Translate

2020/06/19

実績のあるレアリスルアーランキング

DUOの魅力

皆さん、DUOしてますか?(笑)
イシーはDUODUOしてますよ!(意味不明)
釣具屋さんに行くと大抵置いてあるルアーのメーカーって決まってたりしますよね。
DUOのルアーに関しても大抵のお店で見かけるのではないでしょうか。
そんなDUOのルアーなんですが、バスフィッシング用のルアーはレアリスというブランドで展開されています。
レアリスのルアーは、お値段がDUO価格(リーズナブル)。
そして、優秀なルアーが豊富。
更にデザインもGood!
イシーのタックルBOXが多くのレアリスルアーに侵食?されています。(笑)
その位好きなルアーブランドなんですが、その中でもイシーの中で実績があるレアリスルアーBest.5をお伝えしようかと思います。
Best.5に選んだルアーに関しては、ただ釣れるだけではなく、ある程度大きなバスにも実績があるルアー達です。

Best.5 レアリスペンシル85

Best.5はこちら。
『レアリスペンシル85』です。
『レアリスペンシル85』はボディーサイズが85mm、ウエイトが9.7g。
重心移動システムを搭載したペンシルベイトです。
至って普通のペンシルベイトの様ですが、『レアリスペンシル85』は重心移動システムを搭載している為遠投が可能で、比較的広いエリアからバスを探す事は勿論、小場所で食わせのトップウォータープラグとしても活躍してくれます。
この『レアリスペンシル85』はドッグウォークアクションが比較的容易でキレが良く、ゆっくり動かす事も早く動かす事も可能です。

Best.4 レアリスポッパー64

Best.4はこちら。
『レアリスポッパー64』です。
『レアリスポッパー64』はボディーサイズが64mm、ウエイトが9.0gのポッパーです。
Best.4にはこの『レアリスポッパー64』か『レアリスペンシル85』かで迷ったのですが、デカいバスに実績があるのは『レアリスポッパー64』だと思い、Best.4にしました。
イシーは初めてこのポッパーを使った時正直ガッカリしてしまいました。
何故なら「ポッパーはデカいポップ音とスプラッシュで誘うのがポッパーだろう!」と思っていたからです。
ですが、『レアリスポッパー64』はポップ音とスプラッシュは比較的控えめ。
更にポッパーなのにドッグウォークする。
でもそれが良かったんです。
ドッグウォークでバスを寄せて、ポップ音とスプラッシュでバスに口を使わせる。
それにより、『レアリスペンシル85』より『レアリスポッパー64』の方がデカいバスを釣り易いと感じる様になりました。

Best.3 レアリスバズベイト

Best.3はこちら。
『レアリスバズベイト』です。
『レアリスバズベイト』は3/8oz(10.5g)と1/2oz(14g)がありますが、イシーは1/2oz(14g)の方しか使いません。
まあ、バズベイトですから当然デカいバスが釣れる可能性が高くなります。
この『レアリスバズベイト』はとにかく遠投に特化した後方重心設計が魅力です。
また、フッキングが決まりずらいというバズベイトの弱点を独自のワイヤー角度で見事にクリアしています。
パッケージを開けてそのまま使用すると大抵左に傾いてしまいますので、アームを曲げて調整した方が良いでしょう。
イシーは更にヘッド側(ボディ側)の比重が重くなる様、トレーラーのワームをセットします。
これによりバスへのアピール力が増すばかりか、安定してリトリーブする事が可能になります。

Best.2 レアリスジャークベイト100F

Best.2はこちら。
『レアリスジャークベイト100F』です。
『レアリスジャークベイト100F』はボディーサイズが100mm、ウエイトが13.7gのジャークベイトです。
レアリスジャークベイトシリーズには沢山の種類がありますが、この『レアリスジャークベイト100F』が一番実績が高いです。
ジャークベイトと名が付いていますが、殆どジャークさせる事は無く、ただただストレートリトリーブするだけで十分釣れます。
『レアリスジャークベイト100F』は他のレアリスジャークベイトシリーズよりもロールが強めなイメージですので、早く巻くか遅く巻くかだけを考えていれば自ずと釣果に結びつきます。
どんなルアーを使ったら良いか迷った時にとりあえず使用してみるのも有りなジャークベイトです。

Best.1 レアリスクランク M65 11A

見事Best.1となったルアーはこちら。
『レアリスクランク M65 11A』です。
『レアリスクランク M65 11A』はボディーサイズが65mm、ウエイトが16gのクランクベイトです。
レアリスクランクのM LINEシリーズには5A、8A、11Aとあります。
その中でも一番リップが長くて深く潜る『レアリスクランク M65 11A』をイシーは使う事が多いです。
何故なら、ボトムノックする事でバスの反応が劇的に変わるからです。
ボトムの地形にもよりますが、土煙を上げられれば最高な状態となります。
なので、浅い場所であろうが、深い場所であろうが『レアリスクランク M65 11A』を使う事で容易にボトムへコンタクトさせられます。
また、バスの反応によってはロッドティップを若干上に上げて『レアリスクランク M65 11A』のリップがボトムに付かない状態を維持して速巻きする事でも口を使わせる事が可能です。
ポイントによってレンジコントロールする事が大事です。
『レアリスクランク M65 11A』は一年を通して最も釣れるルアーだと思いBest.1に選びました。
沈んでいるストラクチャーによっては当然5Aと8Aも使い分けます。

最後に

如何でしたでしょうか?
一応イシーなりにBest.5を選んでみましたが、DUOのルアーには他にも優秀なルアーが沢山あります。
もうほぼほぼ現在販売されているルアーバリエーションで大抵のシチュエーションをカバー出来ると思います。
後はあのルアーとあのルアーが出ると思いますが…。(笑)
というか、一番DUOに発売してほしいのはスピナーベイトなんです。
一応DUOのルアーにスピナーベイトもありましたが、あくまで過去の話であって現在のラインナップには有りませんし、ちょっと自分好みではなかった…。
だからスピナーベイトが発売されれば、もう言う事無し!って感じです。
あっ!
後、ラバージグも出してほしいかな〜。w
って、言い出したらキリがないですね。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)