Translate

2019/05/11

サンヨーナイロンからNEWライン登場!

お得なNEWライン登場!

最近釣具屋さんに寄った時に見かけたんですが、サンヨーナイロンから新しいラインが発売されていました。
それがこちらです。
サンヨーナイロン『アプロードAプライム』です。
このラインは500m巻きのナイロンラインになります。
500m巻きのラインなんですが、お値段は1,200円〜1,300円程とかなりお安くなってます。
釣具屋さんで良く見かけるサンヨーナイロンのライン(GT-Rシリーズ)100m巻きと同等のお値段。
いや、それよりお安いです!

嬉しいマーキング付き

100m巻き、300m巻き、500m巻き、600m巻き等様々ありますが、どの程度で何m巻いたのか分かった方が良いですよね!
この『アプロードAプライム』は100m毎にマーキングがされています。
100mキッチリ巻きたいと言う方にはかなりお勧めです!

ラインの強さは?

どうせ使うのであれば強いラインを使用したいですよね!
この『アプロードAプライム』はどうなのか?
例えば1号のラインであれば4lbの強さがあります。
と言う事は他のナイロンラインとほぼ同等の強さがあると考えて良いでしょう。
ただ、あくまでラインの強度は普通で、耐摩耗性があるとはちょっと考えにくいです…。
アプロードのGT-Rシリーズは耐摩耗性がある事で有名ですが、流石にこの値段設定で耐摩耗性があるとは考えにくい…。
という事で、普通に釣りをする分には十分扱えると思いますが、ブッシュをガンガン攻めるような釣りをする場合はGT-Rシリーズを使用した方が良いでしょう。
勿論イシーは今まで通りGT-Rシリーズを使用する事に変わりは無いです。

本当にお金を掛けたく無い方へ

『アプロードAプライム』でもお高いと思ってしまうそこのアナタ!w
良いラインがありますよ!
某上○屋さんのオリジナルライン、『Dream Catch』です!
なんと500円でおつりがきてしまうこの価格!w
本当にお金の無いヤングアングラーにお勧めのラインです。(笑)
というか『アプロードAプライム』の価格で500m巻きなんだから、その位は頑張って出しても良いんじゃないでしょうか…?
そう思ってしまうのは俺だけ…?(笑)

2019/05/10

リザーバーはこれから!

ようやくバスが動き出す

野池等の比較的シャローな所ではスポーニングが始まっていると思いますが、ある程度水深のあるリザーバーはまだまだこれからですよ!
昨年(2018年)の今頃はようやくバスが見えてくる感じでした。
気の早い個体はスポーニングの体制に入りますが、ほとんどのバスはまだ餌を求めてさまよっている感じでした。

スポーニングに入る前にデカバスを狙え!

餌を求めてさまよっている状態なので、当然ルアーへの反応も良いです!
昨年は新しいタックル1本を持ってリザーバーへ出撃しました。
この時点でワールドシャウラがまだ1本しか手元に到着していませんでした…。
釣れれば良いかな〜程度でジャークベイトを流していると、来ちゃったんです!
48cm、2195gのおデブなバスちゃんが!
この時ドラグはフルロックでした。
なのでフックが。
伸びてます。(笑)
ロッドは15101Fを使用していたのですが、この時ワールドシャウラの凄まじいパワーを実感したんです!
ちなみにリールはアンタレスDC MD XGでした。

バスが見えなくても大丈夫!

ちなみにジャークベイトをキャストした所はこんな場所でした。
丁度倒木がある辺りにキャストして巻いてくると、勢いよくバスが倒木の下から飛び出してきました!
ルアーにチェイスしてきてそのままガブリ!
そう!
リザーバーはこれからが熱くなってくるんです!
近くにリザーバーが無いと言う方もいると思いますが、ある程度水深のある湖なんかはこれからなんです。
是非是非皆さんもプリスポーンのデカバスを狙ってみて下さいね!

2019/05/09

ネストだらけだぜ!

大きいバスはスポーニング意識!

今回は近所の野池を探検してきました。
ネストにいるバスがほとんどだろうという読みです。
タックルは最近こればかりの2セット。

  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb
サイトフィッシングがメインになる読みでした。
見にくいですが、この枝だらけの所にネストがあります。
しかし、流石に枝だらけでロッドを振るのが困難…。
と、その時 !
ぼちゃんっ!
はい…、右足水没…。
気持ちが悪いので靴下とブーツを履き替えに家に戻ります…。
めんどくせぇ〜!

他の場所もネスト?

足を水没させた場所は枝だらけでロッドを振るのがあまりにキツかったので、違う野池に来てみました。
ネスト発見!
と思いましたが、ただ日向ぼっこしてるバスでした。(笑)
やっぱり場所によって変わりますね〜。
このバスは何処かへ消えて行きました…。

また違う場所でネストを探す!

違う野池に移動。
今度もまた際どい所にバスがいるのを確認!
ここは水が綺麗です。
ただ、まだネストについているという感じではなく、なんとなくこの変にネスト作ろうかな〜状態のバスちゃん。
ルアーに時折反応はしますが、このオーバーハングの中にルアーを送り込むのも大変ですし、何よりネストが未完成…。
色々試しましたが、駄目でした…。
そしてこの丁度対岸に完全なネストを発見!
この木の真下です。
ぴったり雄バスがネストに張り付いてる状態!
これはいただいたも同然!と思っていましたが…。
かなりルアーに臆病になってます…。
おそらくもう釣られた後みたいですね…。
ただ、一度釣られたネストのバスでも、また釣れる事もあるんですよ!
なにせイシーは同じバスを1日に3回釣った事ありますから〜。(笑)
それ位ネストへの執着心が強いんです!
一応頑張ってみましたが、口を使う様な雰囲気じゃなかったです…。

何だよ、これ…

そして夕方。
最後の移動です。
最後の野池ではネストが確認できず…。
とりあえずシマノ、バンタムのマクベスとDUOのレアリススピン14gをやたらめったら投げまくりです。
そして。
うわ〜。w
ウルトラちっちぇ〜!(笑)
ネストについてるバスは比較的大きいけど、スポーニングに絡まない様な奴はこんなんです…。
これ20cmも無いバスですよ…。
あっ!
一つ言い訳させて!w
前回のブログ記事を読んでもらえたら分かると思うんですが、DUOのレアリススピンは手堅く釣れるルアーと言いましたよね?w
ほら!w
ちゃんと証明出来たでしょ?w
バスはバスだもん!w
…。
…。
…。
神様!
お願いです!
デカいバスを釣らせて下さい!
マジで!!

2019/05/08

手堅くバスを釣るならコレだ!

とにかく1匹のバスを釣りたいあなたへ

皆さんは、バスを釣りたいですか?(笑)
釣りたいに決まってますよね。w
サイズを問わないのであれば簡単に釣れますよ!
しかも巻きの釣りで!
手堅く釣れるルアーはコレです!
巻くセコ釣り、DUOのレアリススピンです。(笑)
レアリススピンは5g、7g、11g、14gと4種類のウエイトがあるんですが、イシーは11gだけ使用した事がありません…。
スピニングタックルで使用するなら5g、7gを。
ベイトタックルで使用するなら11g、14gといった感じです。

釣りガールも愛用

ちなみに最近登場した釣りガールもこのレアリススピンで人生初のバスを釣る事が出来ました。
しかもこれ、釣り始めて初日ですよ?(笑)
ワームでちょんちょんやってるより効率良く、投げて巻くだけで釣れるルアーなんです!

レアリススピンの弱点

釣りを始めたばかりの子にいきなりベイトタックルを使えというのは酷な話です…。
勿論釣りガールもスピニングタックルから入りました。
スピニングタックルなので釣りガールにはレアリススピンの5g、7gを使用させてましたよ。
ただ、レアリススピンの5g、7gには弱点があるんです…。
それは、リトリーブがかなりシビア…。
テールのブレードを上手く回してリトリーブしてこないと魚は釣れません…。
それに、フックがブレードに絡むことが非常に多いです…。
魚が掛かったとしてもバレ易いのも欠点ですね…。
ただ、ブレードが回転しているという重みがちゃんと感じ取れれば魚は簡単に釣る事が出来ます。
バレなければ…。(笑)


14gはかなり優秀!

ベイトタックルを使える方なら14gを使用する事をお勧めします!
11gは使った事が無いので分かりませんが、14gであれば比較的絡む事も少なく、リトリーブも簡単です。
リザーバーではフォールさせて釣るという方法をやっていました。
フォール中もブレードがしっかり回転しながら落ちていきます。
フォールで魚を寄せて、巻き始めれば魚が口を使ってくれます。
初心者は勿論、ある程度釣りをやり込んだ方にも是非試してほしいルアーです!
どうしてもバスが釣れない様な時は使ってみて下さいね!(笑)

2019/05/07

ひたすら投げて、ひたすら巻け!

マクベス

最近お気に入りルアーの1つとして活躍してくれているクランクベイトがあります。
シマノ、バンタムのマクベスです。
サイズが63mmでウエイトが16gになります。
何が良いって、障害物回避能力が頗る良いです!
ルアーのリトリーブを止めてやれば急浮上してくれます。
ブリブリとマクベスがお尻を振っている感覚が大きいので、ルアーに起きる変化が物凄く明白です。
カバークランキングやるなら絶対外せない存在になりました。
勿論カバーに絡めなくても全く問題無いですよ!

コマックも気になる!

マクベスのダウンサイジングモデルとしてマクベス50(通称コマック)があります。
サイズが50mmでウエイトが12gになります。
イシーはまだ所持していないのですが、コマックも絶対良いでしょ!w
オリジナルのマクベス譲りのスクエアビルリップ。
ただ、ダウンサイジングしただけでは無く、障害物回避能力はオリジナルのマクベス同様。
何故なら、ボディは小さくなってもリップは大きいまま。
ちなみにオリジナルのマクベスを使用していて障害物を回避する能力は存分に体感しています。

ひたすら投げてひたすら巻く!

マクベスシリーズは伊豫部健プロがプロデュースしたルアーですが、ひたすら投げて巻いて魚を探す釣りに向いています。
トーナメントで培われた経験がこのマクベスには詰め込まれている感じです。
何処に魚がいるか分からない時、サーチベイトとしてひたすら投げてひたすら巻いていれば良いんです。
なので、早い展開の釣りになります。
ガンガン投げてガンガン巻いていく釣りが好きな方には是非このマクベスシリーズを使ってみてほしいですね!

2019/05/06

ベイトタックル初使用の釣りガール

「ベイトタックルを使いたい!」

これまでスピニングタックルで釣りをしていた釣りガールですが、ベイトタックルに興味津々!
という事で少し練習させてみました。
まずはキャスティングする際の持ち方から教えます。
飲み込みが早い釣りガールは教えたらすぐに吸収します。
教えていて正直楽です!
練習用にキャスティングラバーシンカーを使用します。

実際にキャスティング!

キャスティングですが、勿論最初はブレーキを強めに設定。
しっかりハンドルを上に構え、ひたすらオーバヘッドキャストです。
隣で見ていると、ブレーキを緩めても大丈夫な感じがしちゃいます!
という事で、メカニカルブレーキも緩めI-DC5のAモード(オート)でキャスティング。
しっかりサミングも出来てる!
なんという吸収力早さ!
たまにバックラッシュはしますがかなり軽傷です。
もう普通にキャスティング出来てます!

バックラッシュも自分で直す釣りガール

ベイトタックルの使い始めなんてバックラッシュが当たり前の世界ですが、バックラッシュも軽傷で、釣りガール自らラインを直します。
ラインが綺麗になっていないと気が済まない性格が出てます!w
しっかりキッチリ直します。
これであれば実釣でベイトタックルを使う日もそう遠くはなさそうです!
ただ、今の所はスピニングタックルを完全に使いこなせる様に頑張ろうね!(笑)

2019/05/05

釣りガールが10ポンドオーバー確保!

釣りガールと野池に出撃!

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
今回は釣りガールと野池に出撃してきました。
朝から気温は15℃。
日中はかなり暑かったです…。
とりあえず今回イシーが使用したタックルをご紹介いたします。

  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb

ベイトタックル2セット、釣りガールにはスピニングタックルを持たせています。
なんとなく釣りガールを横目にクランクベイトを巻いてくると。
子バスが釣れちゃいました。(笑)
釣れたルアーはシマノ、バンタムのマクベスです。
やっぱりこの時期は赤が効くのかな〜?
釣りガールも頑張って巻きの釣りを展開してます。
そして。
かなり早い段階で釣りガール、バスをGETです!
ルアーはDUOのレアリススピン5g。
巻くスピードがシビアなルアーですが、しっかりバスを釣り上げる事が出来た釣りガールです!
釣りガールがレアリススピンでバスをGETしたという事でイシーもレアリススピンに変更です。(笑)
小さいけど釣れた〜!w
イシーはレアリススピンの14gを使用しました。

ちょっとパン鯉

釣りガールと二人で頑張ってバスを狙ってましたが、ちょっと遊びたくなってスピニングタックルを手にしてる釣りガールにフックだけを結びました。
何をするのかというと、パン鯉ですよ!(笑)
鯉がそこら中でパクパクしていたので、つい遊び心が出てしまいました〜。w
そして。
遊び心で始めたパン鯉ですが、デカすぎ!(笑)
ネットに入れるのも一苦労でしたよ…。
70cmの鯉です。
釣りガールも鯉との格闘を楽しめたみたい!
あまりにも体高が凄くて重かったので、重さも計測してみました。
4,860g!!
鯉の10ポンドオーバーです!w
誰もバスの10ポンドオーバーとは言ってませんからね〜!(笑)
バスじゃなくても、大物とのやりとりが出来て釣りガールも大興奮の様でした!

気を取り直してバスに戻る

それでは再びバスに戻ります。
イシー、なんとなく浅い所にバスがいる事を確認。
クランクベイトをブリブリと巻いてくると。
即口を使ってきました!
おそらくネストにいたバスです。
ちょっと痩せてるけど、春って感じの釣れ方。
33cm程ですね。
また、同じ所にリリースすると再びネストに戻って行きましたよ!

リザーバーに移動

野池は暑い!
という事でちょっとリザーバーに行ってみる事にしました。
やっぱり野池とは一味違うリザーバー。
スポーニングもまだ始まっていない様な感じ。
ただ、子バスの群れが見えます!
どうやって口を使わせようか迷いましたが、レアリススピンをフォーリングさせるとバスが寄ってくる事が分かり、その後リトリーブを始めると口を使う事が分かりました。
約25cm程のバスですが、今年初のリザーバーでのバスです!
そして同じパターンで。
もう1匹追加です。
このバス、大きいバスにかじられた様な跡があります。
という事はやはり大きいバスがいると思われます。
これは時期を変えてリベンジするしかないですね〜!

人気の投稿