Translate

2019/04/13

NEWスコーピオンのロッドを触ってきました!

別目的で釣り具屋さんに立ち寄る

先日ルアーを購入したという記事を書いたのですが、その際に気になったロッドを発見してしまいました。
これです。
今年、2019年に発売されたNEWスコーピオンです!
あらら、リールシートの赤が中々カッコイイですね~!
実際に振ってみると、あぁ、こんなもんか~って感じです!(笑)
というかロッドなんて釣具屋でちょこっと振った位じゃ全然分からないから!w
実際に使用してみないとね!

NEWスコーピオンは買い?

ではイシーが思うに、NEWスコーピオンは買いなのか?って所なんですが、ワールドシャウラに手が出ない方は買っても良いんじゃない?という感じ。(笑)
以前販売されていた青シャウラと同等位のロッドと言われていますが、ブランクスにスパイラルXを搭載してるなら青シャウラ以上じゃないんですかね?
でもスパイラルXはバッドの部分にしか使用されていないとの事…。
そしてガイドがステンレスフレームのガイドなんですよね…。
やっぱりチタンフレームのガイドを付けてしまうとお値段が上がっちゃいますよね…。
というか、一番気になる所は日本製のロッドじゃないという所。
ここが一番重要!
トップエンドの物、リールにしてもロッドにしても日本の工場で作られています。
ただ、このNEWスコーピオンは何処の国か忘れましたけど海外の工場で作られてるロッドなんです。
はっきり言ってしまうと日本製かそうじゃないかって、相当大きいですよ!
どういう点が注意点なのかあげてみます。
  • ガイドの取り付け方。(きちんと取り付けられていると思っても、使用しているうちにガイドフレームが抜けたり、スレッド、エポキシが剥がれたり、等々…。)
  • グリップエンドのエンブレムバッジの取り付け方。
  • 等々…。
ちょっとあげてみるとキリが無いのでもう止めておきます。(笑)
経験からすると、どこかしらアレ?っていう所があったりするんですよね…。
ちゃんとしてる物も勿論ありますよ!
でも本当に個体差が多いというか…。
一番こわいのが、ルアーがコンッとロッドのブランクスに当たっただけでポッキリ折れてしまったという事もありました…。
いくらスパイラルX、ハイパワーXが採用されていると言っても起こってしまう事なんです…。
おそらく今月4月発売予定のリール『スコーピオンMGL』も値段的に海外製でしょうね…。
だからイシーは日本製の物を推奨したいです!
高いけど…。(笑)

素直にワールドシャウラを買いましょう!

もし海外製の物を買ったら色々チェックしてみて下さい!
もしかしたら、もしかしちゃうんで…。w
というか素直にワールドシャウラを買っちゃうのが一番安心ですよ!(笑)
やはり日本製という事もあって今の所不具合は無いです!
ただ、日本製でも完全に不具合が無いという事は無いですよ!
いくら品質管理がしっかりしてると言っても、その品質管理を突破してくる悪い個体もあるでしょうから…。
だから日本製の方がより安心という言葉が正しいですかね?
皆さん、ロッドやリールを購入したら様々な所をしっかりチェックして下さいね!

2019/04/12

ロングシューティングパワーロッド

ワールドシャウラ2752R-2

2019年に追加されたモデルで、『ワールドシャウラ2752R-2』というロッドがあります。
スピニングロッドなんですが、かなり長いロッドになります。
その『ワールドシャウラ2752R-2』というロッドを購入し、使用しました。
正直な意見をこの記事で書かせていただこうと思います。
まずこのロッド、何といっても7フィート6インチというレングスが特徴的です。
そして、ロッドパワーも『2』とスピニングロッドとしてはややパワーのあるロッドになります。
このロッドはスピニングタックルでロングキャストしたいと思い購入しました。
見ていただきたいのが、ガイドの大きさです。
比較対象はワールドシャウラ2651F-3というロッド。
バスフィッシングでは比較的一般的なロッドですよね!
写真左側が2651F-3のバッドガイドで、写真右側が『2752R-2』のバッドガイドになります。
ワールドシャウラシリーズ自体全てガイドが大きいのですが、『2752R-2』のガイドは更に大きいですよね!
ガイドの直径が大きくなれば当然ライン放出時の抵抗が少なくなりますからより飛びます!
実際に使用した際もかなりの飛距離が出てました!

スペック比較

一応過去モデル(レッド)の2752Rと現モデルの『2752R』を比較した表を作成しました。
過去モデル(レッド)の2752Rと重量を比較すると現モデルの重量、もの凄く軽くないですか。
過去モデル(レッド)の2752Rが137gに対して、現モデルの『2752R』は何と110gです!
ちなみに現モデルの2651Fも107gともの凄く軽いのですが、『2752R』とたった3gしか違いがありません。
7フィート6インチというレングスがあるのにも関わらずですよ?
現モデルの『2752R』にはカーボンモノコックグリップが採用されています。
ストレートグリップじゃないと嫌だとか言う声も良く聞きますが、自分的には断然このカーボンモノコックグリップの方が良いです!
何故ならもの凄く軽くなるし、感度も上がるから。
このロッドを初めて握った時は7フィート6インチというレングスには感じられなかったです!
その位軽い!

7フィート6インチというレングスとパワー

表題にもあるようにロングシューティングパワーロッドと記載しましたがまさにその通りで、広大なエリアで15gのルアーをPEライン1.5号でキャストしてみたのですが、シャキッとしたブランクスとロッドのパワーのおかげでルアーが遥か彼方にカッ飛んでいきました!
ロッドパワー『2』という事でハリがある為、15g程度のルアーをスパンッという感じで振り抜けます!
ロッド表記は20gまでとなってますが、もっと余裕がある感じでした。
シャキッとしたブランクスと7フィート6インチとは思えない軽さが実現出来ているせいか勿論ダルさは全くないです。
ワールドシャウラだから同然と言えば当然なのですが。(笑)
また、ライトテキサスリグなんかにも良さそうなイメージです。
なのでロングキャストだけではなく、勿論ショートキャストも視野に入れる事が出来ます!

ステラC3000XGと相性抜群!

イシーはステラC3000XGとの組み合わせで『2752R』を使用していたのですが、やっぱりワールドシャウラに合わせるリールはステラじゃないの?(笑)
ステラ以外のリールを組み合わせるなんて自分の中では絶対にあり得ない!w
今回はPE1.5号を使用しましたが、ナイロン14lbを使用しても良いかな~と感じました!
一般的にバスフィッシングで使用される2500番のスピニングリールではちょっとタックルバランスが悪いです…。
C3000MHGもしくはC3000XGが良いと思います!
ただ、イシーはよりハイギアモデルが使用したい為、C3000XGを使用しています。
今回『ワールドシャウラ2752R-2』を手に入れてから、バスフィッシングにおけるスピニングタックルの概念が覆りました!
スピニングタックルでロングキャストしたい方や、パワーのある釣りがしたい方には是非購入をお勧めします!

2019/04/11

釣りに行けない日には釣り具を買う!

4月だというのに雪…

三寒四温とは良く言いますが、強烈過ぎる寒が来てしまいましたね…。
なにこれ…?
桜も少し咲いてきたかな〜?って時に雪…。
俺が休みの日に限ってこういう天気…。
森田さん(某気象予報士)が言っていた事が当たってしまいました…。
釣りに行こうとしてたけど行かなくて正解だったわ〜。
ありがとう!森田さん!(笑)
こういう時はどうするか分かりますか?
そう!
釣りに行けない時は釣り具を買いに行くんですよ!

購入した物

今回は最近撃ち物にハマっているイシーが大好きなルアーを追加しました!
完全に撃ち物だけの為の買い物ですね!w
後から気付いたんですが、買った後にやらかしていました…。

カラーミスってた…

ジャッカルのチャンクロー3.5インチ、もう残り少なくなってきたカラーを補充しようと思って購入したんですが、写真をご覧ください…。
写真下部の袋に入ってる一匹のザリガニ君。
今まで使ってたカラーなんですが、このカラーはメロンギル/チャートというカラーでした。
購入した物は写真上部のチャンクロー3.5インチ…。
あれ?
グリパン/チャートって書いてある…。
あれれ?
良く見るとカラー違う…。
めっちゃ紛らわしいわ!
でも、ワームのカラーといえばグリパンって良く言いますよね!w
見た感じグリパン/チャートの方も良いな〜って事で結果オーライ!(笑)

お気に入りのフットボールジグ

最近イシーが気に入って使ってるのがフィナのシューティングボールジグです!
カラー&ウエイト追加とフックをぶち折った分も等も含めて購入しました。
新たに追加したカラーは#10のピーナッツバターバグです。
これも実にカラーが紛らわしいんですよ…。
#1はただのピーナッツバターという名前なんです。(笑)
バグという言葉が付くかどうか…。
いちいちカラー名まで覚えてられないのでカラーナンバーで覚えた方が良さそう?
ちなみにお気に入りのカラーが下記写真です。
スカートに黄色が入ってるカラーです!
#5のパンプキンペッパーというカラー名らしい。(笑)
このカラーだけ余分に買ってます!
とりあえずラバージグは3/8ozと1/2ozあれば自分の釣りは成り立つかな〜という感じ?
特にワールドシャウラの1703が追加された事で1/2ozの出番が凄く多いです!
以上で買い物記事は終わりにしようと思うんですが、宜しいでしょうか?
あっ!ワールドシャウラ1703のインプレッション的な記事は書きましたが、もう1本の記事書いてないですね…。
あぁ〜、書くのめんど…。
いやいや、ちゃんとワールドシャウラ2752の記事も書きますのでお楽しみに〜!w
それと、あのロッドも触ってきましたよ!
あのロッドの記事必要?(笑)

2019/04/10

ロングバーサタイルパワーロッド

ワールドシャウラ1703R-2

2019年に追加されたモデルで、『ワールドシャウラ1703R-2』というロッドがあります。
ワールドシャウラ1652Rに次いで売れるロッドです。
その『ワールドシャウラ1703R-2』というロッドを購入し、使用しました。
正直な意見をこの記事で書かせていただこうと思います。
まずこのロッド、一見するとワールドシャウラ1702とほぼ同等の様な感じがすると思いますが、やはりロッドパワー『2』と『3』では強さが大分違います!
1702Rと『1703R』のガイド位置なんですが、バッドガイドの位置が少し違うだけで、他のガイド位置は全て一緒になってます。
写真上部が『1703R』で、写真下部が1702Rです。
『1703R』、絶対に欲しい1本として購入したわけですが、どういったロッドなのか?
これから自分なりに記事を書いていきたいと思います。

スペック比較

一応過去モデル(レッド)の1703Rと現モデルの1702Rと比較した表を作成しました。
過去モデル(レッド)の1703Rの重量と比較すると大分重いんじゃない?という気がしますが、重さは現モデルの1702Rと7gしか変わらないので、そこまで気にならなかったです。
現モデル1702Rの150gで快適に扱えていたので、勿論新しい『1703R』もかなり快適に使用できます。
ではここで、1702Rと『1703R』のグリップの写真をご覧下さい。
写真上部が『1703R』で、写真下部が1702Rです。
同じ7フィートというレングスながら、ロッドパワーの違いから『1703R』の方が1702Rのグリップより長いのが分かると思います。
『1703R』のグリップ長が278mm。
1702Rのグリップ長が252mm。
この26mm(2.6cm)というグリップ長の違いはパワーがあるロッドには必要不可欠です。
グリップが長いおかげで強い釣りが展開出来ます!

7フィートというレングスとパワー

表題にもあるようにロングバーサタイルパワーロッドと記載しましたがまさにその通りで、重めの巻き物(1oz以上も余裕)から、撃ち物3/8oz、1/2ozがとても快適にこなせます!
イシーは特にカバー撃ちにガンガン使用しました。
25lbのラインで、フッキング後カバーに巻かれたり、カバーにフックが掛かっちゃったとしても全然平気です!
カバーにフックが掛かっちゃった場合でもフックを伸ばして回収出来ます。
それだけロッドのパワーがあるので強引な事が可能なんです!
カバーが無いような場面ではラインをもう少し細くして重めの巻き物なんかを遠投するのにも良い感じです!
1652Rを基準に強めのロッドが欲しい場合は、『1703R』がお勧めです!
というかこのロッドは無くてはならないです!(笑)

アンタレスDC MD XGと相性抜群!

イシーはアンタレスDC MD XGとの組み合わせで『1703R』を使用していたのですが、ラインキャパやドラグ力を考えると相性がとても良いです!
こういったカバーに25lbのラインで怯む事無く撃ち込んでいく事が可能です!
勿論ドラグはフルロックで。
魚が掛かった後はエクストラハイギアなので強引にグリグリと巻いて魚を引きずり出せます。
やはり『1703R』はこういう釣りに凄く向いてますね!
重めのスピナーベイト(1oz)もかなり使い易い印象です!
1/2ozのスピナーベイトも使ってみましたが、全く問題無くキャスト可能です!
逆にカバー等何も無い様なエリアであれば、前述した通りラインを少し細くして遠投しても良いと思います!
『ワールドシャウラ1703R』を購入検討対象に入れているという方は買って損はしませんよ!
というかこのロッドは自分の中で必要不可欠です!

2019/04/09

春の爆釣!

バスに会う為南下

今回はNEWロッドを装備してちょっと南下してきました。
はじめに言っておきますが、今回の釣行記事は写真が多いです…。
朝の気温9℃、日中は20℃位まで上がってとても暖かい陽気。
桜も咲いていて完全に春モードです!
準備したタックルは3セットです。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1703R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 25lb

  • ロッド:ワールドシャウラ2752R-2
  • リール:ステラC3000XG
  • ライン:パワープロZ 1.5号+ナノダックスショックリーダー 20lb
この3タックルを用意したのですが、途中からスピニングタックルが不要になり車へ…。w
ベイトタックル2セットのみ使用していました。(笑)

まずはNEWロッドの感触を

最初は新しいワールドシャウラ1703でスピナーベイト1ozかな?
投げて巻いて感触を確かめてました。
数投したらやっぱりバスが釣りたくなり、フットボールジグに変更します。
あっさり釣れました!w
1703入魂完了です!(笑)
サイズは33cm程です。
ちなみにこんなカバーを攻めてるとすぐでした。
写真で見るとそこまで濃いカバーでは無いのですが、水中は木が沢山沈んでます。
でも1703には25lbを使用していたので全然余裕です!
釣れたルアーがこちら。
トレーラ―のワーム千切られてますが…。w
フィナのシューティングボールジグ3/8ozにジャッカルのチャンクロー3.5インチをトレーラ―に付けてました。
ちなみにこの時点で2匹バラしてます。(笑)
その後も池をぐるりと周って見た所、見えバス発見!
フットボールジグを少しバスから離して落とすと、そのままラインがスーっと。
いただきです!w
31cm程!
小さいな…。w
同じくシューティングボールジグなんですが今度は1/2ozでカラーも変えてます。
うん!
1703相当撃ち物に使い易い!

スピナーベイトもカバーを攻める!

至る所にカバーがあるので今度は朝キャストしてた1ozのスピナーベイトにチェンジ。
カバーの際を通してあげると。
来ちゃうんですね~。
やっぱりカバーの中から出てきます!
そして1703ヤバい!
このロッドを待っていた!w
釣れたルアーはヒルデブランドのティンローラー1ozなんですけど、このクラスのスピナーベイトが1703では超快適です!

ジャークベイトがハマる!

スピナーベイトはその1回限りで終了です…。
カバーも大分撃ったので、ここでジャークベイトに変更します。
何度もフットボールジグやスピナーベイトを通したカバーでもジャークベイトに変えたら出てくるもんなんですね~。
33cm程。
DUOのレアリスジャークベイト100Fです。
これがドハマりしたんですよ!
25cm程の子バスも。
この子もジャークベイトで。
34cm程です。
カバー周りから、オープンな所でもめちゃくちゃアタる感じです!
これが春爆状態!?
ジャークベイトでも結構バラしたな~。(笑)
そして最後のバスちゃん。
これも34cmといった所。
この時点で丁度15時位でした。
デカいサイズは出なかったけど、数が出たので退却しました。
桜が咲く中、春を満喫した1日となりました~。
NEWワールドシャウラのインプレッション的な記事、そろそろ書けるかな?
ブログをチェックしてて下さいね!

2019/04/08

19カルカッタコンクエストDCを触ってきました!

たまたま19カルカッタコンクエストDC発見!

釣り具屋さんに行った時の事、何となくリールを眺めていたら新製品の『19カルカッタコンクエストDC』を発見!
そういえば発売されたんだ~。w
今年は購入する予定ではないリールなので発売している事をすっかり忘れていました…。(笑)
勿論新しいリールなので触ってきましたよ!
うんうん、見た目は単純にカッコイイ!
見た目は皆さん知ってる通りですからね。
問題なのはここからですよ!

カルカッタコンクエストと言えば!

そう!カルカッタコンクエストシリーズと言えば巻き心地ですよね!
「巻きのコンクエスト!」と言われる位ですから。
ハンドルを回してみます。
あれ?
別に普通~。
いや、巻き心地は凄く良いんですが、『14カルカッタコンクエスト』に初めて触れた時の様な感動が無い…。
正直『19アンタレス』の方が気持ちが良い感じすらしてしまう…。
もう巻き心地は究極の所まで来てしまったのでしょうか?
今のフラッグシップモデルのリールは行きつく所まで行きついた感じがします。
あくまで巻き心地に関してはですよ!
でも巻き心地に関してはカルカッタコンクエストが最上位に君臨していてほしかったかな…。

クラッチ、ドラグノブ、メカニカルブレーキノブ

その他の操作感なんですが、一番残念だったのがクラッチを切った時のカッチリ感。
これが無かった…。
これは自分が触った個体が悪かったのでしょうか…?
なんかカチッと来る感じがなかったんですよね…。
ドラグノブを回しても、メカニカルブレーキノブを回しても特に感動は無し…。
イシーは『15カルカッタコンクエスト200HG』を使用していた事があるので『19カルカッタコンクエスト』に関しては全く感動がありませんでした…。
ただ、悪くなっているという事ではないんですよ!
印象としてはアナログのカルカッタコンクエストにDCが付いたというだけな感じ…。
ただ、クラッチを切った時のカッチリ感は何処に行ってしまったんだ…。
自分が触った個体が悪かっただけと信じたい…。

ハイギアモデルが無い時点で無い…

う~ん、やっぱりこれは買わなくて正解でしたね…。
ハイギアモデルが無い時点で買う事はあり得ないです…。
これで来年辺りハイギアモデルが出れば…。
ちょっと待って!
DCブレーキシステムがI-DC5ですよね…。
これハイギアモデルが出ても買う必要性あるんか…?
今持ってる『16アンタレスDC』と『18アンタレスDC MD』があれば必要ないんじゃ…?
まあまあ、とりあえず来年まで様子見としときます!w
はい!w
以上!(笑)

2019/04/07

NEWロッドを使用する時が来た!

NEWワールドシャウラの為に

ブログ記事内でもお知らせしていますが、今年2019年に追加されたモデルのワールドシャウラ『1703R-2』と『2752R-2』を使用する時がやっと来ました!
今回は特にワールドシャウラをご紹介するという記事ではありません…。
追加モデルのワールドシャウラの為に準備しましたよという記事です。(笑)
何を準備したのか?
やっぱり釣りってラインあっての釣りじゃないですか?
新しいワールドシャウラの為にリールにラインを巻きました。

アンタレスDC MD XG

まず、ワールドシャウラ『1703R-2』には『アンタレスDC MD XG』をセットしようと考えてます。
という事でラインを巻きます。
巻いたラインはGT-R HM 25lbのラインです。
ロッドが強いですからね!
勿論ラインも強くします!
久しぶりに25lbのラインに触れたら太い!w
これであんな釣りやこんな釣りを展開していこうかなと考えています。(笑)

ステラC3000XG

そしてワールドシャウラ『2752R-2』には『ステラC3000XG』をセットしようと考えてます。
という事でラインを巻きます。
あれ?
このラインは…?w
某上○屋さんの激安ラインDream Catchじゃないですか!?(笑)
このラインはあくまで下巻き用のラインです。
普段下巻きなんてしないイシーですが、PEラインを使う場合はスピニングリールであろうがベイトリールであろうが必ず下巻きをします。
まさかPEラインを直接スプールに巻いてませんか!?
それは駄目ですよ!
PEラインをスプールに直接巻いてしまうとライン自体がスプール上で滑ってしまうので、必ず下巻きをします。
だから安いラインで十分なんです。
ちなみにベイトリールへの下巻きはナイロンラインがお勧めです。
何故なら、フロロカーボンラインよりナイロンラインの方が比重が軽いから。
どうせ巻くんだったら比重の軽いナイロンラインを巻いた方がスプール回転の妨げを最小限に抑える事が出来ます。
話がズレてしまいました…。
ほい!
PEライン、シマノのパワープロZ 1.5号を巻きましたよ。
やっぱりステラにはこのホワイトのPEラインが良いわ~。
あくまで個人的な意見ですが…。

新たな気持で

やっぱり新しいタックルを使う前ってワクワクしますよね!
ロッドが追加された事によって釣りの幅がグッと広がりますし。
最近気温も大分暖かくなってきました。
新たな気持で釣りに行こうと思います!
釣れるかどうかは分かりませんよ!(笑)
ブログをチェックしてて下さいね!
あっ!NEWワールドシャウラのインプレッション的な記事も書かなくちゃ…。

人気の投稿(過去30日間)