Translate

2019/11/23

これって使えるんじゃない?

渓流釣りでは使ってるけど

最近エリアフィッシングの記事が続きますね〜。(笑)
だって、もう冬の陽気なんだもん!w
という事で、エリアフィッシングをしてる皆さん。
管理釣り場でプラグは使用しますか?
イシーは殆どスプーンばかり使用してますが、たまにプラグを使う時もあります。
そこで考えたのが、これです。
DUOのSPEARHEAD RYUKIです。
イシーは渓流釣りでシンキングモデルを使用してます。
このRYUKI 50Fであればフローティングモデルなので、「エリアフィッシングで使用出来るじゃん!」と考えたわけです。
勿論トリプルフックは外して、シングルフックのバーブレス仕様にして。
ちなみに50という数字はルアーのサイズ、50mmを表しています。

様々なRYUKI 50

RYUKI 50には様々なモデルがあるんですよね!
例えばサスペンドタイプ。
RYUKI 50SPです。
更に、50サイズで、深く潜るタイプも。
RYUKI 50MDFです。
50mmというサイズだけでもこれだけバリエーションがあるんです。

大きめなサイズ

RYUKIには、50というシリーズの他に70というシリーズもあります!
ルアーのサイズが70mmですね。
当然フローティングモデルのRYUKI 70Fがあり。
70mmでも深く潜るタイプ、RYUKI 70MDFがあります。
管理釣り場で使うとなれば、どちらかというと50mmより70mmの方が良いかな〜という感じです。

管理釣り場のルールはクリア

全ての管理釣り場ではないですが、殆どの管理釣り場がルール上9〜10cm未満のプラグまでしか使えません。
更に5g台までという釣り場も。
釣り場によってルールは様々です。
紹介させてもらったルアーは5cmか7cmなので、管理釣り場のルール上問題無いです。
また、ルアーウエイトも全て6g未満になります。
後はトリプルフックを外し、シングルフックのバーブレス1本にすれば良いだけです。
渓流で活躍するこれらのミノーをエリアフィッシングで使用しているという方はいらっしゃるでしょうか?
是非ともどんな感じか、感想を聞きたいです!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿