Translate

2019/11/22

買い物後の内職

フックサイズ変更!

前回のブログ記事『休日の釣具屋さんハシゴ』はご覧になっていただけましたでしょうか?
その続きと言いますか。
下記写真をご覧下さい。
シマノのスリムスイマー5gなんですが、標準だとオーナー、カルティバのSBL-51 #4というフックが付けられています。
イシーは当然太軸のフックに変えると『フックは太軸に交換すべし!』というブログ記事を書いていた位なので、当然フックは太軸のSBL-67に変えてます。
ただ、思い出しました…。
このフックは標準で取り付けられているフック#4と同じ大きさだと…。
これは違う!
スリムスイマー5gにはやっぱりSBL-67の#2でしょ!

大量のフックと便利ツール

予備のフックとして、大体2〜3パック位はいつも持っていますが、今回はスプーンの数が数だけにフックを5パック(45本)購入したんです。
フック交換はプライヤーが無くても自分の爪で交換できますが、スプーンの量が量だけに爪が可哀想な事になるので…。
普通のプライヤーよりコンパクトで素早くスプリットリングを開ける為にコーモランのリングプライヤーSを購入したんです。

内職開始!

という事で、持っているスリムスイマー5g全てのフックを交換していきます。
ルアーの数は全部で43個ありました。
これが結構大変な作業なんです…。
リングプライヤーSでSBL-67の#4を外し。
またリングプライヤーSでSBL-67の#2を取り付けていきます。
このリングプライヤーS買っておいて良かった〜。
爪に負担無く、簡単にフック交換が可能です!
流石にこの数は結構大変です…。
ちなみに外したフックは捨てないですが、また新しいフックと一緒に保管なんてしませんよ!
新品のフックは新品のフックとしてタックルBOXに入れて常に持ち歩き。
外したフックは一応取っておきますが、使わないので家で保管という事に。(笑)

全43個のフック交換完了!

地道にフック交換を行い、ちゃんと終わらせました!
フック交換が終わったら綺麗にスプーンワレットに並べます。
こんな感じになりました。
って、フックが#4から#2になっただけですが…。(笑)
やっぱり釣りって、こういう小さな拘りも重要な要素だと思ってます。
釣りをしている時は釣りを一生懸命楽しみ、家にいても釣りの事を考えて色々やるのも良いもんなんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿