Translate

2019/12/14

エリア用BOXの中身公開!(Part.2)

スプーンワレット

前回のブログ記事『エリア用BOXの中身公開!(Part.1)』はご覧になっていただけましたでしょうか?
今回はその続きになるのですが、ドカットの中に入っている全てのスプーンワレットの中身を公開します。
ワレットは全部で4つ。
結構量が多いので覚悟して下さい!(笑)

スプーンワレット1

1つ目のスプーンワレットです。
ピンクカモのMEGA BOXになります。
1-1.収納スプーン
  • ディープカッパー5g
  • ロールスイマーCE5.2g
1-2.収納スプーン
  • スーパーディープカッパーC5.8g
  • ロールスイマー5g
1-3.収納スプーン
  • ロールスイマー5g
  • スリムスイマー5g

スプーンワレット2

2つ目のスプーンワレットです。
グレーカモのMEGA BOXになります。
2-1.収納スプーン
  • スーパーディープカッパーC4.5g
  • スプートニック3g
2-2.収納スプーン
  • ゲータースプーン4g
  • レンゲ4g
  • ロングゲーターC4.5g
  • リミテッド3.9g
2-3.収納スプーン
  • ディープダイヤ4g
  • バンク4.5g
  • カウントダウンディーパー4g
  • アルミん フラットA4g
  • 貝職人4.5g class

スプーンワレット3

3つ目のスプーンワレットです。
ブラウンカモのMEGA BOXになります。
3-1.収納スプーン
  • ロールスイマー2.5g
  • スリムスイマー2.5g
  • ロールスイマー2.2g
  • ロールスイマー1.5g
3-2.収納スプーン
  • ゲータースプーン2.5g
  • レンゲ2.5g
  • ディープカッパー2.5g
3-3.収納スプーン
  • フラットG4.5g
  • ロールスイマー3.5g
  • スリムスイマー3.5g

スプーンワレット4

4つ目のスプーンワレットです。
オリーブカモのMEGA BOXになります。
4-1.収納スプーン
  • アルミん1.6g
  • アルミん2.5g
4-2.収納スプーン
  • アルミん4.3g
4-3.収納スプーン
  • アルミん5g

以上、計4つのスプーンワレットの中身です。

最後に

スプーンが大分増えて、スプーンワレットがパンパン状態です。(笑)
でも、後はアルミん5gの持っていないカラーを買い足せばほぼOKな状態。
おそらくそれ以外に買うスプーンは無いと思うんですよね〜。
多分!w
今シーズンはこれらのルアーを使ってエリアフィッシングを楽しんでいこうと思います。
是非皆さんも、寒い季節だからこそ管理釣り場に出掛けてみてはいかがでしょうか。

2019/12/13

釣れない状況で最後に幻の魚

今回も白河フォレストスプリングス

本来ならば『エリア用BOXの中身公開!(Part.2)』の記事を公開する所なんですが、釣りに行った為、(Part.2)は明日公開になります。
という事で、今回も白河フォレストスプリングスにやってきました。
この位の時間に付いても先行者の方が2組み…。
白河フォレストスプリングで1番目を取るのは中々厳しいですね…。
そして、オープン時間の7時。
白河フォレストスプリング恒例、朝のポイント争奪ダッシュです!(笑)
サードポンドの一番大きなインレットには既に1組み(2人)入ってしまったので、久しぶりにファーストポンドに入ろうと思ったら、何とウィードだらけ…。
これじゃ釣りにならんと思い、仕方なくいつも通りサードポンドに入りました。
朝早く来た意味全く無し!(笑)
写真左側がサードポンド最大のインレットです。
この位置からならなんとかインレットの恩恵を受けられるかな〜という感じで入ってみました。
では、今回使用したタックルです。
  • ロッド:ワールドシャウラ テクニカルエディションS66SUL-2
  • リール:ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:ZO6 4lb+α

  • ロッド:ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2/F
  • リール:ステラC2000SHG
  • ライン:ZO6 4lb+α
ちょっと66Lは必要無いかと思い、この2タックルです。

なんとか1本

朝からダッシュ後の移動で少し出遅れました…。
とりあえずいつものアルミんからスタートです。
ん?
全然触らない…。
8時を少し過ぎた頃。
ようやく1本獲れました!
ルアーはウォーターランドのアルミん5gです。
この後、地獄が待っていました…。

信じられない程釣れない…

釣りをやってる最中、水面に浮かぶ物発見!
セミルアーGET!(笑)
こんな事してる場合じゃなく釣らねば!w
キャスト、リトリーブを繰り返しますが、全くアタリが無い…。
本当にアタリが無い為、ディープカッパーC5.8gなんかも試したり。
とにかくルアーローテーションを繰り返してはキャスト、リトリーブです。
しかし、本当にアタリが無い…。
本当に信じられない位触らないんです…。
う〜ん…。
場所が悪いのか…。
13時を過ぎた位でしょうか。
ポイントを移動します。

移動した先でも…

今度は対岸にインレットが見える所です。
しかし、移動した先でも全くアタリが無い…。
見えてる魚をサイトフィッシングで狙う方法に切り替えます。
アルミんを巻いてるとたまに追う魚が確認できますが、口を使う所まで至らない…。
ちなみに、ルアーを追ってる魚が追うのを止めた直後に、ルアーを少し早く巻くとまた追うことがありますよ!
しかし、釣れない…。
本当にどうしちゃったんだ…?

最後に幻の…

ひたすらキャスト、リトリーブを繰り返しますが、全く釣れずに夕マズメへ…。
もう夕マズメなら1発デカいのを狙ってスリムスイマー5gを!
そして、16時半過ぎ。
辺りはもう薄暗く、このまま釣れずに帰る事になるのかと考えていました…。
最後は岸沿いを引く様にルアーをキャスト。
リトリーブすると、明らかにデカい魚のアタリが!
ドラグが唸ります!
これこそロッドは66L使った方が良かったんじゃないの〜!?(笑)
なんか引きがちょっと違うな〜と思って寄せてきたら。
おわっ!
イトウじゃん!
白河フォレストスプリングスで初めてイトウ釣った!w
暗くて申し訳ありませんが、シマノのスリムスイマー5g、レッドシルバーです。
やっぱりこのルアーとこのカラー好きだわ〜。
今回は魚の登場が少ないのでもう1枚イトウの写真をどうぞ!w
70cm位あるかな〜と思いつつ測ったら、ピッタリ65cmでした。(笑)
メーターオーバーにもなるイトウですから、イトウにしては小さいですね。
でも、これぞ幻と言われる魚、イトウですよ!
日中全然釣れなかったけど、ラストにして達成感です。

全てはイトウのせいか?

おそらく土日にイトウを放流したと思われます。
どの程度放流したのかは分かりませんが…。
イトウがポンドに放流されると他の魚がイトウに怯え、他の魚が釣れにくくなる傾向になると聞いた事があります。
イトウは他の魚を襲いますから。
そのイトウが日中は少し深いタナにいて、夕方浅いタナに上がってきたのではないかと。
日中に泳いでいるのが確認出来ればすぐにイトウだと気付くはずです。
先週16匹釣ったのが嘘の様に釣れませんでしたから…。
今回は貴重なイトウを釣ったから、20匹分釣った位の釣果という事にしてくれませんか?(笑)

2019/12/12

エリア用BOXの中身公開!(Part.1)

ドカット

今回のブログ記事は、イシーが使用しているエリア用BOXの中身を公開しようと思います。
去年も同じ様な記事を書きましたが、改めて公開します。
イシーがエリア用に使用しているBOXは下記になります。
リングスターのドカットD-4500です。
エリアフィッシングの際は、このドカットとロッドが入ったロッドケース、そして車に載せっぱなしのランディングネットだけを持って出撃です。
殆どがこのドカットの中に詰まっている感じです。

ドカットの蓋を開ける

それでは、実際にどの様にしてドカットを使用しているのかをお見せしたいと思います。
ドカットの蓋をオープン!w
ドカットの左側にスプーンワレットが入ってます。
ウォーターランドのスプーンワレットMEGA BOXが4つです。
スプーンワレットの中も後日公開しますのでお楽しみに〜!
そして、右側のトレーにはプライヤーやハサミ、メジャー、スナップ、交換用のフック、ストックしているスプーン等が入ってます。

トレーの下に

それでは、ドカットの右側のトレーを外してみます。
一応こんな感じなんですが、まずSTELLAの文字が!(笑)
実はリールもドカットの中に入っちゃうんです。
しかも3台も!w
後は変更グラスを入れてます。
ステラと変更グラスをどかしてみます。
こんな感じで更にステラ1台、ヴァンキッシュ1台が入ってます。
後は小さいBOXにプラグ類を入れて。
それと予備のラインですね。
ざっくりドカットの中はこんな感じに詰まってます。
このドカットを持ってると殆どの物が収納出来るので助かってます。

Part.2では

『エリア用BOXの中身公開!(Part.2)』ではスプーンワレット4つの中身を全て公開しようと思っています。
スプーンワレット自体は4つですが、大量のスプーンが詰まってます。
ちょっとブログ記事にするの面倒臭いな…。(笑)
でも、なんとか頑張りますよ〜!

2019/12/11

ネイティブトラウト用NEWロッドが発売!

ネイティブトラウトもやるイシー

実はイシー、渓流釣り(ネイティブトラウト)もやるんです。
知ってる方は知ってるでしょうけど、一応…。(笑)
この写真ヤバくないですか?
川の水が超綺麗で、これぞ「映えってる。」というのに値するのではないでしょうか?w
そんな事より、イシーは今現在、渓流釣り(ネイティブトラウト)用に『カーディフNX S60UL』というロッドを所持していますが。
なんと!
シマノから早くも2019年の内にNEWネイティブトラウト用ロッドが発売されます!
※番手によっては2020年発売

カーディフ ネイティブスペシャル発表!

まずはロングロッドの番手が2019年の内に発売され、ショートロッドの番手が2020年2月に発売予定となっています。
その新たなロッド、『カーディフ ネイティブスペシャル』がこちらです。
写真はロングロッドの写真です。
なんと、スピニングモデルとベイトモデル合わせて、全15機種も揃っています!
現モデルの『カーディフNX』よりも『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』の方がお値段がちょっとお高いです…。
例えば、イシーが所持している『カーディフNX S60UL』は定価で28,400円ですが、同じ番手の『NEWカーディフ ネイティブスペシャル S60UL』は定価で41,500円。
ちょっとじゃないですね…。
結構お高くなってます…。
でも、色々確認したら納得でした!

ハイスペックロッド

まずはブランクスなんですが、『カーディフNX』はハイパワーXを採用したブランクスでしたが、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』はハイパワーXとスパイラルXをダブルで採用したブランクスになっています。
当然スパイラルXを採用したロッドの方がブレやネジレが削減されます。
更に『カーディフNX』のガイドはステンレスフレームKガイドでしたが、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』のガイドは軽いチタンフレームKガイドが使われています。
TORZITEリングは採用されてなさそうですが、ブランクスがスパイラルXを纏って、ガイドがステンレスからチタンに変わったら、そりゃあお高くなりますよ!
また、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』には3ピースロッドもラインナップに加わっています。
2ピースロッドに関しては当然アクティブフェルールが採用されていて、しかも、各アイテムごとに応じた専用設計。
いかがですか?
お高い理由に納得されましたか?w

グリップ

イシーはトラウトフィッシングでベイトタックルを使用する事はありません。
ただ、『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』ベイトモデルのグリップを見たらカッコイイ!
CI4+素材を使用したパーフェクションシートXTです。
これ、現ワールドシャウラの6フィート未満のアイテムと同じじゃありませんか!?
しかも色がカッコイイ!
良いな〜。(笑)
でもイシーはスピニングモデルが欲しい!
スピニングモデルは天然木を使用したオリジナルシートです。
これは1本1本異なる見た目になるんですよね。
トラウトフィッシングならではの味のあるグリップで、これもまた良い!

イシーは購入するのか?

正直言いましょう!
イシーは『NEWカーディフ ネイティブスペシャル S54UL』がめちゃくちゃ欲しいです!w
でも、まだ買うかどうかは微妙なラインですね〜。
何故なら、2020年新製品の情報がまだなので…。
それが分かった時点で購入を検討かな〜?
という事で、2020年の新製品情報が入り次第即ブログにアップしますので、お見逃しなく!(笑)

2019/12/10

アルミんのグローカラーを知ろう!

アルミんのグローカラー

今回はウォーターランドのアルミんについてブログ記事を書いていこうと思います。
アルミんにはグロー系のカラーが全部で9色あります。
赤枠で囲まれた箇所のルアーがグロー系のカラーです。
このグロー系のカラー、明るい所で見ると写真そのままに見えますが、暗い所で見るとどの様に見えるのか?
今回はその暗い所で見た場合のアルミんを公開していきます。

全9色のグロー系カラー

では、アルミんのグロー系のカラーだけにしてみます。
これがアルミんのグロー系のカラー全9色です。
では、実際に暗い所で見るとどうなるのか?
それがこちらです。
怪しくモワッと光っています。
ルアーのカラーによって光り方が異なりますね。
これは実際に釣りをしてる時には分からないので、是非このブログ記事で光り方を覚えてみて下さい。

裏面も確認

アルミんの裏面に関しても違いがあります。
それがこちらです。
大体は一緒の光り方ですが、左から2番目と3番目。
ピンク/レッドグローとチャート/オレンジグローに関しては光っていません。
基本的には表面のカラーでルアーセレクトしてもらえば良いと思いますが、裏面の事も考えるとまた違った釣果になるかもしれませんね。

ミドルレンジ・ディープレンジも狙う!

アルミんはシャローレンジだけのルアーと考える方も多いかもしれませんが、フォールさせてゆっくり巻いてくればミドルレンジ、もしくはディープレンジも狙う事が可能です。
水の中は深くなれば深くなる程、光が届かなくなり暗くなります。
そんな時にアルミんのグローカラーを試してみるのもアリなのではないでしょうか。
これから寒くなってくると魚のレンジが下がってきます。
もしかすると、ミドルレンジ・ディープレンジに潜む魚をアルミんが引っぱり出してくれるかもしれませんよ!

2019/12/09

【2019年12月現在】ブログを閲覧して下さる方へ

読者の皆様へ

日頃から『イシ―のフィッシング日記』を閲覧して頂きありがとうございます。
SNSで「ブログ読んでます。」等のコメントを貰えるととても嬉しく思います。
読者様がいるからこそ、このブログが成り立っているという事を肝に銘じて日々更新していきますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します!
ただ、アンチの方に関してはそれなりの返信しかしませんし、もしボーダーラインを超えたコメントをした場合についてはそれなりの対処をさせていただきます。
くれぐれも気をつけてコメントしてくださる様お願い致します。

イシ―について

イシ―という名前でこのブログを展開させてもらってますが、読者の方々に『イシ―』とはどんな人物なのかを少し説明させて頂きます。
この男の子?というかオッサンが『イシ―』です。(笑)
  • 生年月日:19XX年09月13日
  • 血液型:O型
  • 身長:169cm
  • 体重:XXkg
  • 出身地:栃木県某所
  • 職業:仕事をしていますが、休日に釣りに行きつつブログを書いています。
  • 趣味:もちろん釣りが好きで、子供の頃からずっと釣りを続けています。
  • 釣りジャンル:ルアーフィッシングが主体で、その中でもバスフィッシングがメインです。エリアフィッシングや渓流釣りもやります。これから別のジャンルに挑戦する事も考えてます。
簡単ではございますが、以上が『イシ―』という人物です。

イシ―のフィッシング日記SNS

このブログを閲覧するにあたって、同時にSNS等も更新しています。
また、YouTube、LINE@もやっております。
  • 『イシーのフィッシング日記』Facebookページ
https://www.facebook.com/ishi.2018.05.11/
  • 『イシー』Twitter
https://twitter.com/ishi_18_05_11
  • 『イシー』Instagram
https://www.instagram.com/ishi_18_05_11/?hl=ja
  • 『イシーのフィッシング日記』YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCYg4Z8CSVQWVSPIGQJVLywQ?view_as=subscriber
  • 『イシーのフィッシング日記』LINE@
@yok9054s
いいねやフォローをして頂けるとブログの更新情報や写真、動画等を閲覧する事が可能です。
また、TwitterやInstagramをフォローしてくださればフォローを返させて頂きます。
LINE@に関しては友達追加していただくことで、ブログの更新情報やイシーと1:1でトークする事が可能です。
また、LINE@で更新情報を毎日送信したいのですが、ありがたい事に登録者が多数いる為、送信できるメッセージ数に限りが発生しています。
ですので、イシーの判断で是非読んで欲しい記事を厳選して更新情報をお知らせしていきたいと思います。
何卒ご了承下さい。

実釣記事について

実際に釣りに出掛けた時の記事には下記スコーピオンロゴがサムネイルとして表示されるように設定しています。
釣行での出来事や釣果を記事にしていますので、是非ご覧になって下さい。
また新製品の情報等を【速報】としてアップする事もございます。

最後に

『イシ―のフィッシング日記』のURLは下記になります。
これからも皆さんが楽しんで頂けるブログ記事を書いていこうと思いますので是非宜しくお願い致します!
補足ですが、プレゼント企画等も考えているので是非チェックして下さいね!

2019/12/08

ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD実釣インプレッション

S66SUL-2・S66UL-2/F

イシーが所持しているワールドシャウラ テクニカルエディションが、S66SUL-2、S66UL-2/F、S66L-2/MDの3本となりました。
今回は『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』を実釣で使用した為、インプレッション記事を書いていこうと思います。
『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』ではなく、S66SUL-2やS66UL-2/Fが気になっている方は『ワールドシャウラ テクニカルエディション実釣インプレッション』という記事を既に書いているので、そちらをご覧下さい。


S66L-2/MDのスペック

では本題の『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』について書いていきたいと思います。
『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』はロッドの自重が93gです。S66SUL-2、S66UL-2/Fはどちらとも90gなので、たった3gだけ重い事になります。
ロッド自体の重さはS66SUL-2、S66UL-2/F と特に変わらないと考えて良いです。
その他、グリップの長さやガイドの位置等は全てS66SUL-2、S66UL-2/F と一緒です。
バッド部からティップ部のガイドまで、ガイドリングにTORZITEリングが採用されています。
キャスト時のライン抵抗が少なく、飛距離に貢献してくれます。
ガイドフレーム素材はチタン、バッド部がATガイドでその他はKガイド?だと思います。
それによりラインが絡むのも極力少なくなっています。
飛距離が出てトラブルが少ないガイドシステムですね。

Lという硬さとテーパー

通常、エリアフィッングではXUL〜SUL〜ULまでが使用範囲という感じでしたが、『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』はULの上を行くLという硬さです。
ハッキリ言いますが、『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』の購入を検討している方は使用する用途をハッキリさせてから購入する事をお勧めします。
使用して思った事として、エリアフィッシングでLは硬すぎます…。
特にスプーンをメインで釣りをする方は5g〜6g未満のルアーという狭い範囲での使用と考えた方が良いでしょう。
扱えてせいぜい4gまででしょうか。
もっと軽いスプーンも使えなくはないですが、ロッドブランクスがシャッキリしている為ロッドの反発を利用してキャストする事が難しいです。
キャストさえ出来てしまえば扱えるという印象でした。
また、ポンドに放流されている魚のアベレージも考えた方が良いですね。
40cm以上、50cm以上の魚だけしか放流されていないという管理釣り場(例えば栃木県の408Club等)であれば『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』が重宝するでしょう。
しかし、40cm、50cm、それ以上の魚もいるけど、小さい魚も混泳している様な釣り場ではS66SUL-2もしくはS66UL-2/Fの方が良いと思います。
ただ、ミノーイングをメインでやるという方にとっては、アクションも付けやすくて最高のロッドだと思います。

ラインは4lbクラス以上

『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』を使用する場合、4lb以下のラインを使用するというのはちょっと勿体ないです…。
出来れば4lb、5lb、6lb位までが良いかなと。
イシーは5lbをメインで使用しています。
そうなると、やはりリールの事も考えなくてはなりません。
今まではナイロンライン4lbを100m巻けるC2000Sという番手がメインでしたが、『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』に合わせるのであればC2500Sという番手が良いと思います。
イシーはステラC2500SXGを使用しています。
ナイロンライン5lbを使用するとなると、C2000Sという番手ではラインキャパが足りないという事です。
C2500Sという番手であればナイロンライン5lbが110m巻けます。
つまり、タックルバランスが重要なんです。

お勧めはSUL-2・UL-2/F

今回は『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』のインプレッション記事でしたが、普通のエリアフィッシングをやろうと考えているならば、SUL-2という硬さがベストです。
更に大物を狙うというのであればUL-2/Fかなと。
『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』は本当に特殊なケースで、大物しか放流していない管理釣り場や、ミノーイングをやる方にはお勧めです。
シビアな管理釣り場の場合、あまりにも硬すぎるロッドを使用しているとルアーが弾かれて上手くフッキングしない事が多いです…。
まずはSUL-2、UL-2/Fを所持している事を前提に、『ワールドシャウラ テクニカルエディションS66L-2/MD』の購入を検討した方が良いと思います。

人気の投稿(過去30日間)