Translate

2019/12/11

ネイティブトラウト用NEWロッドが発売!

ネイティブトラウトもやるイシー

実はイシー、渓流釣り(ネイティブトラウト)もやるんです。
知ってる方は知ってるでしょうけど、一応…。(笑)
この写真ヤバくないですか?
川の水が超綺麗で、これぞ「映えってる。」というのに値するのではないでしょうか?w
そんな事より、イシーは今現在、渓流釣り(ネイティブトラウト)用に『カーディフNX S60UL』というロッドを所持していますが。
なんと!
シマノから早くも2019年の内にNEWネイティブトラウト用ロッドが発売されます!
※番手によっては2020年発売

カーディフ ネイティブスペシャル発表!

まずはロングロッドの番手が2019年の内に発売され、ショートロッドの番手が2020年2月に発売予定となっています。
その新たなロッド、『カーディフ ネイティブスペシャル』がこちらです。
写真はロングロッドの写真です。
なんと、スピニングモデルとベイトモデル合わせて、全15機種も揃っています!
現モデルの『カーディフNX』よりも『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』の方がお値段がちょっとお高いです…。
例えば、イシーが所持している『カーディフNX S60UL』は定価で28,400円ですが、同じ番手の『NEWカーディフ ネイティブスペシャル S60UL』は定価で41,500円。
ちょっとじゃないですね…。
結構お高くなってます…。
でも、色々確認したら納得でした!

ハイスペックロッド

まずはブランクスなんですが、『カーディフNX』はハイパワーXを採用したブランクスでしたが、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』はハイパワーXとスパイラルXをダブルで採用したブランクスになっています。
当然スパイラルXを採用したロッドの方がブレやネジレが削減されます。
更に『カーディフNX』のガイドはステンレスフレームKガイドでしたが、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』のガイドは軽いチタンフレームKガイドが使われています。
TORZITEリングは採用されてなさそうですが、ブランクスがスパイラルXを纏って、ガイドがステンレスからチタンに変わったら、そりゃあお高くなりますよ!
また、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』には3ピースロッドもラインナップに加わっています。
2ピースロッドに関しては当然アクティブフェルールが採用されていて、しかも、各アイテムごとに応じた専用設計。
いかがですか?
お高い理由に納得されましたか?w

グリップ

イシーはトラウトフィッシングでベイトタックルを使用する事はありません。
ただ、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』ベイトモデルのグリップを見たらカッコイイ!
CI4+素材を使用したパーフェクションシートXTです。
これ、現ワールドシャウラの6フィート未満のアイテムと同じじゃありませんか!?
しかも色がカッコイイ!
良いな〜。(笑)
でもイシーはスピニングモデルが欲しい!
スピニングモデルは天然木を使用したオリジナルシートです。
これは1本1本異なる見た目になるんですよね。
トラウトフィッシングならではの味のあるグリップで、これもまた良い!

イシーは購入するのか?

正直言いましょう!
イシーは『NEWカーディフ ネイティブスペシャル S54UL』がめちゃくちゃ欲しいです!w
でも、まだ買うかどうかは微妙なラインですね〜。
何故なら、2020年新製品の情報がまだなので…。
それが分かった時点で購入を検討かな〜?
という事で、2020年の新製品情報が入り次第即ブログにアップしますので、お見逃しなく!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)