Translate

2020/03/10

役者は揃った!あのルアーのここが嫌だった…

欲しかったカラーが購入出来た!

以前のブログ記事『これは絶対に必要!?と思っているルアーが届いた!』でも書きましたがDUOのレアリスジャークベイト100DRについてです。
以前にも書きましたが、1色だけ欲しいカラーが買えなかったとお伝えしました。
ですが。
ちゃんと購入する事が出来ました!
バーニングシャッドというカラーです。
最近では春に赤いルアーが効くというのが有名です。
そこまで釣れるかというと良く分からないですけど…。(笑)

役者は揃った!

これでレアリスジャークベイト100DRの欲しかったカラーが全て揃いました。
上から。
  • 湖北ナチュラルギル
  • ブロンズギル
  • LG若アユ
  • セクシーモロコ
  • LGクラウン
  • バーニングシャッド
以上、全6色です。
そんなに必要か?と思われる方もいるかもしれませんね。
確かにいきなり6色全部使うという事は無いかと思います。
ただ、このルアーをずっと使い続ける気持ちでいるので、この位買っておいて損は無いかと。

スプリットリングは外す

イシーは最初から付いているスプリットリングは外します。
何故ならスナップを使用するからです。
新しいルアーを購入したらほぼスプリットリングは外してしまいます。
スナップを使用した方が色々とメリットがあると思っているので。
それにしても、このブロンズギルというカラー良いな〜。w
あっ!
そこはどうでも良いか…。(笑)

昔のルアーとの比較

最近ではジャークベイトやロングビルミノーと呼ばれるルアーが多々ありますが、昔はダイビングミノーなんて呼ばれたりしていました。
下記写真をご覧下さい。
写真上部が先程からご紹介しているレアリスジャークベイト100DRです。
写真下部は1999年位に発売された、シマノのライブダイバー(DM-100NSP)というルアーです。
懐かしいですよね〜。(笑)
知っている人は知っているはず。
ライブダイバー(DM-100NSP)は大きさが9.8cm、ウエイトが13gのルアーです。
対して、DUOのレアリスジャークベイト100DRは大きさが10cm、ウエイトが15.6gです。
大きさはほぼ変わらないですが、このウエイト差はかなり大きいと思ってます。
ウエイトがあった方がキャストし易いですからね。
補足ですが、シマノのライブダイバーには(DM-80NSP)、大きさが8cmでウエイトが7gというタイプもあります。
ですが、イシー的にはウエイトが軽すぎです…。

このリップが嫌だった…

シマノのライブダイバー(DM-100NSP)、凄く良いルアーではあるのですが、イシー的にはNGです…。
それはリップのせい。
写真上部がDUOのレアリスジャークベイト100DR。
写真下部がシマノのライブダイバー(DM-100NSP)。
リップの長さや形状が違うのが分かると思います。
イシー的にはこれらのルアーが何m潜るというのを気にするのは二の次です。
こういうタイプのルアーはボトムに到達出来れば良いとさえ思ってます。
そんな事より、シマノのライブダイバー(DM-100NSP)のリップに付いているアイ部分です。
リップが窪んでいて、スナップが通りにくい…。
かと言って、スプリットリングを付けたまま、そこにスナップをつけるというのはどうもスマートじゃない…。
たったそれだけの理由で敬遠していたルアーがライブダイバー(DM-100NSP)なんです…。

ロングビルミノーのここが重要!

ロングビルミノー(ダイビングミノー)に求めているのは当然スナップが使えて、如何にボトムノック出来るかです。
ボトムに到達せずにリトリーブしていても釣れるんでしょうけど、やっぱりクランクベイトでもボトムに当てて使う事が多いです。
DUOのレアリスジャークベイト100DRはスナップも通るし、最大3mまで潜ります。
3m潜るからどうこうより、如何にボトムに到達出来るかです。
フィールドによっても様々でしょうけど、浅い所でこういったルアーをボトムノックさせて使う事が多いんです。
ただ、あまり難しく考えすぎず、ひたすら投げて巻けば釣れますよ!
多分…。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)