Translate

2019/04/10

ロングバーサタイルパワーロッド

ワールドシャウラ1703R-2

2019年に追加されたモデルで、『ワールドシャウラ1703R-2』というロッドがあります。
ワールドシャウラ1652Rに次いで売れるロッドです。
その『ワールドシャウラ1703R-2』というロッドを購入し、使用しました。
正直な意見をこの記事で書かせていただこうと思います。
まずこのロッド、一見するとワールドシャウラ1702とほぼ同等の様な感じがすると思いますが、やはりロッドパワー『2』と『3』では強さが大分違います!
1702Rと『1703R』のガイド位置なんですが、バッドガイドの位置が少し違うだけで、他のガイド位置は全て一緒になってます。
写真上部が『1703R』で、写真下部が1702Rです。
『1703R』、絶対に欲しい1本として購入したわけですが、どういったロッドなのか?
これから自分なりに記事を書いていきたいと思います。

スペック比較

一応過去モデル(レッド)の1703Rと現モデルの1702Rと比較した表を作成しました。
過去モデル(レッド)の1703Rの重量と比較すると大分重いんじゃない?という気がしますが、重さは現モデルの1702Rと7gしか変わらないので、そこまで気にならなかったです。
現モデル1702Rの150gで快適に扱えていたので、勿論新しい『1703R』もかなり快適に使用できます。
ではここで、1702Rと『1703R』のグリップの写真をご覧下さい。
写真上部が『1703R』で、写真下部が1702Rです。
同じ7フィートというレングスながら、ロッドパワーの違いから『1703R』の方が1702Rのグリップより長いのが分かると思います。
『1703R』のグリップ長が278mm。
1702Rのグリップ長が252mm。
この26mm(2.6cm)というグリップ長の違いはパワーがあるロッドには必要不可欠です。
グリップが長いおかげで強い釣りが展開出来ます!

7フィートというレングスとパワー

表題にもあるようにロングバーサタイルパワーロッドと記載しましたがまさにその通りで、重めの巻き物(1oz以上も余裕)から、打ち物3/8oz、1/2ozがとても快適にこなせます!
イシーは特にカバー打ちにガンガン使用しました。
25lbのラインで、フッキング後カバーに巻かれたり、カバーにフックが掛かっちゃったとしても全然平気です!
カバーにフックが掛かっちゃった場合でもフックを伸ばして回収出来ます。
それだけロッドのパワーがあるので強引な事が可能なんです!
カバーが無いような場面ではラインをもう少し細くして重めの巻き物なんかを遠投するのにも良い感じです!
1652Rを基準に強めのロッドが欲しい場合は、『1703R』がお勧めです!
というかこのロッドは無くてはならないです!(笑)

アンタレスDC MD XGと相性抜群!

イシーはアンタレスDC MD XGとの組み合わせで『1703R』を使用していたのですが、ラインキャパやドラグ力を考えると相性がとても良いです!
こういったカバーに25lbのラインで怯む事無く打ち込んでいく事が可能です!
勿論ドラグはフルロックで。
魚が掛かった後はエクストラハイギアなので強引にグリグリと巻いて魚を引きずり出せます。
やはり『1703R』はこういう釣りに凄く向いてますね!
重めのスピナーベイト(1oz)もかなり使い易い印象です!
1/2ozのスピナーベイトも使ってみましたが、全く問題無くキャスト可能です!
逆にカバー等何も無い様なエリアであれば、前述した通りラインを少し細くして遠投しても良いと思います!
『ワールドシャウラ1703R』を購入検討対象に入れているという方は買って損はしませんよ!
というかこのロッドは自分の中で必要不可欠です!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿