Translate

2019/03/06

フロロカーボンラインなんて使いません!

ほぼナイロンライン

皆さんはどんな素材のラインを使用していますか?
ラインの素材は主に3種類がありますよね。
ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEライン。
イシーはほぼナイロンラインをメインで使用しています。
たまにPEラインも使用する事がありますが。
今回はナイロンラインとフロロカーボンラインについて記事を書いていきます。
ナイロンラインは水の比重とほぼ同等のラインで、トップウォーターからボトムまで扱えるとても万能なラインです。
ただ、デメリットも勿論あります。
フロロカーボンラインより伸び易い、水を吸収する等…。
ですが、フロロカーボンラインを使うなんてあり得ないです!

フロロカーボンラインを使わない理由

イシーも勿論フロロカーボンラインを使用した事がありますよ!
ただ、全然良いと思いませんね…。
こんな扱いにくいライン良く使ってられるな…と言う感じ…。
まず、比重が重い為水に沈みます。
これでトップウォータープラグを使うとか本当あり得ない!
更にその比重の重さから、スプールにラインを巻いた時(特にベイトリール)、スプールの重量が重くなり、飛距離がナイロンラインより出ません…。
そして素材自体がナイロンラインより硬い為、どうしてもバックラッシュ等のトラブルが起きやすいです…。
ピッチング等、近距離だけを攻めるのであればフロロカーボンラインの方が良いでしょうけど、一般のオカッパリアングラーは大抵ルアーを遠くへ飛ばしますよね?
飛ばさない人も稀にいるかもしれませんが…。(笑)
ルアーを遠くへ飛ばすのであれば、飛距離が出て、且つトラブルが少ない方が良いと思いませんか?
そして、フロロカーボンラインはナイロンラインより少し太くなる傾向があります。
フロロカーボンラインは少し太くしないとナイロンラインと同等の強さが出ないんです…。
そんな飛距離の出ないフロロカーボンラインで遠投してるとか本当あり得ないから!(笑)
勿論フロロカーボンラインにもメリットが有りますよ!
伸び率がナイロンラインより少ないという所です。
伸び率が少ない為、遠くにルアーがある時にルアーに起きた変化が掴み易いという感じです。

フロロカーボン使うならこのライン

ちなみに伸び率を気にするのであれば良いラインがありますよ!
これです。
第4のラインと言われるナノダックスです!
基本的にナイロンラインではあるのですが、素材をナノレベルまで突き詰める事によってフロロカーボンラインとほぼ同等の伸び率となっています。
フロロカーボンラインを使ってルアーを遠くに飛ばそうとしてる貴方!
遠くにルアーを飛ばすのであれば良く飛ぶラインを選択した方が良いんじゃないですか?
扱いやすく、伸び率も少ない素晴らしいラインだと思います。
フロロカーボンラインを使って遠投?
もう馬鹿な事言うのは止めなさい!(笑)

6 件のコメント:

  1. よくわかりますよ
    僕も一時期フロロがメインラインでしたが、ナイロンに戻しました
    近距離撃ちものとリーダーのみに使ってます、フロロは
    飛距離出したきゃナイロンなんですよ、やっぱり
    例えば琵琶湖の浜 岩なんかほぼない 擦れる場所なんかブレイクの角くらいなもの
    ならナイロンでいいじゃんやっぱって
    フロロだと、飛距離はナイロンの15%落ちですし
    いくらいいリール買っても意味がないんです
    感度どうこう言う奴がいますが、ナイロンでも十分アタリは取れますわ
    プロの言葉に踊らされすぎでしょ 今のアングラーは

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよね〜!
      フロロは飛距離が出ないから嫌なんですよ…💦
      遠投するなら絶対ナイロンですよ!(笑)(//∇//)
      正直ナイロンで十分アタリ取れますしね〜(笑)
      プロの方ってほぼフロロですよね…w
      正直理解に苦しみます…(・・;)

      削除
  2. 俺は海でベイト使うからPE中心だけどバス釣りで色々やるならナイロンですね。
    フロロの欠点を知ってる上で使ってるなら良いけどナイロンより高いからナイロンより優れてると思って使ってる人が多い気がしまし。

    ナノダックスは正直俺には合わなかったでごわす。

    返信削除
    返信
    1. 俺もPE以外ならほぼナイロンですね!( ̄▽ ̄)
      自分が一番フロロで嫌なのは、飛距離が殺される事です…(⌒-⌒; )
      正直フロロを使った時(大分昔ですが…w)アホらしくなりました…(笑)
      ナノダックスはエリアフィッシングで使う事がありますかね〜!\(//∇//)\

      削除
  3. 自分もイシーさんと同意件です。私もメディアに騙されて⁉️一時期フロロを使っていましたが、やっぱり飛距離がでない。遠くのピンスポットに狙いを定めて投げると、明らかにナイロンの方が決まるんですよ。フロロだと余計な力を入れないといけないし、力むとピンスポットから外れやすい。後、イシーさんも言っておられる様にスプールが重くなるデメリットもあると思います。まぁ、残っているフロロをそのまま捨てるのも勿体ないのでトップをやらない冬限定ですが、一応は使ってますが・・(笑)使い終わったら2度とかわないですねぇ。昔はフロロなんてバス釣りでは使ってなかったですもんね。普段は自分はアマゾンで買った激安のボビンナイロンです。これでも十分なんですよね。安いからちょっとでも傷付いたら切りまくりです。ここ一番の時だけ、GTRシリーズを用途で使い分けてます。感度も必要十分ですし、なんだかんだでナイロンがやりやすいですねぇ。長文失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. 賛同していただきありがとうございます!w
      ナイロン使ってて、フロロを使うと何じゃこりゃってなっちゃいますよね…💦
      自分も飛距離出したい時に全く思うように飛んでくれずイライラした記憶があります!(笑)(//∇//)
      使った日数はほんのわずかで終わりましたね…w
      それからはずっとナイロンです!(๑>◡<๑)
      やっぱり総合的に見ると一番使いやすくて、優れているラインはナイロンラインという答えでした!\(//∇//)\

      削除

人気の投稿