Translate

2019/06/08

大好きなフットボールジグですが…

シューティングボールジグ

最近イシーが打ち物に多用しているのがフィナの『シューティングボールジグ』です。
これなんですけど、何かおかしな事に気づきませんか?
実は…。
ふ、フックが…。
折れちゃってますね。(笑)
この『シューティングボールジグ』はフックが柔らかい為折れやすいんです…。

メリットかデメリットか?

このフックの柔らかさをメリットと思うか、デメリットと思うか。
それは人それぞれだと思うんですが。
イシーはメリットだと思ってます。
フットボールタイプのラバージグって水中での姿勢の関係でどうしても根掛りが多いんです。
アーキータイプのラバージグを使えば良いという話ではありますが、やっぱりフットボールジグが好きなんですよ〜。(笑)
では何故この柔らかいフックがメリットだと思っているのかというと。
根掛りした際に、太いラインを使用していればフックを曲げて回収出来る確率が凄く高いんです。
運良くフックが折れずに曲がっているだけであれば、プライヤー等でフックを戻してあげれば良いだけですから。

今年一番のバスもシューティングボールジグ

今年、2019年の2月に51cmのバスを釣ったのもこの『シューティングボールジグ』でした。
『シューティングボールジグ』にジャッカルのチャンクローをトレーラーにして良く使ってます。
このセッティングが大好きなんです!
ごちゃごちゃしたヘビーカバーの中を攻めるというよりは、カバーの外側で誘うイメージです。
これが凄く良いんですよ〜。
倒木等が見えない位置にあったら根掛ってしまう事もありますが、まあ打ち物ですから根掛りなんて恐れてたら釣りになりません。
皆さんも騙されたと思ってフィナの『シューティングボールジグ』を使ってみて下さい!
もしかしたらもしかします!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿