Translate

2019/06/01

オフセットフックの刺し方

オフセットフックを使う

皆さんはオフセットフックをお使いになりますか?
イシーは最近テキサスリグをやる事が多いので必然的にオフセットフックを良く使います。
写真はジャッカルのチャンクロー3.5インチとカルティバのオカッパリフック3/0です。
特にこのクロー系ワームをテキサスリグでやるのがマイブームなんです。
そこで、皆さんはオフセットフックを使う時どの様な刺し方をしていますでしょうか?
ここまでは大抵皆さん一緒だと思います。
まあ、逆に付ける方法(いわゆる逆付け)もありますが。
この後、皆さんはどうしてますか?

フックポイントを完全に隠す

この刺し方が一番カバーに強いと思います。
赤矢印がフックポイント(針先)です。
フックポイントをワーム本体の中に差し込む。
つまり、フックポイントは一切ワームの外に出ない状態です。
これであれば、ガチャガチャしたヘビーカバーでも恐れる事なく攻める事が出来ますよね!
ワームにもよりますが、欠点として思い切りフッキングしてあげないとフックポイントが上手くバスの口に刺さらない場合がある事です…。
ちなみにイシーはこの方法はやりません。

フックポイントを完全に出しておく

この刺し方はあまりカバーに強くありません…。
赤矢印のフックポイントが完全にワームの外に出ている状態です。
この方法だとフッキング率はかなり高いですが、前述した通りカバーに強くないのでカバーに引っかかてしまう事が多いです…。
なのでこの刺し方をする場合はカバーがあまり無い様なエリアや、水がクリアでバスをサイトフィッシングで狙う様な時に適しています。
この方法をイシーは多用します。

フックポイントを少しワームに隠す

この刺し方が一番無難なのかな?と思うんですが。
一度フックポイントを完全に出した後、もう一度フックポイントの先だけをワームに隠すという状態です。
前述した2パターンの丁度中間的な感じですね。
これであれば比較的カバーも攻められるし、フッキング率もそこまで悪いわけではないです。
この方法もイシーは多用します。
なのでイシー的にはフックポイントを完全に出して使うか、フックポイントを少しワームに隠すかという感じで使い分けてます。

シチュエーションや好みによって変わる

オフセットフックの刺し方は釣りをするシチュエーションによって変えてる人もいると思います。
後は刺し方に好みがあって、その刺し方だけをするという人もいるのかなと。
たかがフックですが、されどフックです。
フックが無いと魚は釣れませんからね!
この機会に皆さんもフックの刺し方について考えてみてはいかがでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿