Translate

2019/01/23

高級タックルを手に入れる為にやるべき事(番外編)

ブログをやる気が無いズボラ達へ

お陰様で『高級タックルを手に入れる為にやるべき事』シリーズ大好評です!
読者の皆様、本当にありがとうございます!
今回はその番外編として、ブログをやる気が無いズボラな人達に向けて記事を書いていこうと思います。(笑)
こういう所から始めて行かないと本当に高級タックルで揃えるなんて出来ませんから、イシーが救いの手を差し伸べてあげましょう!w

古いタックルなんて売ってしまえ!

良く今でも「赤メタ使ってます!」とか、「初代アンタレス使ってます!」等良く聞くし、SNSでも良く見かけます。
そんなリールはもう化石だから!(笑)
まだそんな古い物使ってるんですか?
今のリールと比べたら天と地程の差がありますから!w
そんな糞リール売ってしまえ!w
といって中古釣具屋さんに売りに行くのはアホです!(笑)
何故中古釣具屋さんに売りに行くのはダメか?
どうせ安値でしか買い取ってもらえませんよ?
その品物がどんなに綺麗でも。
その品物が新製品だとしても。

インターネットを活用しよう!

ではどうやって売ればうまくいくでしょう?
今はインターネットの時代です。
釣り具を買うのもインターネット、釣り具を売るのも勿論インターネットなんですよ!
皆さん『ヤフーオークション(ヤフオク)』と『メルカリ』はご存知ですよね?
釣具屋さんを介さず、個人間でやり取りを行った方が自分に入ってくる収益が高いのは当たり前ですよね?
ただ、『ヤフオク』も『メルカリ』も手数料が取られる事を忘れないでください!
まず『ヤフオク』です。
『ヤフオク』なんですが、オークション形式とフリマ形式で出品出来る事はご存知でしょうか?
フリマ形式に比べるとオークション形式の方が手数料が安く済みます。
が、ここではオークション形式はお勧めしません。
ただ、最低額を設定して出品するのであればいいですが…。
単純にフリマ形式で手軽に出品する事をお勧めします。
自分が「この値段で売りたい!」というのがありますよね?
ある程度その商品の動向がありますので、自分が売る商品の値段を設定します。
最初は出来る限り値段を高めに設定するのがキモです!
常にアクセス数やウォッチリストに追加された数を把握しておく事も重要です。
アクセス数やウォッチリストに追加された数が多ければ最初に設定した値段で売れる可能性があります。
それがダメな場合はほんの少し値段を落として再出品します。
ちなみに値段を落とす目安として2~3日、もしくはそれ以上経過してから値段を落としてください。
焦ってはいけません。
長い目で見るんです!w
後はこれの繰り返しです。
正直見極めが難しい所ではありますが、うまくいけば高値で売る事が可能です。
そしてもう一つ『メルカリ』です。
メルカリは完全にフリマ形式になります。
メルカリはアクセス数といいね!の数を常に把握しておくと良いでしょう。
後はほとんど『ヤフオク』と『メルカリ』に差はないです。
ただ、『ヤフオク』を使用するユーザー、『メルカリ』を使用するユーザーがいます。
なので、『ヤフオク』と『メルカリ』を駆使して販売します。
どちらも同じ値段で出品し、値段を下げる時はどちらも下げるという様に同時進行していきます。
どちらかで商品が売れた場合は必ずもう片方の出品を取り下げる事もお忘れなく!
これらで使わない釣り具をガンガン売ってしまい、新しいタックルを購入する資金にするのです。
まあ色々テクニックは必要ですけど、あえてここでは秘密にしておきます。(笑)

ヤフオク、メルカリで購入

皆さんは『ヤフオク』、もしくは『メルカリ』で釣り具を購入したことがありますでしょうか?
イシーは絶対に『ヤフオク』及び『メルカリ』から購入する事はありません!
ルアー等ならまだしも、ロッドやリールは絶対にやめた方が身の為です!
中古のタックルなんていらないし、新品と記載されていても新品という保証も無いし…。
「試投のみ」とかどういう意味?って感じです…。
だって「それもう使用してるって事じゃん!」って突っ込みたくなりますもん!w
中古のタックルが欲しいという方だけどうぞ買ってください!(笑)

最後に

いかがでしたでしょうか?
この番外編も含めると全4部作になりました!
番外編以外の記事が読みたいという方は下のURLから参照して下さい。

  1. 高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.1)
  2. 高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.2)
  3. 高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.3)
もし何か個人的に聞きたい事がある方は、SNSの投稿へコメントではなく、『イシーのフィッシング日記』のLINE@に登録していただければ個別に対応させていただきます。
下記URLのブログ記事からLINE@でお友達登録して個別にLINEメッセージして下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿