Translate

2019/11/27

【エリアフィッシング向け】ステラC2000SHGとステラC2500SXG

エリアフィッシングでのステラ

皆さんはエリアフィッシングをやる際にどんなリールを使用していますでしょうか?
ブログをいつもご覧になって下さっている方なら分かると思いますが、イシーは『ヴァンキッシュC2000SHG』、『ステラC2000SHG』、『ステラC2500SXG』を使用しています。
今回は『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』について記事を書いていこうと思います。
写真左側が『ステラC2500SXG』。
写真右側が『ステラC2000SHG』。
エリアフィッシングではドラグをフルに活用する釣りの為、ステラを使用している方が非常に多いです。
今までであれば、『ステラC2000SHG』という番手がメインになっていましたが、最近になって『ステラC2500SXG』という番手も使用する様になりました。
これから『ステラC2500SXG』という番手を中心に話を進めていきます。

スプールについて

まず、『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』ではスプールに違いがあります。
写真をご覧下さい。
写真左側が『ステラC2500SXG』のスプール。
写真右側が『ステラC2000SHG』のスプール。
違いとしては『ステラC2000SHG』より、『ステラC2500SXG』の方が深溝スプールだという事。
『ステラC2000SHG』ではナイロンライン4lbが100mというラインキャパシティでしたが、『ステラC2500SXG』ではナイロンライン5lbが110mというラインキャパシティになってます。
近年、大きい魚をストックしている管理釣り場が多いという事もあり、4lbラインを5lbラインにする事で非常に安心感があり、わずか1lbの差ではありますが、獲れる魚と獲れない魚が必ず出てきます。
ラインを太くすると飛距離が落ちる傾向にありますが、実際に同じ真鍮製の5gのスプーンをフルキャストした際、そこまで飛距離に差は無いように感じました。
『ステラC2500SXG』のスプールが深溝だという点意外は、『ステラC2000SHG』、『ステラC2500SXG』、どちらもスプール径43mm、スプールストローク13.5mmと同一です。

ハンドルについて

次は『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』のハンドルについてです。
写真をご覧下さい。
写真左側が『ステラC2500SXG』のハンドル。
写真右側が『ステラC2000SHG』のハンドル。
ハンドル長に関しては同じ45mmという長さのハンドルになっています。
『ステラC2000SHG』のギア比は6.1、『ステラC2500SXG』のギア比は6.4です。
ギア比が高くなれば巻き感が重くなる傾向ですが、『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』は同じハンドル長にも関わらず、『ステラC2500SXG』の巻き重り感は感じませんでした。
18ステラになってから、パワーが上がったと言えるでしょう。
例えば、XG(エキストラハイギア)だからと言ってロングハンドル(パワーハンドル)を付ける方がいますが、その必要は全く無いです。
『ステラC2000SHG』、『ステラC2500SXG』、どちらも45mmというハンドル長がジャストな印象です。

ボディーとローターについて

次は『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』のボディーとローターについてです。
写真をご覧下さい。
写真左側が『ステラC2500SXG』のボディー・ローター。
写真右側が『ステラC2000SHG』のボディー・ローター。
ボディーサイズは当然違います。
『ステラC2000SHG』は#1000のボディーサイズに対して、『ステラC2500SXG』は#2500というボディーサイズになります。
写真だと分かりにくいと思いますが、『ステラC2000SHG』より若干『ステラC2500SXG』のボディーの方が大きいかな〜という程度ですが、ローターのサイズが『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』は#1000で同一な為か、それほど大きさは気になりません。
重量が『ステラC2000SHG』は170g、『ステラC2500SXG』は180g。
10gの差があり、『ステラC2500SXG』は若干重いかな〜という程度です。

まとめ

結論として、『ステラC2000SHG』と『ステラC2500SXG』ではラインのキャパシティが異なり、少しの大きさと重さが違うだけです。
やはりラインの太さによって使い分けが必要になります。
ただ、『ステラC2500SXG』はライン5lbが110mストック出来る点とXG(エキストラハイギア)であるという事が非常に大きく、より大きい魚を狙う場合は『ステラC2500SXG』の方が断然有利です。
『ステラC2500SHG』という番手も存在しますが、お勧めは絶対『ステラC2500SXG』です。
それは何故か?
過去のブログ記事『リールは絶対ハイギア』をご覧下さい。
やはりステラは素晴らしいリールで、新しく購入した『ステラC2500SXG』という番手はイシーにとって無くてはならないリールとなりました。
『ステラC2500SXG』がメインリールとなりつつあります。
皆さんも購入の検討対象に入れてみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿