Translate

2019/02/03

これってシマノの戦略?

ワールドシャウラのリールシート

今回はワールドシャウラについてです。
ワールドシャウラのリールシートですね。
ワールドシャウラには2パターンのリールシートデザインがあります。
6フィート台までと7フィート以上でリールシートのデザインが違う事が分かると思います。

6フィート台までのリールシート

ちなみに6フィート台までのリールシートのデザインは下記の様になります。
『WORLD SHAULA』と印字されたリールシートです。
約1年前に話を戻します。
このワールドシャウラの開発に携わった村田基さんがこんな事をおっしゃっていました。
「CI4なんて記載されてるダサいリールシート作らせないから!」
との事。
それでは7フィート以上のロッドはどうなっているか。

7フィート以上のリールシート

7フィート以上のリールシートのデザインは下記の様になります。
おもいっきり『CI4+ SHIMANO』との記載が…。
約1年前、実際にロッドを目にした時「あれ?」と思いましたよ!w
『WORLD SHAULA』って印字されたリールシートにするんじゃなかったっけ?って…。
これはどういう事なのでしょうか?
ロッド開発者の手違い?
いやいや、そんな事ないはずです。
何か裏に秘められた物がありそうですよね!(笑)

もうこのままにして!

既にワールドシャウラは発売されてしまったので、このまま6フィート台までのリールシートと7フィート以上のリールシートは違うデザインの状態で販売されるでしょうけど、今更もう変えてほしくないです!
7フィート以上のロッドのリールシートも本当は『WORLD SHAULA』と記載されていた方がカッコイイんでしょうけどね…。
もう変更するのは勘弁ですよシマノさん!
このまま突っ走れ!
ワールドシャウラ!

4 件のコメント:

  1. リールシートの部分なんてどうせリール付けりゃ見えなくなるから何でもよろし。

    返信削除
    返信
    1. いやいや、見えなくなる部分もこだわってほしいですね〜!(๑>◡<๑)
      極端な話、これで『BASS ONE』って記載されてたら嫌じゃないですか?(笑)(//∇//)

      削除
    2. 俺はストイックなファイターだから竿の性能が良ければそれでいい。

      削除
    3. それもそれでアリだと思いますよ!(๑>◡<๑)

      削除

人気の投稿