Translate

2019/09/25

釣れるスピナーベイトを改めて考えてみた

スピナーベイトの王道

最近というか去年もですが、イシーの釣りに欠かせない存在となっているのがスピナーベイトです。
「これぞスピナーベイト!」というのがウォーターランドのエンジェルスピナーベイト。
スピナーベイトと言ったらこれが王道的な感じのスピナーベイトですよ。
それに今年は5/8ozも加わり、良き戦力となってくれています。
もうほとんど5/8ozあれば良いかな〜と思える位。

釣れるスピナーベイトの落とし穴

釣れるスピナーベイトってどういうものか分かりますでしょうか?
まあ、エンジェルスピナーベイトが正解なんですが、何故エンジェルスピナーベイトが釣れるのか?
それはアームです。
赤線のローワーアームが硬いのは当然ですよね。
そして、アームの適度な長さ。
青線のアッパーアームは適度な硬さ(硬すぎても、柔らかすぎても駄目!)な事でブレードの回転によりバイブレーションがボディに上手く伝達し、ボディが揺れる感じが釣れるスピナーベイトです。
アームがバッキバキのスピナーベイトや、ぐにゃんぐにゃんのスピナーベイトは良く無いスピナーベイトとも言って良いでしょう。
ただ、それでも釣れないわけじゃないですが…。
もっともスピナーベイトらしさを出せてるのがこのエンジェルスピナーベイトだと思っています。
ただ!
最近のブログ記事を読んでもらえば分かる通り、魚を釣りすぎるとアームが折れるという弱点があるんです…。
一番最近だと、昨日アップしたブログ記事『完全にやらかした…』を読んでもらえば分かるのですが、バスが掛かった状態のままアームがポッキリと…。
これ、アームが折れる場所によって獲れるバス、獲れないバスに別れるんですよね…。
上記写真のスピナーベイト、青い線の部分で折れる事は良くあります。
この部分で折れたとしてもバスは獲れます。
厄介なのが赤線の部分で折れる事です…。
バスが掛かっていても、この部分から折れてしまったら当然バスを獲る事は出来ません…。
何故赤線の部分で折れるのか不思議に思う方もいるでしょう…。

デカいバスはスピナベを丸呑みする!

30cm程度の子バスならほぼないでしょうけど、本当にデカいバスって実はブレードごとスピナーベイトを丸呑みにするんです。
去年体感したんですが、しっかりラインを結び直したのにも関わらず20lbのラインが切られるという事がありました…。
上手くバスが獲れたとしても。
スピナーベイトがこんな状態で返ってきたり…。
もうこのスピナーベイトは修復不能でした…。
なので、スピナーベイトでデカいバスが掛かったら、ほぼほぼスピナーベイトのアームが変形してると考えた方が良いです…。
だからスピナーベイト等のワイヤーベイト系は消耗品なんです。
何度もこのブログで書いている様に…。
だから以前のブログ記事『買えるのは在庫がある内だ!』みたいになっちゃうわけですよ!w
そうだよな…。
スピナーベイトは消耗品だよな…。
と、自分に言い聞かせるイシーでした〜。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿