Translate

2019/10/17

エンジェルスイマー30g取扱説明書

エンジェルスイマー30g

前回の釣行記事『やっぱり釣れるエンジェルスイマー!』で、タフなフィードを攻略したルアーについて語ってみたいと思います。
そのルアーがこちらです。
ウォーターランドのエンジェルスイマー30gです。
バスで使うのであれば現在発売されている10g、もしくは15gを使用するのが一般的でしょうけど、それだとウエイトが軽すぎて駄目なんです…。
このエンジェルスイマー30g、このまま使用しても良いのですが、出来れば下記の様にして使うとかなり釣れるルアーとなります。

トレーラーは必須!

イシーはスピナーベイトにしても、このエンジェルスイマーにしても、必ずトレーラーのワームを使用します。
それでは下記の物を準備して下さい。

  • エンジェルスイマー30g
  • スレンダーシャッド7インチ
  • はさみ

このエンジェルスイマー30gの能力を引き出すにはウォーターランドのスレンダーシャッドが不可欠です。
ですが、そのままトレーラーとして使用するわけではありません。
スレンダーシャッドの頭の部分をカットします。
こんなふうに。
たったこれだけです。
後は、エンジェルスイマーにスレンダーシャッドを差し込みます。
ワームがズレない様に、しっかり奥まで挿し込んで下さい。
完成です!
これでもうバッチリ釣れます!

エンジェルスイマー30gの使い方

それでは実際にどうやって使用したら良いのか?って所なんですが、超簡単です。
基本的には投て巻くだけです。
30gあるので、かっ飛びますし。
10g、15gのエンジェルスイマーより30gの方が当然フォールするスピードが早いです。
キャスト後、すぐに巻き始めても良いのですが、フィールドのレンジ。
またはバスが居そうなレンジまで落としてから巻き始めても良いです。
巻くスピードとしては、エンジェルスイマーが水の抵抗を受けてブルブルと手元に伝わってくる位のスピードです。
巻くスピードは結構早めですね。
そして、更に早く巻いても30gもウエイトがある為水面に飛び出す事がありません。
これでヌメヌメと超ナチャラルアクションが生まれます。
特にスピナーベイトが効かない時等は、このエンジェルスイマー30gを是非試してみて下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿