Translate

2020/06/17

ジグヘッドについて考える

ジグヘッドは何をお使いですか?

皆さんは通常のジグヘッド(ワッキー掛け用ジグヘッドではない)は何をお使いでしょうか?
イシーはこれを使用しています。
大分年季が入ったパッケージですが、ウォーターランドのジグヘッドです。
上から、2.8g、3.8g、5.8gとなってます。
ノーガードタイプとガード付きタイプがあるのですが、残念ながらこのジグヘッドはもう販売されていません。
ずっとこのジグヘッドを愛用していたわけですが、購入出来ないとなると別のジグヘッドの購入を考えるわけです。

オーナーばりの総合カタログ

イシーは基本的にオーナーばり、カルティバのフックを使用します。
という事でオーナーばりの総合カタログを引っ張り出して、目ぼしい物を探します。
オーナーばりの総合カタログは実寸サイズでフックが掲載されているので、フックサイズがどの位かを知るのに便利です。
総合カタログに掲載されているフックのサイズは#1/0。
ウォーターランドのジグヘッドは#2/0程でしょうか。

無難なジグヘッド

まあ、#1/0も#2/0もそこまで大差無い!と自分に言い聞かせる(笑)
という事でこれが無難なのかな〜と。
オーナーばり、カルティバの『ラウンドヘッド』です。
ウエイトバリエーションが1/16oz、1/8oz、3/16oz、1/4oz、3/8oz。
1/16oz、1/8oz、3/16ozがフックサイズ#1、1/4oz、3/8ozgがフックサイズ#1/0。
ウォーターランドのジグヘッドの場合、ウエイトは関係なくフックサイズが同一です。
やはり、ウエイトによってフックサイズが変わった方が良い?
う〜ん。
使用する人によって様々だろうな…。
1/16oz〜3/8oz全てが5本入って¥350と、値段もリーズナブル。
という事で、この『ラウンドヘッド』が一番無難かな〜。

最後に

今回のブログ記事は正直どうでも良いような記事ですね。(笑)
でも!
たかがジグヘッド、されどジグヘッドですよ!
何せフックは魚を掛ける重要な物ですから。
フックを疎かにしていると、釣れているはずの魚も釣れなかったりしますからね。
この機会に皆さんが使用しているフックも見直してみては如何でしょうか?

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)