Translate

2019/03/16

ステラの良さを再認識

19ヴァンキッシュに触れて

前回の記事で『19ヴァンキッシュ』に触れたという記事を書きましたが、やはりスピニングリールは最高峰の『ステラ』じゃないと嫌だと単純に思いました。
何故ならばこの高級感ですよ!
勿論見た目の高級感もありますが、『18ステラ』は以前の『ステラ』よりも格段に良くなっています!
イシーは『ステラ』使用歴が結構長いですが、正直以前の『14ステラ』とか全然ダメダメでしたからね…。
何度修理に出した事か…。
でも『18ステラ』は全くそんな事は無く、持つ者に至福の時を与えてくれます!

ステラの何が良いのか?

ハッキリ言ってしまうと『ステラ』を使わなくても十分魚は釣れます!w
釣果に全く差は無いです!(笑)
多分…。(笑)
では何故『ステラ』が良いのか?
良く聞きませんか?
「いつかはステラ。」
そんなふうに言われているリール、良いに決まってるでしょ!w
『ステラ』を長年使ってきたイシーから言わせてもらいますと、今回の『18ステラ』がやっぱり一番『ステラ』らしいと言いますか、もう文句の付けどころが無いんです!
まずは見た目の高級感!
『18ステラ』からそれが際立っています!
そして軽すぎず、重すぎず、持った時に丁度良い重量感。
また、ハンドルを回した時のしっとりとしたシルキーな巻き心地。
この巻き心地はただ軽いだけのリールでは味わえない高級感があるんです!
それに、ベールを返した時の気持ちが良い音と質感。
また、不意の大物にも対応する信頼のドラグ。
このドラグ音もまた気持ち良い音を発するんですよ!
そして、何と言っても『ステラ』というステータスですよね!
釣り人って結構メンタルの影響を受けたりするもんです…。
例えば、ボロボロでガッタガタのリール使ってたら気持ち良く釣りなんかやってられませんよね…?
でも『ステラ』を使っていれば、釣れずとも気持ち良く釣りをし続けられるんです!
釣りをし続けられるという部分から釣果に差が出るかも?(笑)

「いつでもステラ。」

イシーは今回の『18ステラ』が本当に良いリールだと思っているので、もう他のリールなんて使えませんよ…。(笑)
そうなると『18ステラ』もどんどん増えて、今は計3台になっちゃいました!(笑)
「いつかはステラ。」と言いますが、「いつでもステラ。」にしましょうよ!w
必ずあなたに至福の時を与えてくれる事は間違い無いですよ!

2019/03/15

19ヴァンキッシュを触ってきました!

買わないけど、19ヴァンキッシュに触れる

『19ヴァンキッシュ』が発売されて、もう手元にあるという方が沢山いらっしゃると思います。
釣り具屋さんにも並んでいたので『19ヴァンキッシュ』がどんなものか触ってきましたよ!
まあ、見た目は皆さんご存知の通り写真の様な見た目ですよね!
それでは実際に触ってみた感想を超辛口で評価したいと思います。(笑)

全く感動が無い…

『19ヴァンキッシュ』を購入された方、申し訳ありません…。
イシーが触ってみた感じ、全く感動の欠片も無いリールでした…。
ただ、軽いだけ…。
そして、ハンドルを回してみても…。
ただ軽いだけで質感が全く伴っていない…。
ハンドルを回した時の感覚は『16ヴァンキッシュ』の方が良かったです…。
『16ヴァンキッシュ』のハンドルを回した時の方が質感が良かったです…。
更に、デザインもあの真っ黒なカラーリングは正直ダサいなと…。
本当にヴァンキッシュが好きな方には申し訳ない…。
でも正直に言っているだけです…。

更にダメな要素…

他にもダメな要素があります…。
まず写真をご覧下さい。
写真を見て分かると思いますが、ボディにボルトが見えると思います…。
これは完全にマイナス点です…。
何故なら、高いリールはボルトが外側から見えない様にボルトレスで形成されているべきだと考えているからです。
また、ベールを返した時の質感もちゃちぃです…。
良い点をあげるとするならば、ロングストロークスプール位ですかね…。
デザイン、重量、巻き感、ベールを返した時の質感、総合的に見てなんかおもちゃみたい…。
買うつもりは全く無いですが、ハッキリ言ってガッカリでした…。
本当に『ヴァンキッシュ』を気に入っている方には申し訳ないのですが、これが正直な意見です。
やっぱりブログ記事は正直に書かないと…。

やっぱりステラ!

イシーはやっぱり『ステラ』が大好きです!
特に『18ステラ』は今までのスピニングリールの中で最高の出来だと思っています!
見た目の高級感、重量、ハンドルを回した質感、ベールを返した時の質感、どれをとってもダメな部分が見当たらないんです。(笑)
これぞ『ステラ』と言った感じ!
やっぱりイシーは『ステラ』しか愛せないわ~。(笑)

2019/03/14

重たいバイブレーションプラグが欲しいんだよ!

バイブレーションプラグ

バイブレーションプラグって良いですよね!
カッ飛んでくれて!(笑)
特に広大なエリアからバスを探すのにとても重宝します。
イシーも、魚が何処にいるのか分からない時…。
もうどうして良いか分からない時等結構投げる頻度が高いです。
今回はバイブレーションプラグに新しい物が登場するみたいなのでご紹介致します。

DUOからNEWバイブレーションプラグ

そうなんです!イシーはDUOのルアーが大好きなんです!
何が良いってお値段がお手頃で、特徴的な可愛い目をしてるじゃないですか~。(笑)
今回登場するバイブレーションプラグがこちらです。
レアリス バイブレーション65 ナイトロ。
やっぱり特徴的な可愛い目は健在です!w
今までのレアリス バイブレーションと比べると若干形が違いますけど…。
何が今までと違うのか良く分からないのでスペックを見てみましょう。(笑)
大きさは65mmでウエイトが17.5gです。
今までのレアリス バイブレーションよりハイアピールになったという事かな?
イマイチ良く分からないんですけど…。(笑)
言ってしまうと、もっと大きさを大きくしても良いからウエイトを上げてほしかったかな…。
やっぱりバイブレーションプラグはかっ飛ばしてナンボみたいな所があるので20g以上の物が欲しかった…。
でもお値段が1.150円ですよ~!w
安っ!(笑)
カラーラインナップはこんな感じです。
今まであったカラーもあれば、新しいカラーもあるという感じですね!

本当はこれが欲しいんだよ!

実は既に海外(日本でも一部)で発売されているめちゃくちゃ良さそうなバイブレーションプラグがあるんですよ!
それがこちらです。
レアリス エイペックス バイブ100です。
これのスペック表見て下さいよ!
英語ですが…。(笑)
何と100mmというビッグボディに、ウエイトが32g!
デカすぎ!と思う方もいるかもしれませんが、イシーはこれが欲しいんです!
調べて見た所、1,400円~1,600円程みたいです。
カラーも日本じゃ見ないようなカラーが揃ってますよ!
いかがですか?
日本で出回ってるカラーとは結構異なりますよね!
このバイブレーションプラグをかっ飛ばしてぇ~!
DUOさん、日本でもこういうの発売して下さいよ~!(切実)

2019/03/13

転売ヤーに踊らされるな!

YouTuberマスゲン氏のルアー

皆さんはYouTubeをご覧になる事はありますか?
イシーは相当観てますよ!(笑)
そのYouTubeで動画をアップしているマスゲンさんをご存知でしょうか?
釣りYouTuberとして、大人気のマスゲンさん。
今年名古屋で行われたキープキャストという釣りのイベントにて、マスゲンさんがメーカーと共に販売を始めたルアーがあります。
写真にも写っていますが、アメリカンドッグ型のポッパーです。
お笑い路線のあるマスゲンさんらしいルアーで、コレクション的に欲しくなっちゃうかもしれませんね!
イシーは全然欲しいと思いませんが…。(笑)

ルアーの実売価格

ちなみにイベント上で販売された価格はいくらだと思いますか?
この写真はマスゲンさんのTwitterの写真です。
販売価格は1つ2,000円です。
正直1つのルアーで2,000円って結構良い値段しますよね…。
でも、イベントを楽しむという部分では良い事だと思います!

転売ヤ―続出!

このアメリカンドッグ型のルアーをイベントで2,000円で購入し、ヤフーオークションやメルカリ等で転売する輩がいるんです…。
その販売価格を見てビックリしますよ…。
これはメルカリの画像なんですが、1個5,000円前後で販売されてしまっています…。
しかもそれを購入してしまっている方が沢山いるんです…。
1個のルアーが倍以上の値段で取引されているんですよ…。
ちなみに転売という行為は今はグレーゾーンです…。
一歩間違えたらやってはいけない行為に値する事もあります…。
購入するのは自由ですが、あり得ない価格で転売されている物に手を出さない様に気を付けて下さいね…。
それこそ悪どい転売ヤーの思うつぼですよ…。

2019/03/12

19アンタレス インプレッション【まとめ】

19アンタレスについて

このブログでは主に『19アンタレス』について2記事書きました。
お暇があれば是非ご覧下さい。
19アンタレス【開封編】
https://www.ishi-fishing-diary.com/2019/03/19.html
19アンタレス【実釣編】
https://www.ishi-fishing-diary.com/2019/03/19_11.html
その他にも『19アンタレス』関連の記事があります。
今回は19アンタレスについて最終的なまとめの記事としたいと思います。

19アンタレス外観

まずは『19アンタレス』の外観についてです。
アンタレスと言えばこの鏡面ボディですよね。
全面が鏡面ボディとなっていますが、この全面鏡面ボディは好き嫌いが分かれそうな所です…。
初代からのアンタレスをご存知の方なら、やっぱりアンタレスはこの全面鏡面ボディでしょ!という方が居そうですが…。(笑)

パーミング

『19アンタレス』はかなりボディ自体がコンパクトになっています。
シマノのベイトリールサイズで言うと70番に相当します。
リールだけを手にした時もそうですが、ロッドに装着して実際にパーミングしてもとても握りこみ易いです。
左手の親指が乗っている所は少し窪みがある為、素直に親指が乗ってくれる感覚。
アシンメトリーデザインでボディが形成されています。

巻き心地

『19アンタレス』の巻き心地なんですが、マイクロモジュールギアを採用していますのでとても心地良い巻き心地をしています。
自分的にはバンタムMGL、いやカルカッタコンクエストに迫る巻き心地ではないかなと感じています。
とてもシルキーで滑らかです。
この辺の感覚は個人で変わると思いますので、実際に釣具屋さんで巻いていただくのが一番かと思います。

剛性感

剛性感についてもバンタムMGLやカルカッタコンクエストを初めて触った時の感覚と似ていました。
自重も220gと、ある程度重さがあるのでガチッとした感じです。
ただ、剛性感と言うのはあくまでも持った感覚でしかないので、本当に剛性感がある!とも言い切れない所ですが、流石にアンタレスという名が付いてますから全く問題無いと思います。
更にクラッチを切った時の感覚、ハンドルを回してクラッチを戻した時の感覚も心地良い音と共に、剛性感を感じられます。
ちなみにハンドルに関してですが、冷間鍛造ハンドルを採用してる為かなり頑丈だと言えると思います。
もう一度言いますが、剛性感に関してはあくまで個人が感じただけの事なので、本当に剛性がある!とは言い切れないんです…。

マグナムライトスプールⅢ

今回の『19アンタレス』から新しいスプール、マグナムライトスプールⅢが採用されました。
これが『19アンタレス』のキモともいうべき所ではないでしょうか。
このスプール、径が34mmで幅が19mmです。
幅が19mmのナロースプール、そして大幅な薄肉化によって低感性化を実現しています。
これは実際にフィールドに出てキャストしてみれば分かるのですが、今まで体感した事が無いようなキャストフィールで気持ち良くルアーを飛ばしてくれます。
また径が34mmというバーサタイル性も兼ね備えている為、メタニウムMGLやバンタムMGLと、この『19アンタレス』で購入を迷われてる方は、当たり前ですが『19アンタレス』をお勧めします。
別次元のキャストフィールを体感出来ます。

SVSインフィニティ

遠心力ブレーキですが、最近シマノのお決まりとなっているクリアのブレーキシューが4つ付いているタイプです。
このタイプのSVSインフィニティはブレーキシューを4つONの状態にして、後は外部ダイアルだけで調整するだけで良いんです。
更にブレーキを緩めたいという方のみ内部のブレーキシューを調整してあげれば良いと思います。
ただ、基本は内部ブレーキシュー4つONの状態で、後は外部ダイアルに任せれば大抵の状況下をカバーできるはずです。
ちなみに内部ブレーキシュー4つON、外部ブレーキをMINとしてもルアーによってはトラブル無く快適にキャスティング可能です。

メカニカルブレーキ

さあ、問題のメカニカルブレーキです。
このメカニカルブレーキなんですが、ノブを回すとカリカリと良い音が鳴ります。
そしてANTARESの文字が印字されてるプレートが動かない状態。
このメカニカルブレーキをあまり緩め過ぎてしまうと、ANTARESと印字されているプレートを落とす危険性があります。
また、メカニカルブレーキの調整幅が広い為か、どの程度メカニカルブレーキが締まっているか、緩んでいるかが分かりにくいです…。
なので、まずはメカニカルブレーキを締めた状態から始めて、クラッチを切ってルアーの落ちる程度を確認して徐々にメカニカルブレーキを緩めていくのが適切かと思います。
ちなみに実釣で使用した際、ルアーがスーっと落ちる程度に設定しておいて、その後メカニカルブレーキは一切触りませんでした。(笑)
なので、最初だけメカニカルブレーキを調整し、その後ルアーを変更したとしても、SVSインフィニティに全て任せる事が出来ました。
それだとバックラッシュしてしまうという方はルアーごとにメカニカルブレーキを調整してあげましょう。

ドラグ

『19アンタレス』にはエキサイティングドラグサウンドという機構が付いてます。
つまり、ドラグが滑り出した時にカリカリカリ~っと音が鳴るんですが、これいる…?
カルカッタコンクエストに付いた時も思ってた事なんですが、バス用のベイトリールに正直これはいらないかな~と言う感じです…。
まあ、これも個人でいる人いらない人と分かれるでしょうね。

最後に

バーサタイルに1つのリールで何でもやりたいという方にはこの『19アンタレス』がとてもお勧めです。
実際にノーシンカーのヤマセンコー4インチから、7g~14gのラバーシンカーをワールドシャウラ1651FF-3に『19アンタレス』をセットしてキャストしてみました。
ノーシンカーのヤマセンコーは流石に快適とは言えませんが、余裕でキャスト可能です。
またロッドパワーが1番だと、7g~14gが官能的なキャストフィールでした。
ちなみに21gのシンカーもキャストしてみましたが、ロッドのパワーが無い為ちょっとダメでしたね…。
ロッドパワーが2番のロッドであれば官能的なキャストフィールを体感できるはずです。
ちなみにラインは12lb~16lbまででしょう。
それ以上太いラインを巻くとラインキャパが足りません…。
それだけ飛ぶという事です。
ただし、間違ってほしくないのは遠投も可能ですが、遠投向けのリールではないという事です。
あくまでバーサタイルに扱えるリールだという事。
是非『19アンタレス』を購入して、未知のキャストフィールを体感してみて下さい。

2019/03/11

19アンタレス【実釣編】

19アンタレス初使用

今回は新しいリール『19アンタレス』を手に実釣してきました。
実釣なので、勿論本気でバスを狙いにいきます!
用意したタックルをご紹介します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 22lb
この2タックルを準備しました。
1702の方にはフットボールジグをセットした状態で、1651(19アンタレスをセット)は色々なルアーを使っていこうという考えです。

気持ち良すぎるキャストフィール

まずは『19アンタレス』で1/4オンスのテキサスリグをやってみました。
実釣なのであくまでもバスを狙いに行ってます!
ちなみに野池です。
木が至る所にある場所なのでピッチングやアンダーハンドのキャストになります。
とりあえずキャストしてみると、かなり気持ちが良い!
一応こんなルアーも試してみました。
ウォーターランドのブラスターソニック10gです。
これもまた気持ちが良いキャストフィール!
全然力を入れなくてもスーっと伸びて行く様な感覚です。
テキサスリグ、メタルバイブで反応が無いのでとりあえずリザーバーへ移動します。

リザーバーでかっ飛ばす!

リザーバーに来た理由はたった一つ!
『19アンタレス』でかっ飛ばしたかったから!(笑)
ちなみにここでは釣りじゃなく、ただただ思いっきりキャスティングします!
使用するシンカーは以前購入したコーモランのキャスティングラバーシンカーです。
タックルは前述したとおり、ワールドシャウラ1651FF-3にナイロン14lbをパンパンに巻いた状態です。
これで1/4oz、3/8oz、1/2oz、3/4ozのシンカーをキャストしました。
シマノは5gから投げられるという事ですが、それ以下でも全然投げられますよ!
何故ならノーシンカーのヤマセンコー4インチを投げたからです。(笑)
ただ、自分はあくまで普通の釣り方を基準としているので、1/4ozのシンカーからどんどんシンカーを重くしていきます。
1/4oz、3/8ozは気持ち良くキャスティング可能です!
ただ、1/2ozのシンカーにすると凄まじく気持ちの良いキャストフィール!
ラインがこれだけ減ります。
ブレーキのセッティングですが、内部のブレーキシューは全部ONの状態で外部ブレーキダイアルはMINです。
ちなみにメカニカルブレーキは全くいじってません!(笑)
クラッチを切るとルアーがスーっと落ちる程度。
というかメカニカルブレーキいじらなくても良いんじゃないかな?w
メカニカルブレーキの調整幅はかなりあると考えて下さい!
ちなみ3/4ozのシンカーもキャストしましたが、ロッドのパワーが無い為ダメでした…。
なのでワールドシャウラで言えばロッドパワー2であれば相当気持ち良くキャスト出来たと思います!
1/2ozのシンカーが気持ち良く飛んでいくので、内部のブレーキシューを2個ONで外部のブレーキダイアルはMINでも試してみました。
多少ラインが浮きますが、これも気持ち良く飛んでいきます。
それと間違ってほしくないのが、今のSVSインフィニティって内部ブレーキ4つ全てONの状態で、外部のブレーキダイアルだけで調整すれば十分なんですよ!

19アンタレスを使用した感想

明らかにキャストフィールが今までのリールより良いです!
ロッドを軽く振っただけでスーっと伸びて行く感覚。
マグナムライトスプールⅢが良い仕事をしてくれます!
今回ラインは14lbを使用しましたが、12lb~16lbがやはり使い易い所だと思います。
スプール径が34mm径なので、7g~14g、ロッドによっては18g~それ以上。
このリールは遠投性を求めるというよりも、スプール径の性格上やはりバーサタイルに使えるリールと言えるでしょう。
そして、巻き心地も素晴らしい事をお忘れなく!

再び実釣へ

リザーバーで一通りキャストした後、また野池に戻りました。
そこでデカいバスが浮いているのを確認!
ルアーをジャークベイトに変更します。
DUOのレアリスジャークベイト100Fです。
このルアーは13.7g、重心固定のルアーで、『19アンタレス』だと気持ち良く飛んでいきます!
そして、大きなバスの陰とジャークベイトがリンクした時!
口を使ったのですが、のせられず…。
く、悔しい…。
その後も、『19アンタレス』のキャストフィールが気持ちよすぎて、ずっとジャークベイトをキャストし続けてました!
『19アンタレス』があればバーサタイルに使えるので、タックルをあまり多く持っていけないという方にはかなりお勧めです!
とりあえず、今回は『19アンタレス』をたっぷり使用出来たので良しとします…。(笑)
入魂したかったよ~。(泣)

2019/03/10

魚が釣れたら綺麗な写真を撮ろう!

スマホで写真撮影

魚が釣れた時って写真を撮りたくなりますよね!
魚だけの写真であればスマホで簡単に撮影できますが、自分も魚と一緒に撮るとなると中々難しいです…。
そこで良いアイテムがありますよ!
それがこちら。
Amazonから画像をお借りしました。
スマホで自撮り出来る三脚です。
この三脚思った以上に良い物ですよ!

セット内容

ちなみにこの三脚のセット内容は下記内容となってます。
まあセット内容としては普通ですかね。
シャッターリモコンが付いてるのでとても便利です!

自由度がある

この三脚の良い所は何といってもフレキシブルに対応してくれる三脚の脚です!
釣り場って色々なシチュエーションがあって、普通の三脚だと傾いて倒れてしまったりしてしまいますよね…。
でも、この三脚ならほぼどの様なシチュエーションでも立てる事が出来ます!
その位安定感があるんです!
下記写真をご覧下さい。
写真にもあるように木や柱に巻き付ける事も可能なんです!
釣り場には木があったりするのでそこに巻き付けてパシャリ!なんて事も可能なんですね~。

安定感がある

ちなみにイシーが三脚に一番求めている所は何といっても安定感です!
多少傾斜になっていても三脚が立つ事。
後はスマホをしっかり固定出来るガチッ!とした感じ。
この三脚にはそれらが備わっている為とても安定しています!

お求めやすい価格

ちなみに三脚で2,000円を超えたら高いと考えて下さい!(笑)
勿論イシーは2,000円以下で購入してますよ!
これで魚と一緒に綺麗な写真撮影が可能なんです。
更に言ってしまえば、スマホで動画撮影する方にもお勧めできます!
気になる方はAmazonをご覧下さい。
下記URLから商品のページに飛ぶことが出来ますよ。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07K51JLHM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

人気の投稿