Translate

2019/04/17

ベイトリールのドラグ調整

ベイトリールでドラグの調整

皆さんはバスフィッシングでベイトリールを使う時にドラグの調整ってどうしてますか?
スピニングリールの場合はドラグの調整が必須?だと思うんですが、ベイトリールの場合はどうなんでしょう?
イシーはその時のラインやロッドの強さで変えていく感じです。
あまり細いラインを使わないイシーですが、14lbを使用してる時はラインがズズッと少し出る位に調整してます。
殆ど14lbなんて使用しませんが…。
基準は最低16lbです!

シチュエーションによってフルロック

ただ、ブラックバスという魚はそんなに引く魚ではないですよね。
スモールマウスバスは引きますが…。w
そんな引かない魚に対して、ベイトリールでドラグって必要なんでしょうか?
例えば下記写真の様なシチュエーションだった場合。
この木の中、もしくは周りにルアーを打ち込んでいく釣りの場合はラインを出してる場合じゃないですよね…。
魚を強引にでも引きずり出さないと枝に絡まれてしまう恐れがあります…。
という事はこういう場所ではドラグはフルロックです!
その前に、ロッドとラインは絶対強めじゃなきゃいけませんよね。
ラインは最低20lb、もしくは22lb、25lb。
そうする事でドラグをフルロックでもファイトが出来るんです。
釣りをしていると良く切れたラインが絡んでくるんです…。
そのラインを見ると実に細い…。
そんな細いラインで枝に引っ掛けたら切れるの当たり前…。
だからこういうシチュエーションでは強めのタックルで攻めていかなきゃいけません!

基本的にドラグ調整は不要!

前述した様に14lbを使う時はドラグを調整します。
ただ、14lbのラインでカバーを攻めようなんて絶対考えられない…。
16lbでもちょっと躊躇します…。
でもこれが何もないオープンウォーターだったら?
オープンウォーターの場合でもベイトリールに強いラインを巻いていれば基本的にドラグはフルロックです。
14lbか16lbライン辺りがドラグ調整が必要か否かの考慮点と考えてます。
身切れを心配してドラグをズルズルにしてる人がいますが、ハッキリ言って良く分からない…。
そんなにブラックバスの口は柔らかくないですし、身切れって…。
それは単純にフッキングが上手くいっていない状態だと思うんですが…。
バレる魚はバレてしまうのは仕方がない事なんです…。
結局言いたい事は太いラインを使用すればドラグなんて調整不要という事!
せっかくベイトリールで太いラインが使えるなら太いラインを使った方が絶対良いと思いますけどね…。
ベイトフィネスは知らん!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿