Translate

2019/04/06

あの釣り方がしたくてお買い物

仕事終わりに釣具屋さんへ

自分が考えてる釣りをする為に仕事が終わってからお買い物をしてきました。
購入した物はこちらです。
欲しかったDUOのレアリススピンベイト90を4本と、ジャッカルのタングステンカスタムシンカー5gです。
実はこれ、全てスピニングタックルでの使用を前提に購入した物なんです。

スピニングタックルでかっ飛ばす!

ワールドシャウラ『2752R-2』を購入した事はこのブログ内でも書いていますが、そのロッドでかっ飛ばしてやろうかなと思って購入したルアーがレアリススピンベイト90なんです。
絶対にレアイリススピンベイトの90じゃないと駄目なんです!
レアリススピンベイト90はウエイトが15gあるので。
去年レアリススピンベイトがリザーバーで大活躍したので、また新たな可能性を求めて購入しました!
勿論リザーバーだけでなく、野池でも使用しますよ!
でも、レアリススピンベイト90ってあまり売ってないかもしれません…。

スピンベイト80と90

去年活躍したレアリススピンベイトは80というサイズでした。
今回購入したレアリススピンベイト90と比較するとこんな感じです。
写真上側がレアリススピンベイト80、9.4gです。
このプロップベイト、ロールアクションが最高なんです!
そして、写真下側がレアリススピンベイト90、15gです。
これで更に広大なエリアからバスを引っ張ってくる事が可能なはずです!
ウエイトが15gもあるのでベイトタックルでもキャスト可能ですし。

足元からもバスを引きずり出す!

遠くにキャストしてバスを釣るのとプラスして、足元のカバー等からバスを引きずり出す事も勿論忘れてませんよ!
なのでジャッカルのタングステンカスタムシンカーの5gを購入したんです。
そのカバーによってウエイトは変えていきますが、前述した様にスピニングタックルでの使用を前提に考えてるので。

NEWワールドシャウラ使用します!

ちょっと色々忙しくてブログの更新が出来ない日もあり、勿論釣りにも行けてませんでしたが、ようやく新しいワールドシャウラを使う日が来そうです!
釣果報告の記事も勿論アップする予定ですが、NEWワールドシャウラの使用感等もブログ記事にする予定ですのでお楽しみに~!

2019/04/05

真のバーサタイルリールとは!?

最近思う事

最近アンタレスシリーズを使用していて思う事があります。
それは自分の中で本当にバーサタイルに使えるリールは『16アンタレスDC』なんじゃないかなと…。
やはり『19アンタレス』に関してはラインキャパも少ないという事もあり、どちらかと言うと軽めのルアーをキャストするのに適してると感じてます。
ただ、重めのルアーが使えないと言う訳では決してないんですが…。
それにDCブレーキではなくSVSインフィニティという事もあり、自分の中ではあまり登場機会が少ないです…。
事実、使用したのはリールが届いてから数回のみで、それ以降はほとんどDCリールばかり使っています。

DCリールが優等生過ぎる!

最近は『16アンタレスDC』か『18アンタレスDC MD』の登場機会が多いです。
何故ならDCブレーキシステムが圧倒的に使い易いんです!
どんな状況下でも十分な飛距離を出してくれるし、なにせトラブルレスです。
風がビョービョー吹いていようがDCブレーキが助けてくれます。
なのでアナログブレーキである『19アンタレス』はどうしても登場機会が極端に少ないんです…。

真のバーサタイルリール

『16アンタレスDC』、『18アンタレスDC MD』どちらもDCリールですが、スプール径、ハンドル長に違いがあります。
スプール径では37mmと38mmなのでそこまで大差無いと感じてます。
ただ、最も使用頻度の多いルアーを考えた時にMGLスプールを搭載した『16アンタレスDC』の使い易さが半端じゃない!
そしてバーサタイルに使い易いハンドル長の42mmなんです!
やはり『アンタレスDC MD』もハンドル長を42mmに変えてた方が正直使い易かったかな~?
以前ブログ記事でハンドルの交換について書いていますので是非下記リンクからご覧になって下さい。

  1. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.1)
  2. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.2)
  3. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(Part.3)
  4. 18アンタレスDC MD XGをより使い易くする為に(番外編)

結局言いたい事

結論、バーサタイルとか万能とか良く言いますが、自分が使うルアーやフィールドによってバーサタイルって変わってきます。
だって、色々なシチュエーションがある中でリールの役割って変わってくるじゃないですか?
だから「自分はこのリールがバーサタイルなんだ!」と思えばそれがバーサタイルになっていくんですよ!
今YouTube等で色々な動画が出回っていますが、自分の信念みたいな所は貫き通すべきだと思いますけどね…。
あまり変な動画に惑わされないようにしないと!(笑)

2019/04/03

ワールドシャウラ1702と1703の違い

1702と1703を比較

去年2018年に発売されたワールドシャウラ『1702R-2』、今年2019年に発売されたワールドシャウラ『1703R-2』、この2機種について比較してみました。
『1703R-2』はまだ実釣で使用していないので、インプレッション的な記事はもう少々お待ちください。
話は少し変わりますが、良くイシーの所に質問が来るんです。
ワールドシャウラ『1652R-3』と『1702R-2』、どちらを買うのが得策か。
正直凄く難しい所です…。
まず長さが違う事は言うまでもありませんが、ロッドパワー表記が同じ『2』番なんですよね。
ただ、ロッドパワー表記が一緒でも『1652R-3』より『1702R-2』の方が若干ハリがある感じで強いです。
そこに『1703R-2』が加わる事により、かなり使い分けの幅が広がりました。
『1652R-3』→『1702R-2』→『1703R-2』と段々ロッドのパワーが上がると考えて下さい。
それでは、『1702R-2』と『1703R-2』ではどの様な違いがあるのか見ていただきたいと思います。

グリップ長の違い

『1702R-2』と『1703R-2』、同じ7フィートというレングスでもグリップの長さに違いがあります。
写真下部が『1702R-2』、写真上部が『1703R-2』になります。
『1702R-2』のグリップ長は252mm。
『1703R-2』のグリップ長は278mm。
ちなみに今年発売された『1704R-2』も『1703R-2』同様278mmのグリップ長となっています。
つまり、ロッドパワーが上がるとグリップ長も長くなります。

ガイド位置の違い

『1702R-2』と『1703R-2』、同じ7フィートというレングスでもガイドの取り付け位置に若干の違いがあります。
写真下部が『1702R-2』、写真上部が『1703R-2』になります。
本当に違いは若干という感じで、バッドガイドの位置だけがほんの少し違います。
バッドガイドの位置の違いは本当に数mmです。
また、バッドガイド以外のガイド位置は『1702R-2』、『1703R-2』共に全く一緒でした。

意外な違いが発覚!

ワールドシャウラ、ベイトモデルの7フィート以上の番手にはXシートという機構があります。
トリガーシートを付け替える為にグリップを下げる為のボルト?というか回す所が実は違うんです。
写真左側が『1702R-2』、写真右側が『1703R-2』になります。
写真を見て分かりますでしょうか?
『1702R-2』の方が少しテカテカして艶があります。
触った感じも少しツルツルした感じでしょうか。
対して『1703R-2』の方は艶が無く、マットです。
触った感じも滑りにくい感じがします。
かなり意外な所に変化がありましたね。
2018年に発売(製造?)されたワールドシャウラと、2019年に発売(製造?)されたワールドシャウラではボルト?の部分に違いがある事が分かりましたでしょうか?

最後に

今回はあくまで比較対象があった為比較しただけであって、あくまで使用感等は実釣後にブログ記事にアップするつもりです。
ちなみに2019年発売されたモデル『1703R-2』と『2752R-2』、使用するのが楽しみです!
皆さんもブログ記事を楽しみに待っていただけると幸いです。

2019/04/02

NEWロッドを2本追加しました!

ワールドシャウラを2本追加

お待たせ致しました!
って、別に待ってないか…。(笑)
でもイシーは待っていましたよ!w
ようやく予約していたロッドが届きました!
今年、2019年に追加された番手のワールドシャウラ2本です。
購入した番手は『1703R-2』と『2752R-2』になります。
『1703R-2』は少し前に販売が開始されていたんですが、『2752R-2』が遅れていた為結局2本共遅くなってしまいました…。

やっぱり良い!

素直に思った事はやっぱりワールドシャウラは良い!
う~ん。
やっぱりカッコイイ!
最高ですね!
でもワールドシャウラはカッコイイだけじゃないんですよね~。
一応この様なスペックになります。
ハッキリ言って、ワールドシャウラにこんなスペックが印字されていてもほぼ無視ですよ!(笑)
今回は、ただ「ワールドシャウラを買ったよ!」ってだけの記事です。
インプレッションを期待していた方には申し訳ありませんが、もう少々お待ちください…。
何せまだ使用していないのでインプレッションの記事なんて書けませんから…。

ワールドシャウラコレクション

今回の追加でワールドシャウラが計7本になりました。
妥協はしないので全てワールドシャウラで揃えますよ!
これでほぼほぼバスフィッシングで使用するロッドは固まった感じです。
ここに追加するとしたら、今は出ていない『1754』だと思います。
多分ですよ!w
気が変わったら他の番手にも手を出してしまうかもしれない…。(笑)

2019/04/01

気温の変化がキツイ…

寒い朝

今回は新規開拓という事で行った事の無い野池に出撃してきました。
行った事が無いフィールドってワクワクしますよね!
行ったのは良いんですが、なんでまた三寒四温の寒にぶち当たってるの…?
ダウン着て行って正解でしたよ…。
マジで寒かったです…。
タックルはやはり巻いていくつもりで2セット用意しました。

  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 20lb


最近お決まりの2セットです。
1651の方にはDUOのレアリスジャークベイト100Fを固定。
1652の方はDUOのレアリスジャークベイト120F、レアリスクランク8A・11A、ウォーターランドのエンジェルスピナーベイト1/2ozをローテーションしていく感じです。

新規開拓

前述した様に今回は新規開拓です。
というわけで今まで行った事の無い野池へ。
3箇所程新規開拓しましたが、なんか良く分からない…。
というかバスいるのか?って感じすらしてしまう…。
夏場なら見えバスがいても良いんですけど、今の時期じゃあ…。
というわけで結構通っている野池に移動しようとしたその時。
おいしそうな川発見!
この辺りはスモールマウスバスがいてもおかしく無いエリアなので一応攻めてみました。
はい。
全く反応無し!
まあまあ、そんな気はしてたよ…。
ということで頻繁に通っている広ーい野池に移動します。

釣れる気がしない…

結構通い慣れた野池に来てみたのですが、いつもより水が澄んでて何か釣れる気がしないんだよな…。
足元の水が澄んでてジャークベイト丸見え状態…。
そしてお昼を過ぎると気温が上昇し、ダウンを着てると暑い…。
なんか魚の行動を読む前に、こっちがダウンしそうでしたよ…。
それでも必死にひたすら巻きます。
沢山の野池を巡りましたが見事にノーフィッシュ…。
ボウズのブログ記事なんて誰が読むんだよ!w
今読んでるあなたです!(笑)

家に帰ると届いてた!

必死に巻き通した1日が終わって疲れ果てましたが、新しい相棒が2本届いてました!
俺のベッドでお待ちかねですね〜。(笑)
届いたロッドはSNSを見てくれてる方ならもうご存知だと思いますが、アレです!w
という事で次回はロッド紹介記事になる予定?

2019/03/31

ターゲット別ロッド適合表と適合ルアー表

ロッドの限界値

イシーの所にSNSを通じて良く質問が来ます。
「〇〇のロッドは何gまで投げられますか?」とか、「〇〇のロッドはどの位の硬さですか?」とか。
こういう質問なんですが、ハッキリ言ってナンセンスです…。
特にワールドシャウラに関しての質問が多いですね。
ロッドの適合ルアーウエイト(g)とか適合ライン(lb)とかありますが、そんなの無理すれば適合ルアーウエイトを超えて投げる事も出来ますし、逆にめちゃくちゃ軽いウエイトの物でも投げる事が可能です。
ラインだって細くも太くも出来るはずです。
なので「〇〇のロッドは何gまで投げられますか?」という質問の回答には「そのロッドが背負える重さまで。」ってなっちゃいますよね…。
「〇〇のロッドはどの位の硬さですか?」という質問とかは「そんなの自分で買って確かめろ!」って思っちゃいます。(笑)
イシーは快適に釣りをする為にタックルバランスを重要視しています。
自分がこのロッドならこのルアーウエイトを背負いたいとか、このテーパーならこのルアー等、自分が快適に釣りする為には自分で考えるんですよ!

シマノの良くない所その1

最近シマノ社のホームページ等で『ターゲット別ロッド適合表』というのが公開されているのをご存知でしょうか?
これです。
ハッキリ言ってこれ何なの?って感じなんですが…。
意味不明過ぎるんですけど…。
例えば、「ブラックバス」という項目と「フロリダバス」という項目が分かれているんですが…。
何故分けたかも意味不明…。
更に「フロリダバス」の一番上の行15101F-3は適正のが付いていません…。
???
なんかこの記事書いてると馬鹿馬鹿しくなってくるんですが…。
更に「エリアトラウト」にが付いてるんですけど…。
例えば2651F-3に…。
いやいや、「エリアトラウト」に2651って硬すぎでしょ…。
しまいにはベイトロッドにも適正のが…。
もうおかしすぎる…。
こんなの参考にする必要全く無し!

シマノの良くない所その2

『ターゲット別ロッド適合表』の他に『適合ルアー表』というのも公開されています。
これです。
これも完全に意味不明状態…。
シマノでは=最適、〇=適、△=可らしいです…。
ワールドシャウラで最も良く売れるロッド、1652R-2を見て下さい。
クランクベイトが〇ってどういう基準…?
クランクベイトにも色々あるでしょうが…。
それでは次はポッパーを見て下さい。
なんと…。
結構重たいポッパー基準…?
この表も全く参考にならない…。
見る価値無し!

自分が快適だと思う釣りをしよう!

上記2つの表はあくまで参考程度、というか全く参考にならないですが…。
ロッドの適正を決めるのは自分自身ですよ!
自分が実際にロッドを使用して、これなら快適に釣りが展開できるという所を見つけるんです!
自分の経験値を上げて下さい!
という事でイシーの元にそろそろ新しいロッドが2本到着しますが、SNS等で変な質問はもうやめて下さい!w
正直めんどくさいんです…。(笑)

人気の投稿