Translate

2019/01/19

高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.2)

前回のおさらい

それでは、『高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.1)』の続きになります。
もう一度おさらいなんですが、ビジョンの明確化、ビジョンに対して何故必要か?は大丈夫でしょうか?
これが出来ていないと駄目なので、良く分からない方は(Part.1)の記事を読み返してみて下さい。


購入するお店を選定する(Amazon)

さあ、実際に買うべき物が決まったら何処のお店で購入するかを決めます。
ちなみにイシーのお勧めは『Amazon』と『楽天市場』です。
それ以外で購入するという事は基本的にお金が掛かると思って下さい。
まず『Amazon』は値段が変動するという事をご存知でしょうか?
これを知っているのと知っていないのとでは得するか損するか変わりますよ。
では下記画像をご覧下さい。
このグラフは『Amazon』でのステラC3000XGの値段変動のグラフです。
お分かりですか?
グラフを見る限り、一番高い時で63,167円でした。
そして1月17日(現在)は60,342円です。
なんと32%OFFの価格まで落ちてます。
ここが狙い目です。
ちなみに皆さんが通っている釣具屋さんではこれがいくらで売られていますか?
税込で7万円を超えてしまうのではないでしょうか?
ざっくり1万円違うって結構な額ですよね?
という事でまずは『Amazon』での購入を考えます。
※『Amazon』は通常このグラフは表示されません。
使用しているグラフツールが知りたい方は『イシーのフィッシング日記』のLINE@に登録していただければ個別にお教え致します。
下記URLのブログ記事からLINE@でお友達登録して個別にLINEメッセージして下さい。
https://www.ishi-fishing-diary.com/2018/10/line.html

購入するお店を選定する(楽天市場)

発売前の商品や、『Amazon』では取り扱っていなかったり売り切れの場合は『楽天市場』を使用します。
なぜ『楽天市場』を使用するのかというと、安く購入出来る場合があるのは勿論の事ですが、ポイントも付与されるからです。
ちなみに『Amazon』と同じく『楽天市場』でもステラC3000XGを検索します。
 ここで「最安ショップを見る」をクリックしてみましょう。
いかがですか?
『楽天市場』の最安ショップでも61,906円+送料が発生します。
やはり『Amazon』と並行して確認するのが良い事が分かりますよね?
ここでもちょっとした裏話ですが、『楽天市場』で購入する際はパソコンからではなく、スマホのアプリから購入して下さい。
何故ならば、スマホのアプリから購入した方がポイントが多く付与されるからです。

まとめ

ここで一度まとめます。
目的の商品は『Amazon』もしくは『楽天市場』から購入する事。
更に言えばパソコンを使用して『Amazon』の価格変動を常に確認しておく事が重要です。
また、『楽天市場』から購入する際はスマホから購入する事。
そうする事により目的の商品を安く、またはポイントが多く付与されて購入することが可能です。
今回は何処から商品を購入するかについて記事を書きましたが、(Part.3)以降は更にイシーが行っている事についてお伝えしたいと思います。

2019/01/18

高級タックルを手に入れる為にやるべき事(Part.1)

イシーについて

ふと思いついたので、この記事を書こうと思います。
まずは私、『イシー』という人物について知ってもらえたらなと。
皆さんお分かりかと思いますが、イシーはただの一般人です。
普通に皆さんと同じ様に?仕事をしているただの一般人です。
学生ではありませんのであしからず…。
そんなイシーですが、釣りのタックルは超高級なタックルを使用している事をブログ記事を見てもらえば分かると思います。
ごくごく普通の一般人なんですが、使ってるタックルに関しては一丁前ですよね。(笑)
そうなんです。
何か他の人とは違う事がいくつかあると思います。

2018年に購入した物

ちなみに去年の2018年に購入したロッドとリールをお伝え致します。
ロッド
  • ワールドシャウラ15101F-3
  • ワールドシャウラ1651FF-3
  • ワールドシャウラ1652R-3
  • ワールドシャウラ1702R-2
  • ワールドシャウラ2651F-3
リール
  • アンタレスDC MD XG (3台)
  • ステラC2000SHG
  • ステラ2500SHG
ざっくり計算する為に1アイテム6万円としましょう。
そうすると10アイテムで約60万円となります。
あくまでロッドとリールだけでこの金額です。
ここにライン代やルアー代、その他を含めるともっと金額は上がるでしょう。
あなたにここまでの金額を出す事が可能でしょうか?
はっきり言います。
「出せます!」
何故そんなはっきりと言えるのかこれから説明させていただきます。

自分のビジョンを明確にする

まず一番大切な事が、ビジョンを明確にするという事です。
意味が分かりますでしょうか?
簡単に言ってしまえば目標です。
今年あなたが欲しいと思っている釣り具はありますか?
残念ながらこの時点で「欲しい!」と思っているだけではあなたにその釣り具は買えないかもしれません…。
下記写真をご覧下さい。
シマノの最高峰スピニングリール、ステラです。
「欲しい!」と思いますか?
さっきも記載した様に「欲しい!」と思ってるだけじゃ買えないんですよ…。
買える人も中にはいるかもしれませんが、ごく一部のお金持ちでしょうね。
最初に言った様にイシーはごく普通の一般人で決してお金持ちではありません。
でもイシーは今年も「ステラ買います!」
まずここが重要なんです。
「ステラ欲しい!」ではなく、「ステラ絶対買う!」に思考を持っていくんです。
良いですか?
ただ単に「なんとなく欲しい!」とか「かっこいいから欲しい!」とかそんなんじゃ駄目なんです。
「ステラ絶対買う!」です。
ビジョン(目標)は明確にする必要があります。

why?

皆さんの頭の中で「絶対買う!」と決断した物は浮かびましたか?
では何故その物を絶対に買うのか?
理由があるはずですよね?
理由が無い物ならば買う必要は無いという事です。
何故買うのか?
必ず自分に問いかけるべきです。
そうすると「○○の為に必要だから!」と答えが出ます。
答えが出ない物は必要が無い物なんです。
つまり買っても無駄という事ですね。
本当に必要かどうかきちんと頭の中を整理して考えてみましょう。

まとめ

ここで一度まとめます。
まず欲しい物があるならば、それを絶対に買うべき物にする。
そして、その絶対に買うべき物に対して何故必要なのかを何故?で問いかけて、強固たる買うべき物にしてしまうんです。
自分の心理をある意味操るんですね。
そうしないと絶対に高級タックルを買う事が出来ませんので…。
今回はまず自分の気持ちにブレが起きない様心理的に持っていく方法なんですが、(Part.2)以降では実際に高級タックルを買う為にやるべき事等を具体的にお話ししていきます。

2019/01/17

シマノを味方にしよう!

カスタマーセンターサイト

シマノのWEBページには『シマノカスタマーセンター』というページがある事をご存知でしょうか?
上記画像がカスタマーセンターのWEBページです。
このWEBページでは様々な事が出来ます。
どの様な事が出来るのかざっくりとご説明させていただきます。

  • 取扱説明書、分解図やパーツ価格表の閲覧
  • リールの糸巻き量の計算ツールの利用
  • ジギングロッドの適合表でウェイトを確認
  • スプールやハンドルの互換性、鮎竿の替え穂先の検索
  • ジャンル別の「よくあるご質問」で問題解決

簡単に説明してしまうと、シマノ製品に関する多彩なコンテンツを閲覧する事が出来るWEBページになります。
また、シマノ製品のダイレクト修理サービスもこちらのWEBサイトから依頼する事が可能なんです。
ダイレクト修理サービスとは、店舗に行かなくてもWEBサイトから修理を直接申し込む事が出来るサービスになります。
シマノ製品のトラブル時対応方法や役に立つコンテンツが満載ですので是非ご覧になってみて下さい。
下記URLからカスタマーセンターのWEBページを閲覧出来ます。

オーバーホールキャンペーン

2019年、2月12日〜3月29日までシマノスピニングリールのオーバーホールキャンペーンが開始されます。
毎年行われているオーバーホールキャンペーンですが、スピニングリールのオーバーホール技術料が25%OFFでシマノ社に依頼する事が可能です。
※ベイトキャスティングリール・電動リールは2019年、9月2日〜10月18日になります。
またキャンペーン期間中であれば先着5,000名様にシマノオリジナルドライポーチが貰えるみたいですよ!
リールのオーバーホールを考えている方は是非この機会にいかがでしょうか?

2019/01/16

あなたはどちら派?

ステラとヴァンキッシュ

昨年、2018年にステラが新しくなって登場しました!
今年、2019年はヴァンキッシュが新しくなって登場します!
写真上部がいわゆる『18ステラ』、写真下部がいわゆる『19ヴァンキッシュ』になります。
パッと見た感じどうでしょうか?
色が全く違うので見た目もガラッと違います。
この時点で好みが別れると思います。

コアソリッドシリーズとクイックレスポンスシリーズ

ステラは『コアソリッドシリーズ』の最高峰スピニングリール。
ヴァンキッシュは『クイックレスポンスシリーズ』の最高峰スピニングリール。
どちらも最高峰のリールである事は確かなのですが、全く性格が異なる二つと考えていただいた方が良いでしょう。
では『コアソリッドシリーズ』と『クイックレスポンスシリーズ』では何が違うのでしょうか?
まずはリール自体の重量(重さ)になります。
同じ2500Sという番手で比べた場合、ステラの2500Sは205g。
対するヴァンキッシュの2500Sは165g。
重量面でステラは多少重い、ヴァンキッシュは非常に軽いです。
勿論、ただ重量が違うという訳ではありません。
リールのローターの重量も勿論違いますから、ローターが回転した際の慣性も変わります。
ステラは慣性が高い為、一度巻きだすとある程度ローターが回り続けます。
ヴァンキッシュは慣性が低い為、一度巻きだしてもすぐにローターが止まる感覚です。
大きな違いとしてはリールの重量とローターの慣性という事になります。
これは釣りの用途によって変える方もいれば好みで選択するという方もいると思います。
更に今回登場する19ヴァンキッシュは、ステラだけに許されていたロングストロークスプールが初めて採用されています。
ステラ危うし!?

シマノの最高峰は?

基本的にはステラ、ヴァンキッシュどちらを選択しても良いでしょう。
自分が好きな方を選択すべきだと思います。
が、シマノ社のスピニングリールの最高峰はステラです!
これは揺るがないですね!
イシーはステラが大好きなのでステラしか選択しません!
いや、分からないけど…。(笑)

2019/01/14

カッコイイぞ!スコーピオン!

カタログで見るよりカッコイイ!

今年、2019年にリールのスコーピオンMGLとロッドのスコーピオンが発売されますね!
イシーはハイエンドモデルしか買わないんですけど、スコーピオンの画像をSNSのフォロアーさんがアップしていましたのでご紹介致します!
まずはリールのスコーピオンMGLから。
いかがですか?
カタログで見るスコーピオンMGLと全然色が違いますよね!
レッドが際立っててとてもカッコイイです!
そして、ロッドのスコーピオンがこちら。
ワールドシャウラ程の派手さはないですが中々良い色ですよね?
これ、リールとロッド両方スコーピオンにしたらベストマッチなんじゃないでしょうか?

リール+ロッド

それではスコーピオン同士の組み合わせを見てみましょう!
うん!
中々カッコイイと思いますけどね!
別角度からも見てみましょう!
ん…?
あれ…?
ロッドのバッド部の赤がちょっと足りない感じ…?w
まあまあ、十人十色で好きな人嫌いな人がいますからね!(笑)

結論

う〜ん、まあカッコイイと思いますよ!
皆んな大好きスコーピオンですし!
でもねぇ、ミドルクラスでしょ…?
ハイエンドモデルを使ってしまったらスコーピオンは全くいりませんね…。
眼中に無いです!(笑)
これを見て、欲しい!と思った方は買ったら良いんじゃないんですかね!程度。w
ちょっとこれからこのブログは辛口評価で行きますよ!(笑)

2019/01/13

19アンタレスについて考えてみた

19アンタレスについて

今年、2019年にシマノから発売されるNEWアンタレスですが、皆さんはどの様な印象をお持ちでしょうか?
アンタレスと言えば鏡面ボディというのが特徴的で、今回発売されるアンタレスも鏡面で仕上げられており、まさに『アンタレス』と呼ぶに相応しい外観となってます。
外観は良いとして、問題は中身ですよね!

マグナムライトスプールⅢ

やはりリールのキャストフィールに影響してくるスプールですが、今回は最新のマグナムライトスプールⅢが採用されています。
写真右側が今回19アンタレスに採用されているマグナムライトスプールⅢになります。
写真左側第二世代のマグナムライトスプールと比べると更に薄肉化されているようです。
沢山の情報をかき集めた結果、かなりキャストフィールが良くなって、どこまでも伸びる様な感覚との事。
ただ、自分としては残念な点が一つ…。
下記スペック表をご覧下さい。
スプール寸法ですが、スプール径が34mmでバーサタイルに使用できるスプール径だという印象を受けました。
スプール幅も19mmとシマノ史上最少の(エクスセンスDCと同じ)スプール幅となっています。
この19mmというナロー形状にすることにより、第二世代のマグナムライトスプールに比べて15%もの低慣性化が実現出来ているとの事。
そこまでは良いのですが、残念に思った事が糸巻き量です。
なんとナイロン12lbが100m…。
最近イシーはベイトで16lb以下のラインを使う事はありません!
なので、16lbを巻いた場合80mしか巻けないという事に…。
ここはちょっと残念です…。
夢屋で深溝のスプールがあり得るかな?と思いましたが、今の所無さそうなので…。
シマノさん、深溝スプールを出して下さい!w

ブレーキシステム

ブレーキシステムはアナログのSVSインフィニティになります。
最近はこのクリアのブレーキシューを4つONの状態にして、後は外部ダイアルで調整するだけで良いというSVSインフィニティが一般的になってきましたよね!
外部ダイアルがサイドプレート側面にあるので、調整し易そうで自分は好きです!
でもこれが嫌だという方も中にはいますが、そこは賛否両論あるでしょう…。

メカニカルブレーキ

メカニカルブレーキなんですが、ある動画で見た時シマノの拘りが見えた気がしました!
メカニカルブレーキノブを回すとクリクリっと音が鳴るのは当然ですが、ノブの側面に『ANTARES』という表記がありますよね?
なんとメカニカルブレーキノブを回してもこの『ANTARES』表記は回る事無く、ずっと同じ位置をキープしたままなんです!
これは正直驚きました!

まとめ

ざっくりではありますが、自分なりにアンタレスの印象を書いてみました。
皆さんは今回のアンタレスをどの様に捉えましたでしょうか?
とりあえず右ハンドルの発売が2月と、もう来月に迫っています!
イシーは即予約しましたので、実機を手にしたらまたレビューなんかもこのブログで書かせていただきます!

アンタレス使用動画

伊豫部健プロが実際にアンタレスを使用している動画がYouTubeにありましたので是非ご覧下さい!
とても気持ち良さそうにキャストを繰り返してますよ!

人気の投稿