Translate

2020/03/17

春に誘われて

久しぶりの釣行

今回は釣行記事です。
久しぶりにバスフィッシングに出掛けました。
前日は寒波で雪も散らついていました。
釣行当日も最高気温8℃。
でも釣りがしたい!という気持ちが強く、一か八かでバスを狙います。
使用したタックルはこちら。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb
今回はこのタックル1セットのみです。
基本的には巻く釣りをメインに、たまに撃ち物もやろうという魂胆です。

シャロー狙い

今回は野池です。
寒くても動ける個体はシャローに上がってくると信じて釣りを始めます。
巻き物はほぼジャークベイト。
ひたすら投げて、ゆっくりとしたストレートリトリーブや、ジャーク&ポーズと色々なバリエーションで誘っていきます。
ちなみに今回使用したジャークベイトなんですが、使ってみて思った事を別記事で書こうと思ってます。
ひたすらキャストを繰り返していると、鯉がシャローに上がってきました。
という事はバスも上がってくるはず。
案の定バスがシャローに上がってきているのを見かけました。
これはいけるかも!
撃ち物として用意していたフットボールジグも試します。
すると、フットボールジグを撃ち込んですぐにルアーを追いかけるバスが。
いたんですけど、口は使わず…。
3度程バスを見かけたのですが、バイトまでは至らなかったです…。
う〜ん…。
同じ場所でバスを待ち構えるスタイルを長い事やっていましたが、結局野池を移動する事にしました。

春は来ている?

別の野池に移動してみましたが、バスからの反応は全くありません…。
ただ、ひたすらジャークベイトを根気良く投げ続けます。
ふきのとうが生えていました。
こういうのを見るともう春なんじゃないかと思いますが、最高気温8℃ですからね…。
三寒四温を繰り返して本格的に温かくなるんだろうな〜。
春はもう少しだけ先な感じです。

最後に

という事で、今回はボウズ記事です。(笑)
本当に申し訳ない…。
でも、釣れている時だけ記事にしていても駄目かなと思っているんです。
何故なら、『イシーのフィッシング日記』というブログですから。
日記の様に嘘偽りなく記事を書くのがモットーです。w
なので、ボウズでもしっかり記事を書きます!
当たり前ですけど、本当は魚を登場させたいですよ…。
でも釣りですから。
釣れる時もあれば、釣れない時も当然あります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)