Translate

2019/02/16

リザーバーに最適ウエポン登場!

I字形プラグ

皆さんはI字形プラグを使用する事はありますか?
イシーは昨年の2018年に初めて使用したんですけど、ルアーが直線的に来るので全く釣れる気がしませんでした…。
なんか棒を引っ張ってるみたいで…。
なので数投して止めてしまったんです…。
ところが、ふとした時にまたI字形プラグを投げてみたんです。
そしたら面白いようにバスが釣れました!
リザーバーではこれが大爆発!
特に真夏はI字形プラグが活躍してくれました!

I字形プラグに更なる可能性

そのI字形プラグにまた美味しそうな物が登場してくれるんですよ!
DUOのレアリススピンベイト90が登場です!
というかこれ、I字形プラグと呼んでいいんですよね?(笑)
若干ボディロールはします。
今までは80mmが最大サイズでしたが、今回は何と90mmという大きさ!
下記スペック表を参照して下さい。
何と言ってもその大きさとウエイト。
15gもウエイトがあるのでベイトタックルでもキャスト可能です!
ロングキャストしてサーチ出来ます。
ある事をイシーは考えてますが、まだ秘密にしておきますね。(笑)

カラーラインナップ

このレアリススピンベイト90はカラーラインナップも豊富です。
これが今年登場との事なのでイシーにとってはかなりの武器になります!
広大なフィールド、リザーバーでこれが活躍してくれる事は間違いないはずです!
I字形プラグを投げた事が無い方、是非試してみる事をお勧めします!

2019/02/15

キャスティングは最重要課題!

ルアーフィッシングで一番重要な事!

ルアーフィッシングをする上で一番重要な事は何だと思いますか?
ルアーの選択よりもそのルアーを魚がいる所へプレゼンテーションする事が出来ないと話になりませんよね?
という事で、ルアーフィッシングにおいて一番重要な事は『キャスティング(キャスト)』なんです!
当然の事ですよね!
キャストが出来ないと釣りになりませんから…。
皆さんのキャストはどうでしょうか?

キャストを習得する為に

キャストが上手になれば、魚は自ずと釣れます。
逆に言うとキャストが下手糞な人は魚が釣れません。
釣れにくいと言った方が良いでしょうか?
だったらキャストを上手にしましょうよ!
イシーは小さい頃、家の裏や公園でキャストして遊んでましたよ!
練習じゃないですよ!
練習は辛いもんなんです!
キャストは遊んで覚えましょう!
という事でキャスト遊びの為に必要な物を揃えます!
これはスミスから発売されているピシーズ プラクティスプラグ(キャスティング用シンカー)です。
300円程で購入できます。
1/4oz(約7g)と3/8oz(約10g)セットになってます。
これはあくまでスピニングタックル用に購入した物です。
なので使用するのは1/4oz。
ベイトで使用する為に3/8ozじゃなく、1/2ozあってほしかったかな~と言う感じですが…。
まあ、これから俺がキャスト練習…。
やるわけないですよね!(笑)
これからある子にキャスティングを習得してもらおうと思ってます!

チューブでライン保護

ちなみにこのプラクティスプラグはチューブも付いてます。
このチューブをカットしてキャスティングプラグに結ばれたラインを保護するんです。
水中じゃなく、地面にキャストするとラインも痛みますからね…。
今は寒くて釣りにならない状況の人もいると思います…。
そういう方はキャストして遊ぶのも良いんじゃないでしょうか?
また、キャストに自信が無い方は、今の内に遊んで習得しちゃいましょう!(笑)

2019/02/14

期待外れな19カルカッタコンクエストDC

19カルカッタコンクエストDCを購入予定の方はブラウザバック!

先に言わせていただきます!
19カルカッタコンクエストDCを購入予定の方は不快感しか無いと思うのでこの記事を読まず、すぐにブラウザバックして下さい!
本当に思っている事を素直に書いていきます!
かなり毒を吐きますが、それでも良いと言う方のみ記事を読んでください!

外観は良し!

はい。
19カルカッタコンクエスト、見た目はかなり良いです!
カルカッタコンクエストDCらしいガッチリとしたシルバーの外観でとても美しくカッコイイと素直に思います!
ただし、言わせてもらうと良いのは外観だけです…。
期待外れも良い所…。
スペックが良ければ購入検討対象に入ってましたが、残念です…。
何が残念かをこれから記載していきます。

DCブレーキシステムについて

まずはDCブレーキシステムについてです。
カルカッタコンクエストDCってアンタレスDCと並ぶシマノのフラッグシップモデルじゃないんですか!?
飛びのアンタレス、巻きのコンクエストと言われる位、肩を並べる存在ですよね?
その19カルカッタコンクエストDCが採用しているブレーキステムがこちら。
今やメタニウムDCやスコーピオンDCに搭載されているI-DC5です…。
こらこら!
普通そこは新しいDCブレーキシステムを搭載するべきなんじゃないんですか!?
なんで今更I-DC5なんだよ!
W(ウインド)モードが付いたから良いんですか!?
違うだろ!
そんなのパソコンで例えるならWindows8がWindows8.1になった様なもんやんけ!
(ちなみにイシーは関西人ではございません。w)
Windows10にしてこいよ!
中級機種に既に搭載されているDCブレーキシステムを今更W(ウインド)モードを付けて強風への対応力を強化って…。
A(オート)モードは何処にいったんや!
(何度も言いますが、イシーは関西人ではございません。w)
まあ、100歩譲ってDCブレーキシステムは良いとしよう…。
でもDCブレーキスステムの名前はせめてI-DC6として出してほしかったわ!

スプール径について

次はスプール径についてです。
アナログの14、15カルカッタコンクエストを思い浮かべて下さい。
これですよね?
では、アナログの14、15カルカッタコンクエストのスペック表をご覧下さい。
アナログのカルカッタコンクエスト200番サイズのスプール径は40mmなんです。
そして肝心の19カルカッタコンクエストDCのスプール径は?
何で38mmに落ちてんねん!
(何度も何度も言いますが、イシーは関西人ではございません。w)
38mmじゃアンタレスDC MD XGと同サイズのスプール径だし…。
だったらアンタレスDC MD XGの方が良いだろうが!
そこで差別化出来なかったんか!?
14、15のカルカッタコンクエストの型使って、そこにDCをぶち込んで19カルカッタコンクエストDCを作ればスプール径は40mmになっただろうが!
まあおそらく09カルカッタコンクエストDCが37mm径だから19カルカッタコンクエストは38mmで「1mmアップしてます〜。」って言いたいんだろうな…。
俺は大口径のカルカッタコンクエストが好きだったよ…。

いつも遅い!

まあまあ、DCブレーキシステムもスプール径も1000歩譲って許すわ…。
でもさぁ、シマノさん…。
何でいつもカルカッタコンクエストシリーズはハイギアモデルが一緒に出てこないんだよ!?
ギア比4.8だけって何やねん!?
ハイギアモデルも一緒に出さんかい!
(しつこいですが、イシーは関西人ではございません。w)
まさか来年ハイギアモデルを出さないなんて事ありませんよね…!?
シマノさんお願いです!
絶対19カルカッタコンクエストDC触ったら欲しくなっちゃうので…。w
(というか既に欲しいけど…。w)
ハイギアモデル出して下さい!w
お願いします!(笑)

2019/02/13

寒波に立ち向かう!

寒いフィールド

また寒さ厳しいフィールドに出撃してきました!
寒波の影響でお昼近くになっても気温2℃…。
めちゃくちゃ寒いです…。
更に、あまり凍らないフィールドまで凍っている…。
それでも冬のバスに会うべく、頑張ってきましたよ!

前回釣れたポイントに打ち込む!

以前釣れたレイダウンのポイントは氷が無かったので、別のバスが入って来てるのではないかとフィナのシューティングボールジグ3/8ozにトレーラ―、ジャッカルのチャンクロー3.5インチを打ち込みます!
が、全く無反応…。
一応ロングキャストして深いエリアも探りましたが、一瞬モゾモゾ~っていうバイト?がありましたが、のせられず…。
というかバイトなのか…?
分からない…。
美味しそうなジグなんですけどね~。(笑)
やっぱりこのジグ、思った通り良い感じです!
何が良いのかって?
それは秘密ですよ!(笑)
ラバージグだとボリュームがあり過ぎるのかと思い、チャンクローのテキサスリグも試しましたが不発でした…。
やっぱり冬は甘くないんですね…。
前回釣れたのもかなり運が良かったんだと思います…。

シューティングボールジグ追加

という訳で、釣れない時は釣具屋さんに行くのが鉄則って知ってました?(笑)
使用していてかなり良い感じだったシューティングボールジグを追加購入してしまいました!w
釣れてないけど…。(笑)
写真一番左側のレッドクローというカラー、3/8ozと1/2ozを追加しました~。
これ、どんどんジグが増えていくパターンだな~。(笑)

2019/02/12

イヨケンの影響を受けて

イヨケンの影響を受けた

最近打ち物にハマりつつあるイシーは伊豫部健さん(イヨケン)のフィッシングスタイルに多大な影響を受けています。
もう最近のシマノの顔ですよね!
イヨケンと言えばスタイリッシュな釣りのスタイル。
ガンガン投げて、巻いて、打っての釣りですよね!
フロッグなんかを使うのもイヨケンらしい感じです。
イシーは巻く釣りは散々やってきましたけど、打ち物と言うものをあまり真剣にやってきませんでした…。
たまにやる程度で…。
と言う事で色々考えた数日間…。(笑)
近所の釣具屋、上州屋さんへ行ってきました!w

まずは金券GET!

前回買い物した時に、クジが引けるレシートを貰ったのを思い出しました。
どうせ4等の100円だろうと思いつつもクジを引きます。
あれ?w
3等で500円の金券をGETです!(笑)
ラッキー!
単純に100円の5倍ですからね〜。
結構大きいですよ!
次回は20,000円分の金券が当たりますように!(笑)

買ってきた物を紹介

ではでは、色々と買ってきたのでご紹介致します。
もう面倒なので、全部並べた写真をお見せしますね!(笑)
とりあえず大好きになってしまったジャッカルのチャンクロー3.5インチ2パックと4インチ1パック。
ワームは消耗品なので買える時に買っておくんです!
そして、デコイのテキサスロックMサイズ、Lサイズ。
このペギング用のウキ止めゴムは特に拘りが無いです。(笑)
ペギング出来れば良いという程度で。w
これも消耗品なので追加です。
またジャッカルのタングステンカスタムシンカーの3/8ozを2パックと1/2ozを1パック。
3/8ozと1/2ozはテキサスリグやるなら絶対必要なウエイトかと。
ここまではとりあえずテキサスリグをやるのを想定している感じです。
でもこんなのじゃイヨケンの影響を受けたとは言えないですね…。

ラバージグを視野に入れる

イヨケンで打ち物とい言えばテキサスリグかラバージグですよね!
って大抵の人がそうでしょうけど…。(笑)
ラバージグで自分が良いと思う物って何だろうと考えた時にイヨケンが使っているラバージグが気になったんです!
イシーが持っているラバージグがク◯みたいな物しかなかったので…。(笑)
そして購入したものがこちら。
イヨケンがプロデュースしたフットボールジグ、フィナのシューティングボールジグです。
これも絶対必要なウエイトとして3/8ozと1/2ozを計3色購入しました。
トレーラーに考えてるのは勿論チャンクローですよ!

釣りの幅を広げていく

色々な人の釣りを見て、自分の釣りの幅を広げていくってとても重要な事だと思うんですよね!
特にバスフィッシングはルアーのカテゴリー数で言うと釣りの中でも確実にトップでしょうから。
それ故に奥が深い!
だから、あまり固定概念にとらわれず、もっと色々経験を積んで釣りを楽しんでいく事が重要だと思います!
皆さんも自分に付き纏っている枠を取り払ってみてはいかがでしょうか?

2019/02/11

溺愛ロッド

ワールドシャウラ1702R-2

皆さんには溺愛するロッドはありますか?
「もうこのロッド無しじゃ釣りが成立しない!」位の。(笑)
そこまでではないんですが、イシーはこれです!w
ワールドシャウラ1702R-2です。
今までは1652R-3がバーサタイルで最高の1本だと思っていました。
確かに今でも1652R-3は最高です。
ですが、スピナーベイト用にと思い1702R-2を購入した所、あまりの使い勝手の良さに溺愛する1本となりました!
この7フィートレングスという所が最高なんですよ!

賛否両論グリップ

ワールドシャウラは7フィート以上のロッドになるとセパレートグリップになりますが、これが嫌という方が結構いますね…。
ワールドシャウラはストレートグリップが良いと…。
でもイシーはこのグリップが好きなんです!
何が良いって単純にカッコイイじゃないですか~?(笑)
ストレートグリップも確かにアリですが、セパレートグリップも良いんですよ~!

1652より1702

1652R-3と1702R-2を比較した場合、若干1702R-2の方がロッドにハリがあります。
1652R-3でも十分強いんですが、1702R-2はもっと強いという感じです!
その為、1702R-2は巻物は勿論の事、比較的打ち物にも対応します!
1652R-3も対応しますが…。(笑)
要するにイシーは1702R-2が主力になっているという事ですよ!w

組み合わせるリール

組み合わせるリールとしては勿論アンタレスDC MD XGです!
もうこの組み合わせ以外考えられないです!w
当然アンタレスDC MD XGなのでかっ飛びます!
更に7フィートレングスのロッドなので更にかっ飛びます!
そして、近距離を打っていく釣りにもバッチリです!
もうこの1セット持っていれば大抵の釣りがカバー出来ますよ!

結局何が言いたいか?

結局言いたい事は、1702R-2最高って事ですよ!(笑)
というか7フィートという長さが堪らなく良いですね~。
もうすぐ1703R-2というロッドも手元に届くと思いますが、絶対最高でしょ!(笑)
1703R-2が加わる事で更に釣りの幅が広がります。
ちょっと惜しかったのは1704R-2です。
確かに7フィートというレングスで良いと思うのですが、ロッドパワーが4番ならもう少し長い方が良いかな~と。
という事で1754R-2が出る事を期待してるわけです。(笑)
多分!出るでしょう!
多分…。(笑)

2019/02/10

タングステンシンカー推奨

タングステンシンカーとは何か?

皆さんはテキサスリグ等でバレットシンカーを使う際、どんな素材のシンカーを使用してますか?
大抵は鉛のバレットシンカーが安価で購入出来て、使用してる方が多いと思います。
今回は鉛のバレットシンカーではなく、タングステンシンカーを推奨していきます!
下記写真がタングステンシンカーです。
写真はジャッカルのタングステンカスタムシンカーです。
タングステンシンカーとは何か?と言いますと。
簡単に言ってしまうと、硬度(密度)が高いシンカーです。
鉛は柔らかいけど、タングステンは硬いと思っていただければ良いです。
タングステンのデメリットとしては値段が高いという事ですね…。

タングステンシンカーのメリット

では何故、値段の高いタングステンシンカーを推奨するのか?
それは、メリットが豊富だからです!
鉛のシンカーと比べてタングステンのシンカーは下記メリットがあります。
  • 鉛のシンカーより感度が良い。
  • 鉛のシンカーより良く飛ぶ。
  • 鉛のシンカーよりフォールスピードが速い。
  • 鉛のシンカーより根掛かりしにくい。
いかがですか?
これだけメリットがあるんです。
本当に値段だけがデメリットという感じ…。
下記写真をご覧下さい。 
所持してるタングステンシンカーを並べてみました。
写真で見ても良く分からないかもしれませんが、タングステンシンカーは密度が高い為重さがあっても差ほど大きくならずコンパクトです。
例えばこれが鉛のシンカー28g何て言ったら物凄く大きくなってしまいます…。
逆にタングステンシンカーの14gは鉛のシンカー14gよりコンパクトです。
コンパクトなので空気抵抗が少なく、飛距離に貢献します。
フォールスピードが速いというのもメリットですが、これもコンパクトだからと言えるんでしょうが、人間の目で見て劇的に変わるという訳ではありません…。
根掛かりしにくいというのは、タングステンシンカーは硬度がある為、岩等に当たった際シンカー自体に凹み等が無く、岩等にめり込まないという感じでしょうか。
これが柔らかい鉛のシンカーだと、シンカー自体がボコボコに凹んでしまうという事が起きます…。
結果的にボコボコのシンカーですから岩等にめり込み易くなって根掛かりしてしまうという事に繋がります。

最大のメリットは感度

自分が考えているタングステンシンカーの最大のメリットは感度だと思っています。
魚がバイトした時に感じる感度じゃないですよ!
またピッチングやフリッピングした時もあまり関係無いですね…。
ある程度キャストした時にその最大のメリットに気づくはずです!
ボトムに着底してズル引いた時、「今岩に当たったな。」とか「今は砂地だな。」とか。
地形変化をとても把握し易いんです!
例えば岩に当たったからそこで誘いを入れよう等、これはタングステンシンカーの硬度が一役買っていると言えます。
だからロングキャストして地形変化を感じながら釣りをする事が出来るというわけです!
これをキャロライナリグにして使うのもアリだと思います。

補足メリット

これはあくまで補足として考えてほしいのですが、鉛のシンカー(オモリ)って実は自然界にとっては有害みたいです。
鉄は自然にかえります。
根掛かりしてシンカーを水中に残してしまう事は必ずあると思うのですが、どうせだったら自然に優しい釣り人になった方が良いですよね!
何度も言いますが、タングステンシンカーは高いですけどね!(笑)

人気の投稿