Translate

2020/01/18

劇的進化の20ツインパワー!

20ツインパワー登場!

2020年、シマノの新製品『20ツインパワー』が発表されました。
コアソリッドシリーズではステラに次ぐリールのツインパワー。
いきなり見た目から入ってしまいますが、イシーはこのリールを見て凄くカッコイイと思いました。
スプールがステラSWみたいな感じで、いかにも強そうなイメージです。

20ツインパワーは何が変わった?

『15ツインパワー』から『20ツインパワー』となり、実際に何が変わったのでしょう?
写真左側が『15ツインパワー』、写真右側が『20ツインパワー』です。
もう見た目が全然違いますよね!
この『20ツインパワー』をシマノのホームページやカタログで見ただけでも欲しくなっちゃう位ですもん。(笑)
それでは本題の『15ツインパワー』から『20ツインパワー』になり、何が変わったのか?
下記表をご覧下さい。
『20ツインパワー』には大分盛り込まれている感じです。
まずはローター。
樹脂ローターから金属ローターへ。
樹脂のローターから金属ローターになり、より強いローターへと変わりました。
そして、ボディ。
HAGANEボディとなってますが、シマノは何でもHAGANEボディと謳ってます…。
『20ツインパワー』は軽量化の為にも、CI4+素材とアルミ素材のハイブリッドボディとなっている様です。
次は、リールの巻き心地を左右するギアとボディの基本構造です。
当然マイクロモジューギアⅡに。
サイレントドライブ。
やはりこの辺はコアソリッドシリーズではステラに次ぐリールとして当然のごとくです。
そして、ギアは。
これもシマノの謳っているHAGANEギア。
HAGANEギアでもワンランク上のギアを採用する事で、ギア強度を確保しています。
防水機能も万全です。
コアプロテクトからXプロテクトになりました。
最後にスプールです。
今まではステラにしか許されていなかったノーズが長いスプール。
『19ヴァンキッシュ』、『19ストラディック』にも採用されたロングストロークスプールが『20ツインパワー』にも採用されています。

劇的進化

ざっくりとブログ記事を書きましたが、『15ツインパワー』から『20ツインパワー』になり、劇的に進化したと言えるでしょう。
リール重量に関しても『18ステラ2500S』が205gに対して、『20ツインパワー2500S』が210gと、わずか5gしか差がありません。
今までのツインパワーでは考えられない程の重量です。
ただ、間違ってほしくないのは、あくまでツインパワーはツインパワーであるという事。
『18ステラ2500S』が81,900円なのに対し、『20ツインパワー2500S』は44,000円。
この値段の差で見れば分かる通り圧倒的にステラが上です。
当然内臓されているベアリング数もツインパワーの方が少ないですし。
いくら劇的に進化したとは言え、やはりステラと同等の様に考えてしまってはいけませんよ!
でも、良いリールだというのは間違い無いと思うので、早く釣具屋さん等で触ってみたいですね!

2 件のコメント:

  1. お疲れ様です✨
    昨年ヴァンキ2機購入しましたが、軽さ巻き感最高っすが、やはりステラと比べられたりしたが氏の言う通り比べるモンやないすよね。自分もツインパ触ってみたいす✨

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!(о´∀`о)
      自分は18ステラと19ヴァンキッシュ両方所持しているのですが、コアソリッドシリーズとクイックレスポンスシリーズで全く別物なんですよね〜!
      でも18ステラのフィーリングが最高に気持ち良いです!(笑)\(//∇//)\
      20ツインパワー触ってみたいですよね〜!♪( ´▽`)

      削除

人気の投稿(過去30日間)