Translate

2019/11/06

回遊ルート待ち伏せ作戦!

休日2日目の釣行

前回のブログ記事『やっぱり寄り道は重要よ!』の翌日です。
風がビョービョー吹いててやりにくい状況でした…。
タックルは前回と同様です。

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb

  • ロッド:ワールドシャウラ2651F-3
  • リール:ステラ2500SHG
  • ライン:GT-R HM 8lb

やる事も前回と一緒。
と、考えていたのですが…。

やっぱり釣れない…?

とりあえず前日同様の釣りをしていたのですが、やっぱり釣れない…。
野池を変えどもやっぱり厳しい…。
日中陽が昇ると、ある程度大きいバスが動き出します。
そこで、イシーは考えました。
…。
…。
そうだ!
自分が動き回るのは止めよう!と。
野池も此処だ!という所に絞り、ポイントもバスが回遊してくるであろう場所にひたすらスピナーベイトを打ち込み、巻きます。
そして、スピナーベイトを横目に通り過ぎるバスが1匹。
やっぱり此処を通ると確信。
今度はクランクベイトにルアーを変えてひたすら投げて巻きます。
すると、通り過ぎたバスかどうかは定かではありませんが、クランクベイトを猛スピードで追いかけてくるバスが!
ここで肝心な事は、絶対に巻くスピードを緩めたり止めたりしてはいけません!
そのままのスピードでバスから逃げる様にルアーを巻き続けると。
バスがルアーに追いつき、バクッ!
食った!
良いサイズだけど、足場が高い…。
写真だと足場の高さは分からないかもしれませんが、こんな所で掛けました。
しかも落ち葉だらけ。(笑)
少しでも引き代があればクランクベイトでも攻めるんですよ!w

長期戦に勝った!

そして、フックがしっかり掛かっているのを確認し、抜きあげました!
キタキタキター!
お腹ぶっくりの良いバスです!
ふふふ。w
やってやったぜ!w
今の時期は、バスが動き回るから苦労した…。
マジで待ってる時間長かった…。
でも、その時間があったからこその達成感!
46cmの価値ある1匹!
重さは1,500gジャストです。
何かもう、1箇所に居座って長かったから一気に疲れが…。
ルアーはDUOのレアリスクランク11Aです。
レアリスクランクは標準で太軸のフックが使われてるので安心して抜きあげられました。
でも本当に疲れて、15時前にはもう帰宅です。w
忍耐力が試される回遊ルート待ち伏せ作戦、皆さんも元気があれば是非試してみて下さいね!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿