Translate

2019/05/02

手持ちのワールドシャウラ全機種紹介(Part.1)

7本のワールドシャウラ

2018年にスーパーレッドとしてモデルチェンジしたワールドシャウラですが、イシーは2019年5月(現在)の段階で計7本所持しています。
発売されてから、「絶対に妥協しない!」と心に誓い、現段階で販売されている物で欲しいモデルは網羅出来ています。
お金どうこうじゃなくて、妥協するから他の安いロッドを買ってしまう事になるんですよ?
お金が無ければ貯めれば良いだけの事。
今後、ワールドシャウラを購入する予定の方は是非このブログ記事を参考にしていただければと思います。
イシーはワールドシャウラのワンアンドハーフという特性を活かして、ウォーターランドのロッドキャリーケースにワールドシャウラを収納して持ち歩いてます。
これに全部のワールドシャウラが入ってます。
結構いっぱいになってきたけど後1〜2本入るかな〜?
まだ欲しい番手があるのですが、スーパーレッドとして発売されるまでは手を出しません!
妥協は許されないんです!
それでは本題に入ります。
手持ちのワールドシャウラがどの様なロッドなのか、1本ずつご紹介したいと思います。
(Part.1)では3本ご紹介致します。

15101F-3 アキュラシーライトスペシャル

『ワールドシャウラ15101F-3』アキュラシーライトスペシャルのご紹介です。
『ワールドシャウラ15101F-3』を語る前に1581Fという品番のロッドがあるのをご存知でしょうか?
1581Fは昔からあるモデルで、ショートロッドのパイオニア的存在。
ピンスポットにルアーをプレゼンテーションする事が可能で、特にオーバーハングしたブッシュにルアーを打ち込み易いです。
その1581Fを2インチ長くしたロッドが『ワールドシャウラ15101F-3』になります。
2インチ長くなったのはブランクスの方ではなく、グリップの方なんです。
グリップが長くなるとテクニカルなキャストがやり易いんですよ。
特にフリップキャスト等、肘に当ててロッドの反発を利用する事が出来るので、狙ったスポットへ簡単にルアーをプレゼンテーションする事が出来ます。
また、ショートロッドならではとも言うべきルアーの操作性もかなりのものです。
連続したジャーキングやトゥイッチング等、ロッドに助けてもらってルアーをアクションさせる事が可能です。
良く使用するのがミノー(ジャークベイト)や、ペンシルベイト、ポッパー等、ある程度ルアーを操作する系に向いていると思います。
が、ストレートリトリーブで巻いてくる様な10g前後のルアーにも最適です。
少し小型のクランクベイトとかがそれにあたります。
とにかくオーバーハングの下等をガンガン攻めて、ルアーをガンガン操作したいという方にお勧めの1本です。

1651FF-3 マルチパーパスライトスペシャル

『ワールドシャウラ1651FF-3』マルチパーパスライトスペシャルのご紹介です。
『ワールドシャウラ1651FF-3』と良く似通った番手として1621FFや1631FF等があります。
『ワールドシャウラ1651FF-3』は6フィート6インチと、ほんの少し長めのロッドです。
最近このロッドの登場機会が凄く多いんですが、理由としてFFというロッドアクションがかなり良い仕事をしてくれるんです。
何が良いかって、重心移動システムが入っていないルアーってキャストし難いんですでが、このロッドならFFというロッドアクションと6フィート6インチというロッドのレングスを活かして軽くルアーを飛ばす事が出来ます。
FFというロッドアクションなので、比較的軽めのルアーをキャストするのにも向いています。
例えば5g〜10g程度のジグヘッドリグとか、10gに満たないポッパーとか。
今では重心移動システムが入っていない10cm程度のジャークベイトに良く使用しています。
一つ弱点があるとするならばFFというロッドアクションの為、シンキングタイプのヘビーウエイトミノーの操作がし難いです。
ヘビーウエイトミノーを使うのであれば、前述した『ワールドシャウラ15101F-3』を使用した方が良いでしょう。
逆にワーム等のシェイキングアクションには非常に向いています。
ワームもやりたいし、軽いプラグも投げたいという方にお勧めの1本です。

1652R-3 マルチパーパススタンダードスペシャル

『ワールドシャウラ1652R-3』マルチパーパススタンダードスペシャルのご紹介です。
『ワールドシャウラ1652R-3』、もうこの1652Rというロッドは絶対に外せませんよ。
ワールドシャウラにしても、スコーピオンにしても一番売れるモデルです。
何故このロッドが外せないのか?
それは汎用性がもの凄く高いから。
このロッドがあれば殆どの釣りをカバー出来ると言っても過言ではありません。
クランクベイト、バイブレーション、スピナーベイト、打ち物等何でもOKという感じです。
10g位〜20g位がとても快適に扱えます。
ロッドアクションがRなので、一番扱い易いテーパーになっています。
更にスーパーレッドのワールドシャウラになってから、自重は115gと物凄く軽量です。
軽くなってもワールドシャウラですから、物凄く強いですよ。
まず初めの1本を購入するのであれば、絶対にこの『ワールドシャウラ1652R-3』を購入する事を強くお勧めします。

(Part.2)に続く

今回はワールドシャウラ15101F、1651FF、1652Rの3本をご紹介させていただきましたが、如何でしたでしょうか?
手持ちのワールドシャウラ全機種紹介(Part.2)』では、ワールドシャウラ1702R、1703R、2651F、2752Rの4本をご紹介してこうと思います。
ワールドシャウラの購入を検討されている方は是非参考にして頂けると幸いです。

6 件のコメント:

  1. 1652は本当に最高ですよね。
    海でも大活躍です!!

    返信削除
    返信
    1. 最高ですね!
      1652無しじゃ生きていけません!(笑)(//∇//)

      削除
  2. ワールドシャウラのコルクの手入れはどのように行っていますか?

    返信削除
    返信
    1. まだワールドシャウラは綺麗な状態なのでやってないですが、コルクグリップはシンナーで拭けば綺麗になりますよ!(๑>◡<๑)

      削除
    2. シンナーがグリップ部分についてしまっても問題ないですか?

      削除
    3. 全然問題無いですよ!(๑>◡<๑)
      もし心配であればマスキングテープでも巻いておけば良いかもしれませんね!(*^▽^*)

      削除

人気の投稿