Translate

2019/08/17

レアリススピンでのバラしを防ぐ為に!

バラしが多いレアリススピン

前回の釣行記事『レアリススピン祭り!(写真多め)』で、レアリススピンでのバラしがあまりにも多かった為、50アップのバスをバラしてから考えたある事
それを今回の記事ではご紹介していきたいと思います。
ちなみに上記写真がある事をしたレアリススピンなんですが、何をしたか分からないですよね?(笑)

フックを交換!

また以前のブログ記事ですが、『NEWフックST-36MFが凄すぎる!』という記事を書きました。
フックをフッ素コーティングされているフックに交換したら刺さりが良くなり、バラしが少なくなるのではないか?と考えたんです。
という事で、釣りの最中にST-36MFの#10を購入しました。
レアリススピン14gはノーマルの状態で、#10のフックが付いてます。
本当にフッ素コーティングがされいるかいないかの差だけです。
これでバラしが少なくなるのか否か。
一応持っていたレアリススピン14gを3つ、釣り場でフック交換しました。
釣り場でフック交換って嫌な作業ですね…。
ハッキリ言って面倒くさい…。
ただ、これで本当にバラしが少なくなるのか分かるはずです!

結果

とりあえずST-36MFのフックに交換したレアリススピンを1日中使い続けてましたが、結果はどちらのフックもそんなに変わらないという結論でした…。
要はバスの食い方次第で、ショートバイトの時はST-36MFを使っていようが結局バラします…。
ただ、ST-36MFを使うと貫通力は上がります。
上顎等、硬い所にしっかり掛けたい場合はやっぱりST-36MFに分がある感じです。
あくまでバスがどういう口の使い方をしてきたかで、バラすバラさないの違いがあるだけの事。
今回はノーマルと同サイズフックの#10を使用しましたが、今度はフックサイズをワンランク上げて#8のフックを使って試してみたいです。
この時は#8は売り切れてしまっていたんですよ…。
なので、また機会があればテストしてみたいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)