Translate

2019/05/24

絶対このスピナーベイト良いでしょ!

大好きなルアーカテゴリ

皆さんはどんなルアーカテゴリがお好きですか?
イシーはやっぱりスピナーベイトが大好きです!
何故かと言うと、単純に巻いて釣れるし。
ルアーの特性上、根掛かりもしにくいからカバーも攻められるし。
そこで今気になってるスピナーベイトがあるんです。
こちらです。
シマノ、バンタムのスウェジーです。
上記の写真はタンデムウィローになります。
下記写真がダブルウィローです。
ちなみにタンデムウィローとダブルウィロー、どちらも好きです!
このスウェジーなんですが、実物を触った事のある方なら分かると思いますが、凄い技術が使われているんです。

Btアーム

スピナーベイトのアームって皆さん気にしていますか?
イシーはめちゃくちゃ気にします!(笑)
アームで釣れるスピナーベイト、釣れないスピナーベイトってのがあるんです。
釣れないスピナーベイトの特徴として、アームがバキバキに硬いスピナーベイトがあります…。
後は、アームが柔らかすぎてバスを掛けたらすぐに折れてしまう様なスピナーベイトもダメですね…。
適度なアームってのが必要なんです。
スウェジーなんですが、素晴らしいアームなんですよ!
ローワーアームは直径0.95mmで太く、アッパーアームは直径0.6mmで細く作られています。
これの何が良いかと言うと、ラインを結ぶローワーアームが太い事によって、バスを掛けても変形しにくいんです。
対して、アッパーアームが細い事によって、ブレードが回転するとスピナーベイトのボディに伝達して、釣れるスピナーベイトアクションが生まれるんです。
初めてこのスウェジーを触った時は本当に驚きました。
こんな事が出来るシマノの技術はやっぱり凄いなと。

Btヘッド

更に素晴らしいのがスウェジーのヘッドです。
ヘッド上部がスズで出来ており、ヘッド下部がタングステンで出来ています。
スピナーベイトって結構傾いて泳いでしまう事がありますが、比重が軽いスズがヘッド上部で、比重が重いタングステンがヘッド下部になると泳ぎが’安定するんです。
更に補足的な感じですが、スウェジーのヘッド下部にはアイが付いています。
このアイにフックやフェザー、シンカー等を取り付けてカスタム可能です。

Btブレード

スピナーベイトといえばやっぱりブレードがあってこそですよね。
スウェジーにはこんなブレードが取り付けられています。
立ち上がりが早く、巻き抵抗の軽いブレードです。
立ち上がりが早いのは良い事ですが、イシー的には巻き抵抗が重い方が良いんだよな…。
何故なら巻き抵抗が重い方がスピナーベイトに起こった違和感を感じ取れるからです。
まあ、ブレードは変える事も出来るので問題は無いですが…。
そこが少し残念な部分かな〜。

いつでもどこでもスピナーベイト!

スピナーベイトってどんな時期でも、どんな場所でも使える超万能なルアーです。
去年もスピナーベイトでかなり良い思いをさせてもらいました。
皆さんもどうして良いか分からない様な時はひとまずスピナーベイトを投げまくってみるのも手かもしれませんよ!
サーチ的に使えるのもスピナーベイトの良い所ですから〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)