド:ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2/F
  • リール:ステラC2000SHG
  • ライン:ZO6 4lb+α

  • ロッド:ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD
  • リール:ステラC2500SXG
  • ライン:ZO6 5lb+α
S66UL-2/Fでスプーニングを。
S66L-2/MDでミノーイングを。
という形が出来上がってきました。

調子が良いと思ったが…

当然インレット付近は先行者様がいるので入れず、いつもの様にサードポンドのインレット対岸に入りました。
最初に投げるのはいつものアルミん5gです。
これでその日の状況が分かる感じですね。
1投目からヒットです!
バレましたが、今日の調子は良さそう!
と思ったのですが、それ以降魚の反応は無く…。
開始から1時間程してようやく。
なんとか1匹目が釣れました〜。
ルアーはウォーターランドのアルミん4.3g、グリーン/パワーグローです。
このカラーも中々良いんですよ〜!
というかこの落ち葉地獄なんとかしてくれ…。
ルアーが落ち葉を拾って釣りにならない…。

ハプニング発生!

釣れない時間が続きます…。
そして、突然!
ドーン!と大きな音が鳴り響きました。
ん?
何が起きたんだ?
イシーが釣りしている対岸(インレット)を見ると、慌てている人達が…。
何と釣具が流されています…。
実は…。
赤丸で囲まれている岩が突然崩れたみたいです…。
その上に釣具を置いていたらしく、釣具が流されてしまったんです…。
釣具(グローブ)がイシーの元へと近づいてきたので、ルアーを投げて取ってあげました。
なんと別の方は流されたフライタックル(ロッドとリール)を拾ってあげてました。
釣具が流されてしまった方がお礼に。
コーヒーを買ってきてくださいました。
それより岩が転がって怪我が無くて何よりです…。
ただ、岩が転がった事によりインレットの流れ方がいつもと変化してしまいました…。

何とか絞り出す…

ハプニングがありましたが、とりあえず釣りを再開します。
でも本当に釣れない…。
魚のレンジもいつもより深いみたいですし…。
最近本当に寒いから魚がいる水深も変わった様です…。
少しスプーンのレンジを落とします。
小さいロックサーモンです。
ルアーはウォーターランドのアルミん5g、グレーカモです。
ルアーを少し沈めてゆっくり巻いたら食ってきました。
風もあったのでアルミんをキャストするのは中々厳しい状況です…。
そして。
岸際にルアーが。
イシーはルアーを拾った!(笑)
そんな事より、マジで釣れないよ…。
寒いし、久しぶりに心から帰りたいと思ってしまった…。
こういう時って釣りが雑になりがちなんですよね…。
とりあえずスモーキングエリアで一服。
風がこちら側に向かって吹いているのが分かりますでしょうか?

夕マズメに掛ける!

一応ミノーに多々チェイスがあるんですが、中々フックまで咥えてくれないんです…。
少し深いレンジを探れるスプーンにチェンジして、魚を掛けてもバラすし…。
かなり厳しい…。
そうこうしている内に夕マズメに…。
夕方になるとタナが少しは上がったみたいで、軽くアタりはあります。
しかし、全然フックに掛かる様なアタりではない…。
こうなったら奥の手!
インレット近辺まで向かい、甘い蜜を吸わせてもらおう作戦!w
すると1投目で。
インレットはやっぱり何処の管理釣り場でも釣れますね〜。
でも、白河フォレストスプリングスのインレットに入るのは相当大変なんですよ…。
その位人気のエリアって事です。
大好きなシマノのスリムスイマー5g、レッドシルバーです。
やっぱり夕マズメはこのルアーで、このカラーなんですよ!
と言っても、インレットへキャストしたから釣れた様なもんですけど…。
そして、また。
岸際にルアーが。
イシーはルアー2個目を拾った!(笑)
これはプレゼ○○企画の品が増えていきますね〜。w
という事で激ムズ釣行はこれで終わりです…。
マジで厳しすぎるよ…。

2019/12/26

本当に欲しい物を手に入れる為に

メリークリスマス!

皆さん、メリークリスマス!
あっ!
クリスマスは昨日か…!?(笑)
クリスマスという事で勿論サンタさんからプレゼントは届きましたよね?
何…!?
届いていない…!?
そんな、あなた!
まさか、自分で欲しい釣具を買おうとしてませんか…?
実はそれ…。
正解です!(笑)
ただ、買い方っていうものを心得とかないと、本当に欲しい物は手に入りませんよ!
最近お金の使い方を間違っている人が多い様なので、ブログ記事にしてみました。(笑)

釣具屋さんの福袋

この時期になると良く釣具屋さんで見かける福袋ですが、あなたは購入しましたか?
えっ…!?
買ってない…!?
正解です!(笑)
ちなみにイシーは福袋なんて絶対に買いません!
それは何故か?
真の目的の物ではない』から。
福袋の中にあなたが心から欲しいと思っているロッドやリール、まず入ってませんよね?
福袋の袋が空いていて、欲しい物が入っているのが確認出来るというパターンもあるでしょうけど。w
それは福袋と呼べるのか謎ですが…。(笑)
「でも心から欲しいと思っていたルアーは入っているかもしれない!」と思っている方。
アホか!w
それはもう賭けでしょ…!
これはあくまでも例ですが、あなたはジャークソニックが欲しいとします。
福袋の中にジャークソニックが1本入ってました!
ヤッター!
ってなる?w
ジャークソニックにもカラー、サイズが色々ありますよね?
本当はジャークソニック110の○○色が欲しかった。
でも入っていたのはジャークソニック90の××色だった。
「まあ、ジャークソニックだし良いか!」ってなる!?
ならないでしょ!
あくまで『真の目的』はジャークソニック110の○○色なんです。
もうその時点で妥協となります。
「他にもルアーが入ってるし!」って思う方、それは欲しいと思っていましたか?
多少欲しかったでは、『真の目的』ではありませんよ!
それも妥協なんです。
ましてや、全く欲しくなかったルアーも入っているでしょう。
それにルアーにはサイズ、ウエイト、カラーが沢山あります。
その中で『真の目的』の物を手に入れようなんて考えは甘すぎです!
福袋というのは確かにお安く釣具が購入出来るでしょう。
でも福袋というのは釣具屋さんで売れなくなった商品が大半を占めます。
多少は売れてる物も入れるでしょうけど…。
とある記事に書いてあったのですが、『福袋は中身が分からない高揚感を味わう為の物』との事。
確かに!
福袋の醍醐味は、期待を込めて買うワクワク感です。
なので、あなたの『真の目的』はほぼ達成されずに終わります…。
つまり高揚感を得る為にお金を使ったという事です…。

絶対に妥協しないという心構え

イシーが心掛けている事、それは『釣具には絶対に妥協しない!』という事です。
特にロッド、リールに関しては妥協は許されません!
自分が「これじゃないと嫌だ!」と心から思っている物しか買いません。
なので下記写真の様になるんですよ!
ロッドは全てワールドシャウラ 。
リールはステラ、アンタレス等。
これらはあくまでバスフィッシングの為の物ですが、「これじゃないと嫌だ!」と思ったからこうなったんです。
例えば、18アンタレスDC MD XGが人気で買えない時期がありましたよね?
でもイシーは大分早い段階で3台買いました。
しかもかなりお安い値段で。(笑)
その18アンタレスDC MD XGが買えない時期に、「じゃあ違うリールにしよう!」とか考えちゃうのがまず間違え。
18アンタレスDC MD XGが欲しいと心から思ったのなら、その気持ちを貫き通さないと!
別に限定の物でもないんだし、メーカーは量産してるんだし、買えなければ待つ事も覚えなきゃ…。
イシーは19カルカッタコンクエストDCが出た時も欲しいとは思いましたが、「ローギアだけど良いか〜。」とは全く思いませんでしたよ!
あくまでも「カルカッタコンクエストDCのハイギアモデルが欲しいんだ!」と。
なので、買ってないんです。
今買ってしまったらローギアのカルカッタコンクエストDCを買って、妥協した事になるから…。
全ては妥協から無駄にお金を使う事になるんです!
無駄にお金を使ってしまったせいで、結局『真の目的』の物が高くて買えないという負のスパイラルに陥ります…。
勿論ルアーに関しても同じで、このサイズ、このウエイト、このカラーが欲しい!と思った物しか買いません。

常にアンテナを張っておく!

ちなみに高い釣具でも出来る限りお安く購入したいと思いませんか?
誰しも安く購入したいと思いますよね!
これは当たり前の事なんですけど、全然アンテナを張っていない人が殆どです…。
何故高い値段で釣具を買ってしまう人がいるのでしょうか?
それは「今なら在庫あります!」とか、「後もう少しで売り切れです!」という言葉…。
これは釣具屋さんの立場からしたら、そう言うでしょう。
でもそれに乗っかってしまい、高い値段で釣具を買ってしまう残念な方が多数いるんですよね…。
本来ならもっと安く買えるのに…。
常にアンテナを張っていないと釣具を安く購入する事は出来ませんよ…。
更に言わせてもらうと、今はICT(Information and Communication Technology)を活用する時代です。
ITなんて言葉はちょっと古いです…。
インターネットあってこその時代ですから。
古臭いオヤジは「インターネットは嘘だけ!」だの言っていますが、ただ今の世界に付いていけてないだけ…。
確かにインターネットは全てが真実とは限りません。
でもそれを有効的に活用しないといけないんです。
イシーが釣具をお安く購入出来てるのも全てICTのお陰です!
詳しくはご自分でとことん調べて下さい!
そうじゃなきゃ、どんどんこの時代から置いてけぼりを食らいますよ!(笑)
あっ!
ちなみにこのブログ記事にコメントしてきても、面倒臭いので削除します!w
SNSも同様です!
更に、ジャークソニックを福袋の中身として例を出しましたが、それはこのブログ内で検索している方が沢山いるんです…。
言っておきますが、ジャークソニックは普通に釣具屋さんに売ってますよ!
メルカリとかヤフオクで高値で買うのは転売ヤーの思う壷です…。
というわけで、だらだらと記事を書きましたが。
クリスマスも過ぎ、いよいよ新製品の情報発表が近いです!
楽しみですね〜!

2019/12/25

2020年ツインパワーがモデルチェンジ!?

所有していた15ツインパワー

さあ、2020年シマノの新製品についてですが、イシーが溺愛していたツインパワーについてです。(過去形w)
2015年に発売されたツインパワー。
もう5年も経とうとしてるんですね〜。
この『15ツインパワー』はC2000HGSと2500HGSの2台を所有していました。(過去形w)
物凄く良いリールでかなり使用していたのですが、とある事情により嫁いでいきました。(笑)

18ステラ、19ヴァンキッシュの登場!

まず2018年、ステラが新しくなって登場しました。
2014年発売のステラから比べても、これ以上の物はないだろうと思う程別格でした!
そして、肩身の狭くなる『15ツインパワー』…。
更に追い討ちをかける様に2019年にヴァンキッシュが新しくなって登場しました。
もっと肩身の狭くなる『15ツインパワー』…。
一応イシーは18ステラと19ヴァンキッシュを購入するまで、『15ツインパワー』を所有していたんです。
ただ…。
18ステラ、19ヴァンキッシュのハンドルを巻いた後に、『15ツインパワー』のハンドルを巻くと…。
物凄いギアノイズ…。
今までギアノイズなんて無かった様に思っていた『15ツインパワー』だったのですが、やはり18ステラ、19ヴァンキッシュには当然勝てず…。
『15ツインパワー』を手放す事に決めました…。
使わないリールを持っていても勿体ないので、どうせだったら使ってくれる人の元へ行った方が良いかなと…。

2020年新たに!?

『15ツインパワー』が出てから5年が経とうとしています。
さあ、2020年に新しく『20ツインパワー』として登場するのでしょうか?
正直な所何も言えない状況です…。
何故なら、新しいモデルが出るとなると、今までのリールはセール価格で販売される事があるんです。
ですが、この『15ツインパワー』に関しては全く動きが無いんですよね…。
セール価格にもなっていないという事は、もしかすると『20ツインパワー』が発売されないという可能性もあります…。
どうなるのかはまだ分かりませんが…。
イシーはこのカッチリとしたリールが大好きです!
『20ツインパワー』を待っている人も沢山いると思いますが、今はただただ、新製品情報を待ちましょう…。

2019/12/24

新しい事へ挑戦する為のタックル

バスだけじゃ勿体ない!

昨日のブログ記事は『既に準備を始めてます!』という事で、来年はネイティブトラウト(渓流釣り)も積極的にやっていこうと思ってます。
当然バスフィッシングもやります!
でも、イシーは更に釣りの幅を広げるべく、今までやった事のない釣りの事も考えています。
その為に『ワールドシャウラ2752R-2』を購入したんですから。
当然バスフィッシングでも、活躍している『ワールドシャウラ2752R-2』なんですが。
バスフィッシングだけを視野に入れて購入したわけじゃないんです。
さあ、このロッドを購入した意図とは。

栃木県にしかいない魚

イシーが住んでいる栃木県ですが、管理釣り場が一番多い県で有名です。
更に、ネイティブトラウトをやるのにも色々なフィールドに恵まれている県なんです。
折角そんな良い環境に住んでいるのであれば、やるしかないじゃないですか!
目標は栃木県の中禅寺湖にしかいないレイクトラウトです!
大きい魚体は1mを超えるみたいです。
そう簡単ではないでしょうけど、いつかこの魚に出会いたいと思ってます。
勿論中禅寺湖で釣れる全てのトラウトがターゲットですけど、やっぱりレイクトラウトへの憧れが強い!

中禅寺湖でのタックル

調べてみると、色々なタックルセッティングで中禅寺湖に挑む方がいるみたいです。
ロッドは6フィート以上〜8フィート以上を使用、Lアクション〜Mアクション、その人のスタイルによってバラバラです。
イシーが所持している『ワールドシャウラ2752R-2』も多少オーバーパワーみたいですが、基本的にこの番手を使用している方が多数です。
リールの番手もC2500番〜3000番と、様々。
イシーは『ステラC3000XG』 が良いかな〜と考えています。
当然このリールもバスフィッシングだけを視野に入れていたわけではないんです。

バスとトラウトの両立

『ワールドシャウラ2752R-2』と『ステラC3000XG』の組み合わせなんですが、かなりベストマッチです。
基本的にはPEラインを使用しているんですが。
バスフィッシングでは広大なエリアでハードプラグをかっ飛ばしたり、近距離でもライトテキサス等が出来たり。
ライトなベイトタックル位のパワーを有します。
いや、それ以上かもしれない。(笑)
これをネイティブトラウト(中禅寺湖)の釣りに置き換えると、18g位までのスプーンをバッシューン!とかっ飛ばして釣るみたいです。
折角ワールドシャウラを所有しているなら、色々な魚種に使わないと!
という事で、いつになるか分かりませんが、湖でのネイティブトラウトも視野に入れているというお話でした!

2019/12/23

既に準備を始めてます!

今年も残りわずか

今年も後1週間ちょっとで終わりです。
皆さん、今年の釣りは如何でしたでしょうか?
イシーは殆どがバスフィッシングの年でした。
今はほぼエリアフィッシングになってますが。
あれ?
俺ってバスフィッシングがメインだけど、他の釣りもやるよな?(笑)
そう!
実はネイティブトラウト(渓流釣り)もやるんです。
という事で、既に色々考えてるわけですよ!
今の時期は寒いのでエリアフィッシングがメインになってきますが。
バスフィッシングは…。
どうしようかな…。(笑)
いや、来年はエリアフィッシングから始まり、渓流釣り、バスフィッシングと、色々な釣りを楽しもうという魂胆なんです。

必要な物を確認!

とりあえず、今はエリアフィッシング絶賛進行中なので、2020年3月1日の解禁日までに渓流釣りの事を考えなくては!
リールは『ヴァンキッシュC2000SHG』があるから大丈夫!
イシーがヴァンキッシュを購入した理由はエリアフィッシングで使用する為だけではなかったんです。
以前は渓流釣りに『ツインパワーC2000HGS』を使用してましたが、とっくに売ってしまいましたよ〜。(笑)
そして、ロッドです。
『カーディフNX S60UL』です。
ん?
うむむ…?
いやいや、違うでしょ!w
2020年の2月に新しいロッド出るや〜ん。(イシーは関東人です。)
そう、『カーディフ ネイティブスペシャル』ですよ!
あれ?
もう買うの決定ですか?
それは分かりませんよ〜。(笑)

ロッドとリールを合わせてみた

そういえば、『カーディフNX S60UL』に『ヴァンキッシュC2000SHG』を合わせた事ないな〜。
という事で合わせてみます。
まあ、こんな感じか…。
…。
…。
俺は『カーディフ ネイティブスペシャル S54UL』が欲しいんや〜!(何度も言いますがイシーは関東人です。)
これはもうNEWロッドを買わないと収まらない感じになってます…。

考える事が多い…

とりあえず渓流釣りの事は大分固まってきています。
必要な物もAmazonの欲しい物リストに追加したり、楽天のお気に入りに追加したり。
勿論絶賛進行中のエリアフィッシングの事も忘れてません!
ウォーターランドのアルミん5gもまだ全て揃ってないですし…。
後はシマノの2020年の新製品によって左右されます。
もう〜、ダ○ワは既に2020年の新商品が発売されているというのに、シマノはいつも焦らすな〜。
シマノ好きな方はもう少し新製品情報を待ちましょう!

2019/12/22

ロッド買ってしまうかも…

NEWカーディフ ネイティブスペシャル

以前ブログ内で『ネイティブトラウト用NEWロッドが発売!』という記事を書きました。
それ以降、発売になるロッドの事を考えると、やっぱりこれは買うべきなのではないかと。
ずーっと、頭の中でグルグル〜。
めちゃくちゃ考えまくってます。(笑)
だって、これ見て下さい。
このグリップ、カッコよくないですか?
やっぱりトラウトロッドは味のあるウッドのリールシートが良い!
更に。
ベイトモデルもパッと見たら、以前のワールドシャウラですよ!
めちゃくちゃカッコイイ!
でもイシーはトラウトでベイトは使わないんです…。
ちょっと残念ですが…。

購入するとしたら

イシーの場合、ネイティブトラウト(渓流釣り)と言ったら比較的狭い川を攻める事が多く、キャストアキュラシーが重要になってきます。
もし、この『カーディフ ネイティブスペシャル』を購入するとしたら、S54ULが第一候補となります。
そうなると。
フロントグリップが短くなってしまう…。
長い方がカッコイイのに…。
ちなみにベイトモデルも…。
フロントグリップが短くなってしまいます…。
これはしょうがないのか…。
流石に自分が釣りするフィールドで7フィート台のロッドなんて、長すぎて使い物にならないですし…。
長くて、S60UL、S64Lといった所です…。
でも、これ見て下さいよ。
フロントグリップが短くなってしまう点は置いておいて、リールシートにCARDIFFとカッコ良く表記されてます。
ベイトモデルもカッコイイな〜。
でも、トラウトでベイトは使う気が全く無い…。

結局は性能

この『カーディフ ネイティブスペシャル』はブランクスにスパイラルXとハイパワーXをダブルで使用しています。
これが非常に大きい。
今までは『カーディフNX』を使用していましたが、ブランクスはハイパワーXのみでしたから。
更にガイドもステンレスフレームKガイドではなく、チタンフレームKガイドになってますし。
見た所、ガイドリングはやっぱりTORZITEリングではなく、SiCリングの様です。
そんな感じのNEWロッド、少しお高いですが、来年の渓流釣り解禁後に使用したいな〜と考えています。

人気の投稿(過去30日間)