Translate

2019/08/17

レアリススピンでのバラしを防ぐ為に!

バラしが多いレアリススピン

前回の釣行記事『レアリススピン祭り!(写真多め)』で、レアリススピンでのバラしがあまりにも多かった為、50アップのバスをバラしてから考えたある事
それを今回の記事ではご紹介していきたいと思います。
ちなみに上記写真がある事をしたレアリススピンなんですが、何をしたか分からないですよね?(笑)

フックを交換!

また以前のブログ記事ですが、『NEWフックST-36MFが凄すぎる!』という記事を書きました。
フックをフッ素コーティングされているフックに交換したら刺さりが良くなり、バラしが少なくなるのではないか?と考えたんです。
という事で、釣りの最中にST-36MFの#10を購入しました。
レアリススピン14gはノーマルの状態で、#10のフックが付いてます。
本当にフッ素コーティングがされいるかいないかの差だけです。
これでバラしが少なくなるのか否か。
一応持っていたレアリススピン14gを3つ、釣り場でフック交換しました。
釣り場でフック交換って嫌な作業ですね…。
ハッキリ言って面倒くさい…。
ただ、これで本当にバラしが少なくなるのか分かるはずです!

結果

とりあえずST-36MFのフックに交換したレアリススピンを1日中使い続けてましたが、結果はどちらのフックもそんなに変わらないという結論でした…。
要はバスの食い方次第で、ショートバイトの時はST-36MFを使っていようが結局バラします…。
ただ、ST-36MFを使うと貫通力は上がります。
上顎等、硬い所にしっかり掛けたい場合はやっぱりST-36MFに分がある感じです。
あくまでバスがどういう口の使い方をしてきたかで、バラすバラさないの違いがあるだけの事。
今回はノーマルと同サイズフックの#10を使用しましたが、今度はフックサイズをワンランク上げて#8のフックを使って試してみたいです。
この時は#8は売り切れてしまっていたんですよ…。
なので、また機会があればテストしてみたいと思います!

2019/08/16

レアリススピン祭り!(写真多め)

レアリススピン釣行開始!

今回はほぼレアリススピンのみ使用しての釣行です。
雨が降ったり止んだりでパッとしない天気でした…。
そしてタックルは勿論いつもの!

  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb

もう夏場はこれだけあれば十分と思える位。
特にレアリススピンを投げるのであればこれがベストです!

食うけどバレまくる…

当然レアリススピンで釣りを始めます。
こんな所にレアリススピンをプレゼンテーションしてました。
子バスが3匹掛かりましたが、3匹共水中へお帰りに…。
でもこいつは何故かちゃんとフッキングしてるし…。
お前ちゃうねん!w
そして4匹目。
なんと50アップのバスが!!
バレました…。
悔しい〜。
4連続バラしって…。
いくら何でもバラしが多い…。
という事で考えた結果、ある事をやろうと思い釣具屋さんへ!
ある事とは次回のブログ記事で書きたいと思います。

レアリススピン祭り始まる!

ある事をしたレアリススピンでまた釣り再開です。
まあ、とりあえず子バスが釣れますよ!
勿論ルアーはDUOのレアリススピン14g。
良いですか?
このタイリクバラタナゴというカラーだったという事を覚えておいて下さい。
はい、子バス〜!
はい、ガンガンいきま〜す!w
もっと〜!
ほい!
わっしょーい!
もうどんだけ釣れるんだよ!(笑)
これぞ、レアリススピン祭り!w
写真に収めた数は14匹でしたけど、めちゃくちゃバラしてますからね…。
あれ全部しっかりキャッチしてたら相当な数ですよ…。

戦後のレアリススピン

あまりに釣れすぎる為、実は途中からレアリススピンの塗装が…。
綺麗にシルバーボディになってます!(笑)
釣ってる途中で分かってはいましたけど、このままずっと釣り続けてました。
後は早引きしたり、沈ませたりしてレンジを変えるだけ。
だからあまりカラーは関係無い感じなんです。
という事でこれは後であんな風にしてやろうかなと考えてます!
何か進展させたらブログ記事でお伝えします。

2019/08/15

ベイトリールの簡単メンテナンス

ベイトリールを簡単にメンテナンスしよう!

皆さんはベイトリールのメンテナンスはしてますでしょうか?
そこまで頻繁にする必要は無いですが、定期的にメンテナンスしてあげる事で快適にリールを使い続ける事が出来ますよ!
オーバーホールまではしなくとも、汚れを拭き取ってオイルを注油する位は定期的にやりましょう!
まずは下記の物を準備しましょう。

  • ベイトリール本体
  • リールオイルスプレー(メーカー純正品)
  • リールグリススプレー(メーカー純正品)
  • ティッシュ
  • 綿棒

これだけ用意すればOKです。
ちなみにオイルやグリスはメーカー純正品を使用する事を強くお勧めします!
何故ならば、今後リールをメーカーにオーバーホールに出す際や、修理に出す際、メーカー純正品以外のオイルやグリスを使ってしまうと、メーカーがオーバーホールや修理を受け付けてくれない可能性があります。

簡単メンテナンス開始

それでは簡単にメンテナンスしていきましょう。
今回は汚れたオイルやグリスを拭き取り、注油するという単純な作業です。
まずはリールからスプールを外します。
スプール軸には汚れたオイルが付着してますのでティッシュで綺麗に拭き取って下さい。
またリールにベアリングが付いたモデルはベアリングのオイルも拭き取りましょう。
今回は19アンタレスのメンテナンスを例にしてますのでSVSインフィニティのブレーキパイプ(金色の箇所)も汚れたオイルを拭き取りましょう。
その中にあるベアリングも拭き取って下さい。
次はメカニカルブレーキを外します。
メカニカルブレーキのキャップにグリスが付いてるので拭き取りましょう。
スプール軸を受ける部分はティッシュを紙縒りにして拭き取れます。
これで拭き取る作業は終わりです。
簡単ですよね!
後は拭き取った箇所にオイルを注油するだけです。
オイルはシュッと軽く一拭きすれば十分です。
オイルを吹きすぎてしまった場合は拭き取ってあげましょう。

グリス塗布

グリスに関しては頻繁に使わなくても良いんですが、今回はご説明します。
グリスは直接付けるのではなく、綿棒に付けてからリールに塗布します。
塗布する箇所はメカニカルブレーキのキャップ、それからレベルワインダーの部分です。
グリス少量を綿棒でレベルワインダーが駆動する(ジグザグになっている)箇所に付けます。
後はハンンドルを回してグリスを馴染ませればOKです!
かなりザックリと簡単に説明させていただきましたがいかがですか?
こんな事誰でも知ってるよ!って言う方も中にはいると思いますが、知らない人は知らないんです。
ですので、何か分からない事があればブログへのコメントでも、SNSでDMしていただいても結構です。
いつまでも快適にリールを使っていく為にもメンテナンスは定期的に行いましょう。

2019/08/14

19アンタレスHG推奨

19アンタレスの購入を迷っている方へ

今年2019年、アンタレスの販売が開始されましたけど、皆さんは購入されましたでしょうか?
イシーは最近この『19アンタレスHG』の出番がとても多いです!
アンタレスと言えばこの鏡面ボディ。
カッコイイですよね!
ただ、アンタレスはやっぱりお高いです…。
欲しいけど買うのを迷っているという方の背中をイシーが押してあげますよ!(笑)

スペック表

『19アンタレス』のスペックは下記になります。
定価が58,000円だったんですね〜。(笑)
まあ、正直高いです…。
でもやはりアンタレスという名が付いてますから、『19アンタレス』相当良いですよ!
イシーはあくまでもハイギアモデルの『アンタレスHG』を推奨しますが。

官能的キャストフィール

『19アンタレス』が何故良いのか?
それは『19アンタレス』から採用されたマグナムライトスプールⅢの恩恵がかなり大きいです。
スプールだけ手に取ってみるととても軽いのが分かります。
この軽さが超軽快なキャストフィールを生み出します!
キャストしているだけで楽しいです。
スプール径が34mm、スプール幅が何と19mmです。
イシーはこの『19アンタレスHG』には14lbのナイロンラインを巻く事が多いですが、10g未満のルアーから15g前後のルアーの使用頻度が高いです。
スプール径が34mmですからバーサタイルと言われているスプール径ですが、10gに満たないペンシルベイトやポッパーが楽にかっ飛んでいきます。
これは実際に購入した人にしか分からないでしょう。

コンパクト

アンタレスというと今まで大きいイメージがあったと思いますが、この『19アンタレス』はとてもコンパクトです。
パーミングした際に凄く握り込みやすいボディサイズ、そして形状にも拘りが見られえます。
親指がすんなりリールに乗る感覚。
今のリールとしては決して軽くは無いリールですが、220gという若干重さがある事でアンタレスを持っているという所有欲が満たされます。

19アンタレスの拘り

この『19アンタレス』には細部に色々な拘りが見られます。
まずサイドプレートです。
ブレーキはSVSインフィニティですが、そのブレーキ調整ダイアルに赤のワンポイントがキラリとアクセントとなってます。
そしてメカニカルブレーキです。
このメカニカルブレーキノブを回しても「ANTARES」という文字は一切動きません。
凄く拘った造りになってますよね!

最後に

この『19アンタレス』はマイクロモジュールギアを搭載してる事もあって、巻き心地がヌメヌメというか、とにかく軽快に巻けるんです。
はっきり言ってしまうと、『16アンタレスDC』や『18アンタレスDC MD』より巻いていて気持ちが良い!
もしかするとハンドルが冷間鍛造ハンドルなのでその恩恵もあるかもしれません。
でも、やっぱり特筆すべき点はマグナムライトスプールⅢですよ!
このキャストフィールを体感してしまっている人は他のリールに戻れなくなる様な勢いです!
正直イシーももう一台欲しい位です!(笑)
リール一台で比較的何でも出来るというのを望んでいる方は、是非この『19アンタレス』をお勧めしますよ!
イシーは絶対にハイギアの『19アンタレスHG』推しですが。(笑)

2019/08/13

アイツを仕留めに出撃!(Part.2)

前回の続き

前回のブログ記事『アイツを仕留めに出撃!』の続きになります。
2日連続釣行です。
今回は11:30位から開始です。
ちなみに今回のタックルは1セットになります。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb

またいつものタックルだけにした感じです。
ただ、今回はいつものジャークベイトとトップ(ポッパーとペンシルベイト)の他にも2種類、別のルアーを用意しました。
アイツを仕留める為に…。

幸先良くバス登場!

今回新たに導入したルアーに早速バスが来てくれました。
子バスですけどね。
これで良いんです!
釣れたルアー見えちゃってるかな?(笑)

タイミングバッチリ!

子バスを釣りつつも、アイツの姿を探します。
するとアイツが姿を現しました!
写真で見ると、青い丸の箇所にアイツが現れたんです。
そこで赤い丸の所にルアーをキャストします。
そして、少しフォールさせてリトリーブすると、アイツもそのルアー目掛けて突進してきました!
タイミングがバッチリ合った!
やっと口を使ってくれたけど…。
足場が少し高いです…。
タックルを信じてブチ抜いてやりました!
キタキタ〜!
※日陰から出て明るい所で写真を撮影してます。
50は無いけど、良いバス〜!
コイツを釣る為に色々考えた結果が出てくれました!
口閉じ尾開きで47cmでした!
やっぱり狙って獲るって楽しい〜!
重さは1,540g。
この重さのバスを抜いてもワールドシャウラは流石!
全然余裕です!
いや〜、達成感!
本当これがあるからバスフィッシング止められないわ〜。
あっ!
釣れたルアーがこちらです。
DUOのレアリススピン14gです。
このルアー、バレやすいし、フックも細いから心配だったけどぶち抜いて正解でした!
まあ、当然フックは少し伸びてましたが…。

大きいのから小さいのまで

ワームでセコセコやるより、こういうシルエットが小さいルアーを巻いてしまった方が楽に魚を掛けられます!
当然その後も子バスが。
47cmの後のこの魚…。w
10cm位?(笑)
更に。
DUOのレアリススピンめちゃくちゃ釣れますね〜。
ワームにも口を使わない様だったらこういう釣りもアリかな?という感じです。
目標を達成して満足したし、暑いので13:30には退却しました。w
たった2時間だけの釣りです。(笑)

こんなルアーも試してました!

実はレアリススピンと共にこんなルアーも試してました。
写真下部のルアー、DUOのレアリススピンベイト90です。
これ真夏のリザーバーで大活躍するルアーなんですが、全然反応無かったです…。
やっぱりシルエットの問題なのかな〜?
でもこのレアリススピンベイトはゲーリーのヤマセンコー、ノーシンカーみたいにユラユラと釣れそうなフォールするんですよ〜。
ただ、今回はレアリススピンに分があった感じですね。
皆さんも色々考慮してルアーを変えてみて狙った魚を釣ってみて下さい!
達成感が凄いですから!

2019/08/12

アイツを仕留めに出撃!

準備を整えて!

今回は前回好反応だった大きめのバスちゃん狙いで出撃してきました!
最近34℃〜35℃の気温でしたが、今回は30℃は超えなかったのでちょっと助かりました。
それでも暑いですけど…。
いつもと一緒の事やってたら大きめバスちゃん食ってくれないと思い、今回はタックルを2セット用意しました。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 20lb

最近1651ばっかりでしたけど、そこに1702をプラスして大きめバスちゃんを仕留めてやろうという魂胆です。

ロッド選択ミス…?

とりあえずトップから様子を見ます。
まあチビバスがやたら元気ですが、眼中に無いので。(笑)
反応が無い為、前回反応のあったジャークベイトを投入。
しかも今回は10cmジャークベイトではなく、12cmのジャークベイトです!
ここで思ったことが1つ。
1702硬い…。
1652にしとけば良かったと思いました…。
ただ、やっぱりジャークベイトを気にはしてくれていますが、口は使わない…。
という事でテキサスリグ投入です。
テキサスリグやるのであれば1702でOKな感じです。
こんな所にテキサスリグ落としてみました。
するとゴンゴンッと激しいアタリが!
いやいやいやいや…。
狙ってるのお前ちゃうから。(笑)
測ってないですけど、30cm有る無しって感じ?
ちなみに釣れたルアーはこちらです。
ウォーターランドのギルレイカーに14gのテキサスリグです。
フックは4/0。
こんな長いワームにあのサイズかぁ…。

12cmジャークベイトにも!?

何度もジャークベイトとテキサスリグを取り替え、見えてる大きめバスちゃんの反応を見ます。
ワームも見に来ますが、ジャークベイトも結構反応が良い感じ?
そして遂に!
だから!
お前ちゃうねん!(笑)
これも30cm有るか無いかって所ですかね…。
釣れたルアーはこちら。
DUOのレアリスジャークベイト120F。
お気に入りのカラー、メッキワカサギです!
このルアーにもあのサイズのバスか…。
真夏って子バスが凄く元気ですよね〜。w

疲れたら?

もう大分やったけど、暑いし疲れた…。
イシー流、釣りの時の食事はコレ!
確かな満足スニッカーズ!w
この甘ったるいのが効くんです!(笑)
釣果で満足出来なかったから、スニッカーズで満足?
しないわ…。
いつかアイツ仕留めてやるから待ってろよ〜!!

人気の投稿