Translate

2020/02/23

19アンタレスと20メタニウムのスプールを交換

お詫びと訂正

このブログ記事は誤りです。
『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールは、軸の長さが違う為互換性が無い事が判明致しました。
期待してこのブログ記事に来て頂いた方、大変申し訳ありません…。

シマノの新製品情報発表から

2020年1月14日にシマノの新製品情報が発表されてから約1ヶ月ちょっとが経過しました。
今年はどんな新製品を購入するかお決まりでしょうか?
もしかしたら「今年は新製品で欲しい物が無い!」という方もいらっしゃるかと思います。
イシーも正直欲しい物があまり無いです…。
という事は、現状ある物の事を考えたりします。
今回は2019年に発売された『アンタレス』についてです。
アンタレスと言えばシマノのフラッグシップリールです。
イシーも所持していますが、キャストフィールがとても気持ち良いリールです。

19アンタレスと20メタニウムの共通点

『19アンタレス』にはご存知の通りMGL(マグナムライト)スプールⅢが搭載されています。
このスプールの採用により、低慣性で気持ちの良い飛び感を実現しています。
そして、今年2020年に発売となる『20メタニウム』も同様にMGL(マグナムライト)スプールⅢが採用されています。
『19アンタレス』と『20メタニウム』、どちらもMGL(マグナムライト)スプールⅢが搭載されていて、その他にも共通点があります。
それはスプールの径と幅です。
『19アンタレス』と『20メタニウム』、どちらのスプール径も34mm。
そして、スプールの幅も19mmと同一なんです。
何が言いたいのかというと、『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールを取り替えて使用する事が出来るという事です。
ですが、『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールを取り替えたとしても、全く無意味です…。
何故なら、どちらのスプールもナイロン糸巻量が12lb-100mだから…。
ただ、スプール交換が無意味にならない方法があります。

夢屋20メタニウムシャロースプール

2020年5月に『20メタニウム』用シャロースプールがシマノの夢屋から発売されます。
それがこちらです。
このスプールはナイロン糸巻量が8lb-100mです。
これを『20メタニウム』に載せる事は勿論可能ですけど、そうではなく『19アンタレス』に載せる事も可能だろうと。
これをする事により、ナイロン糸巻量8lb-100mというラインキャパシティの『19アンタレス』へとなるんです。
ただ、一つ嫌な部分が…。
下記写真をご覧下さい。
夢屋から発売される『20メタニウム』用シャロースプールなので「Metanium」の文字が…。
これ、『19アンタレス』と『20メタニウム』共用のスプールと出来なかったのかシマノさん…。
というか、ここまで書いてなんですが、イシーはシャロースプールには全く興味がありません…。

深溝スプールも存在

ちなみに海外版の『20メタニウム』はナイロン糸巻量16-100mの深溝スプールが採用されている様です。
下記写真が海外版『20メタニウム』になります。
『19アンタレス』も『20メタニウム』もそうですが、イシー的にはこのナイロン糸巻量16lb-100mというスプールを標準で搭載して日本で発売してほしかったかな…。
という事で、『20メタニウム』は勿論。
現状の『19アンタレス』では満足出来ていないという方はスプールを見直すのも有りなのではないでしょうか。
ただ、深溝スプールに交換を考えてらっしゃる方は大分コストが掛かりそうですが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)