Translate

2019/03/05

世界で通用する19アンタレス

アンタレスは世界基準?

19アンタレスが発売されましたけど、実は世界各国で販売されている事はご存知でしょうか?
勿論バスフィッシング発祥の地、アメリカでも販売されているんです。
ただ、アンタレスDCシリーズは日本のみの販売です。
アンタレスDCシリーズは値段も高いですし、あまり世界では需要が無いんですかね…?
世界各地で販売されれば購入する方もいるとは思うんですけど…。

海外のアンタレスは日本のアンタレスと全く一緒?

海外ではどの様なアンタレスなのか見てみましょう。
これはUS_シマノのホームページの写真です。
ご覧いただくと分かる通り日本の19アンタレスと全く同じです。
19アンタレスのみならず、12アンタレスもアメリカでは販売されているみたいですよ!

リールの中身が違う?

それではリールの中身、採用されている技術やスペックが違うのでしょうか?
採用されているテクノロジーが下記になります。
これがアメリカの19アンタレスに採用されている技術になります。
ちょっと日本で掲載されている物より大分大雑把に紹介されていますね…。(笑)
日本では下記要領で紹介されています。
日本はアメリカとは対照的にとても細かく紹介されています。
それではアメリカの19アンタレスのスペックを見てみましょう。
これがアメリカのホームページで見た19アンタレスのスペック表になります。
ざっくり見た感じ日本の19アンタレスと全く一緒です!

結論

日本では当然の事ながら海外でも十分通用するリールと言えますね!
19アンタレスはワールドワイドに展開されているんです。
これは、日本の技術が世界中で活躍してるという事とも言えます。
ちなみに『US_シマノ』のホームページは下記URLから閲覧出来ます。
http://fish.shimano.com/content/fish/northamerica/us/en/homepage.html
海外のページを見ていると日本とはまた違う一面も見られてとても楽しいですよ!

3 件のコメント:

  1. ボード持ってる人多いからDcほどのブレーキはいらないんですかね?

    返信削除
  2. 返信
    1. ボート乗ってると正直DCはあまり必要ない感じですよね!w
      ほぼオカッパリな自分にはDCが必要です~!(笑)(*ノωノ)

      削除

人気の投稿