Translate

2019/07/10

ワールドシャウラに物申す!

7フィート以上のベイトモデル

2018年に発売されて以降、大分浸透してきたワールドシャウラなんですが、ベイトモデル且つ7フィート以上のワールドシャウラについて皆さんはどう思っていますでしょうか?
7フィート以上になるとストレートグリップではなく下記写真の様にセパレートグリップになりますよね。
イシー的にセパレートグリップは全然アリです!
がっ!
これさ〜、何でスピニングモデルの7フィート以上のモデルみたいにカーボンモノコックグリップにしなかったんだよ…。
7フィート以上のスピニングモデルは下記写真の様にセパレートグリップ且つ、カーボンモノコックグリップになります。
7フィート以上のスピニングモデルのワールドシャウラを所持している方なら分かると思うんですが、超軽量じゃないですか?
これをベイトモデルにも使えば良かったんじゃないかい…?
まあ、ブランクスとのバランスも考慮した上での事かもしれませんが…。
このカーボンモノコックグリップを7フィート以上のベイトモデルにも採用していたとしたらもっと使用感が軽快になったと思うんだけどな〜。

グリップについて

更に7フィート以上のベイトモデルにはXシートが採用されています。
これです。
Xシートが採用されている為にグリップが赤枠と白枠で囲まれた様になっています。
この白枠で囲まれているグリップの黒いボルトみたいな所、最初は使っていてめちゃくちゃ違和感ありましたけど、使っている内に慣れてきます。
後は、実際手で握る赤枠で囲まれている部分。
ここは凄く手触りが良いです。
まあ、そこまでは良いんですが…。

Xシートについて

Xシートはトリガー交換が可能という機構ですが、これ実際にトリガーを交換して使っている人いるの?って思う…。
ハッキリ言ってこの機構無駄じゃないかい…?
一体どれだけの人がトリガー交換して使ってるんだ?って問いたくなるわ…。
実際にトリガー交換して使ってます!っていう人います…?
そうなるとやっぱりカーボンモノコックグリップを採用した方が良かったんじゃない…?
ただ、今更変更するのも止めてほしいけど…。
デザインがバラバラになるのが嫌だから…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿