Translate

2020/01/23

今購入しても遅くはないアンタレスDC MD XG

まだまだ大人気!

どうも。
最近全然釣りに行っていないイシーです。
ほぼ毎日更新しているこのブログですが、いつも何を書こうかな〜と考える日々です。
釣りに行っていれば釣行記事が書けるんですけどね…。
さて、今回は超大人気のベイトリール、『アンタレスDC MD XG』についてダラダラと書いていこうと思います。
おそらく、ここ最近では一番売れていると言っても過言ではないベイトリール。
それが『アンタレスDC MD XG』です。
2018年に発売されてから、現在でも売れている様です。
それはネットの通販サイトを見ていれば分かります。
殆ど売り切れの状態ですから。

アンタレスDC MD XGの魅力とは?

何故、『アンタレスDC MD XG』がここまで人気なのか?
それは、シマノのフラッグシップリールであるという事。
「アンタレス」と名の付いたブランド力。
村田基氏の影響。
ワールドシャウラと組み合わせた時の高揚感。
等でしょうか。
イシーも『アンタレスDC MD XG』を3台所有しています。
その位良いリールと言えます。
まず『アンタレスDC MD XG』のスペックをご覧下さい。
ギア比が7.8で、最大巻上長がハンドル1回転あたり93cmという超ハイスピードモデル。
これはステラで言うとC3000XGとほぼ同等の巻上長となってます。
ハイギア好きにはもってこいのリールです。
更に、リールの性格を決めると言っても過言ではないスプール径が38mmと大きいです。
スプール径が大きいという事は、どちらかと言うと大きなルアーをキャストするのに適してます。
ただ、『アンタレスDC MD XG』のブレーキシステムはDC(デジタルコントロール)ブレーキです。
DC(デジタルコントロール)ブレーキの効果で比較的軽めのルアーでもキャスト出来てしまいます。
『アンタレスDC MD XG』に搭載されているDC(デジタルコントロール)ブレーキは4×8DC MD TUNEです。
このブレーキシステムが、かなり素晴らしい物となっています。
内部ダイアルがF(フロロ)、NM(ナイロン)、P(PE)、XBモードと4種類のモードがありますが、イシーが『アンタレスDC MD XG』を使用する場合、殆どXBモードで使用しています。
XBモードにしておけば、後は8段階の外部のダイアル調整だけで殆どのルアーに対応出来るんです。
それが空気抵抗を受けやすいルアーでも、空気抵抗の少ないルアーでも。
『アンタレスDC MD XG』はこのブレーキシステムが相当魅力的なリールです。
後は、MD(モンスタードライブ)と名が付く通り、大きい魚をターゲットに出来るリールです。
最大ドラグ力は6kg、ラインキャパもナイロン20lbが100mしっかり巻けます。
ちなみに、2016年に発売された『アンタレスDC』はMGL(マグナムライト)スプールを搭載しています。
『アンタレスDC MD XG』はあえてMGL(マグナムライト)スプールではなく、超々ジュラルミン製のS3Dスプール、いわゆる普通のスプールです。
村田基氏いわく、『アンタレスDC MD XG』にMGL(マグナムライト)スプールは必要無いとおっしゃっていました。
という事は、より大物向きに耐久性を重視したという所でしょうか。
MGL(マグナムライト)スプールを搭載していなくとも、十分な飛距離が出ますしね。

今から購入もあり!

『アンタレスDC MD XG』は見た目も当然カッコイイです!
釣具屋さん等で見ても分からないのですが、外で紫外線を浴びるとラメが光ってギラギラしています。
これは実際に購入した人にしか分からないんです…。
また、2018年に発売されたリールを今から買うと、来年には新しいモデルが出てしまうのではないかと心配になる方もいるでしょう。
でも心配無用です!
村田基氏も当分『アンタレスDC MD』は新しくならないとおっしゃっておりました。
それ位需要のあるリールなんです。
ですから、気になっていた方は今から購入対象にしても良いと思います。
本当に素晴らしいリールですから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)