Translate

2019/07/27

ルアーのカラーセレクトはどうしてますか?

沢山のカラー

ルアーのカラーって物凄く沢山ありますよね。
一種類のルアーだけでこれだけ沢山のカラーバリエーションがある物もあります。
そんな中、皆さんはどの様にしてルアーのカラーセレクトをしてますでしょうか?
イシーの結論から言ってしまうと、正直カラーはそこまで深く考えななくて良いと思ってます。
ただ、このカラーはやたら釣れるとかはあるでしょうけど。
今回はDUOのレアリスシャッドを例に話を進めていきたいと思います。

ナチュラル系カラー

まずはナチュラル系カラーと言われるものです。
下記の様なカラーがそれにあたります。
これは『野ギル』というカラーです。
こういったナチュラル系のカラーは水が澄んだエリアで有効と言われたりします。
また、バスが捕食しているベイトのカラーに合わせたりする事をマッチザベイトと呼ぶ事があります。

アピール系カラー

今度はアピール系カラーと言われるものです。
下記の様なカラーがそれにあたります。
これは『透けクロキン』というカラーです。
こういったアピール系のカラーは水が濁っているエリアで有効と言われたりします。
バスが捕食しているベイトに合わせるというよりも、濁りの中で如何にバスに見せられるかという所です。

そこまで深く考えるな!

一応此処までお話した事はあくまで水の状況によってルアーのカラーを選択するという考え方です。
でも良く考えて下さい!
ナチュラル系カラーが濁った水のエリアで効かないという事は無いです。
例えば、先程ご紹介した『野ギル』というカラーですが、実際にブルーギルがいたとして、水が澄んでいても、濁っていてもブルーギル自体の色が変わるわけではないですよね。
多少色が濃い、薄いはあるでしょうけど…。
ちなみにこれは釣りガールNANAが釣ったブルーギルですよ。(笑)
逆もそうです。
アピール系カラーが澄んだ水のエリアで効かないという事は無いです。
例えば、バスが金魚を捕食する映像がYouTube等の動画でアップされていますが、金魚はかなり派手な色をしてますよね。
という事は水が澄んでいようが、濁っていようがそんなに深く考えなくて良いという事です。
そんな事よりバスを惹きつける能力があるルアーの方が大切だと考えてます。
その動きされたら口使っちゃう!っていうやつです。

カラーは自分の好きな物を選べ!

あくまでイシーの考えですが、ルアーのカラーは二の次として、どういったルアーの動きでバスを惹きつける事が出来るか、という事の方が先決だと思います。
後はアングラー側から見て見やすい色だったり。
これは『シラウオ』というカラーです。
サイトフィッシングで魚を狙うのであれば、『シラウオ』の様にアングラーが見やすいカラーを使った方が圧倒的に有利ですよね!
ですから、カラーセレクトには悩まず、自分の好きなカラーだったり、実績のあるカラーだったりと、釣れそうだと思っているカラーを使った方が良いです。
釣れそうもないカラーを使っていても釣りが雑になってしまいますから…。
だったら自分がこれだ!と思うカラーを使うのが一番ですよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)